株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日経平均連騰後も相場転換の可能性!
6日連騰の日経平均も一服。
さてテクニカル分析の暗示するものは?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたの株は「塩漬け」になっていませんか?
株式投資で短期に大きく儲けるための要件は時間と上昇率です。
初心者の方でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。
最短期間で投資を繰り返し、連勝で資産を増やましょう!
充実の完全フォローでご安心ください。
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


6日連騰の日経平均も昨日は一服という感じでしたが、そのまま一服と思っていて良いのでしょうか? 昨日のザラバ中に多くの銘柄が「陰転」していくのを見ていましたが、私の友人からも、私と同じような危惧を抱いている内容のメールが届きました。

「本日(1日)後場、逆転換を起こす可能性も否定できません。現時点ではまだ確定しておりませんが、16460円のマドを埋めると確定となります。」

という内容でした。
友人の分析は、日経平均ベースで引いた「罫線」によるものです。
私の分析では、既に多くの銘柄が「陰転」してきています。
     ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

ここからは、上げれば上げるほど調整局面が顕著になります。当然、下げれば確定です。つまり、強気で買うスタンスからネガティブ(買い弱気又は控える)なスタンスにシフトすることが賢明です。「ライブドア・ショック」のような株式市場を揺るがすような「バッド・サプライズ」が起きなければ、もちろん一本釣り銘柄を物色する動きや、出遅れ銘柄のつじつま合わせの動きはあるでしょう。しかし、比率からいえば下げる銘柄が多くなるので、スタンスはカラ売り対応がベストということになります。

このように相場が調整しそうな指数が現れてきますと、不思議と「悪材料」が出てくることがあります。本来はポジティブの相場では反応しない「悪材料」にも、調整局面では敏感に反応してしまうというのが事実なのですが・・・。

ここからは、注意深く投資することをお奨めします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

売り、買いの最適ポイントを判断できますか?
売買ポイントを適確につかむと短期の資産倍増も可能です。
初心者の方でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。
デイトレーダーの方々からも好評です。
充実の完全フォローで、ご安心ください。
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル 

いちかばちかでは勝てません!
デイトレで稼ぐには「戦略」が必要です。
デイトレで月収150万への道
    ▼▼▼▼▼
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
投資はロマンです!
あなたは株式投資で稼げていますか?
利益を出されている方は、その結果に満足ですか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたの株は「塩漬け」になっていませんか?
株式投資で短期に大きく儲けるための要件は時間と上昇率です。
初心者の方でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。
最短期間で投資を繰り返し、連勝で資産を増やましょう!
充実の完全フォローでご安心ください。
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


下記コメントは、無料レポートを請求された方が、レポート請求フォームの通信欄に書かれたコメントの一部です。

  ------◆◇------◆◇------◆◇------◆◇------

「初めて1年たっておりません。当然のように赤字です・・・」

「株で損ばかりしております。株投資の才能がないと痛感しています。」

「株初心者、勉強中です。何から勉強すればいいのか教えてください。」

「ネット株を始めて、まだ1ヶ月です。出来高、値上げ率、値下げ率などを参考にして
○銘柄所有していますが思惑どうりにはなりません。」

「現在○○を10株○○○○を300株持っています。しかし、なかなか稼げていないのが現状です。」

「平均株価はどんどん上がっているというのに全然稼げません。」

「折角のこのチャンスに満足する利益も上がらず、ヘコンデいます。何とかこの現状を打破したいんですが。。。」


  ------◆◇------◆◇------◆◇------◆◇------

多くの方が、なかなか利益を上げられず苦労していらっしゃるようです。あなたは現在稼げていますか? 稼いでいる方は、現状の株価上昇率に見合った利益を確保できていますか? 稼げる投資家になるためには、理にかなった投資スタイルを身につけなければなりません。

昨年からの株価上昇トレンドにより、日本の株式投資人口は増加しました。短期のうちに資産を増殖させ、億の利益を手にされた方も多数現れています。ブログ等に公開されている実績は、実際かなり信憑性の高い数字だと思われます。

にも関わらず、利益を得られない方は8割にも達していました。さすがに最近は、長期株価上昇の恩恵により、利益を得られている方は7割程度というのがブログ等を拝見しての実感です。

あなたは株式投資で稼げていますか?
利益を出されている場合、その結果には満足ですか?

どんなに株価上昇トレンドの中にあっても、稼げていない方はかなりの割合でいらっしゃいます。また、利益を出されている方でも、本来もっと大きな利益を手にできたず・・・という方が圧倒的に多いのです。しかも、ライブドア・ショックに代表される不測の事態により、東京市場が大きく混乱する場面は繰り返し起こるのです。そんな状況下で、あなたは勝ち続けることができますか? 最も大切なことは、「勝ち続けること」なのです。

大きく稼いでいる投資家と、稼げない投資家とでは、いったい何が異なるのでしょうか?それは、株価変動を読む適確なノウハウを身につけたか否か、それだけです。この当たり前のことができていない方が非常に多いのです。多くの株式長者も、初めは正攻法を知らず、常勝となるまでには影でかなりの資金と時間を費やしてきました。

現在は、そうした先達者たちの英知の基本を学ぶことができます。あなたはまだ、自己流の投資法を繰り返されるおつもりですか? それによって失われる時間と利益は、いったいどれほどになるのでしょう・・・?

このブログをご覧頂いたあなたには、投資に適したこの絶好の勝機をみすみす逃すことなく、大きく稼いでいただきたいのです。確かに、株式市場で100%の方法というものはありませんが、複数のテクニックを駆使することによって、失われる利益をがっちりと確保することは可能です。

あなたはまだ、自己流の投資法を繰り返されるおつもりですか? 
それにより失われる時間と利益はどれほどになるのでしょう・・・。
あなたは先達者たちの英知の基本を学ぶことができます。
    ▼▼▼▼▼
■ キッチリ実践すれば!【なかなか失敗できない】楽々投資家成功法! 超速マスターコース

早速稼げる投資家に変身し、稼ぎ始めましょう!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

売買の最適ポイントを知りたくありませんか?
初心者の方でも、売買の最適なタイミングが一目でわかります。
デイトレーダーの方々からも好評です。
充実の完全フォローで、ご安心ください。
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
今回のライブドア・ショックとは
キヘン@です。


今回のライブドアショックで売りが売りを呼ぶ相場展開が続いた
東京株式市場ですが、ライブドアだけがこの悪循環の原因だった
のでしょうか?

某証券会社はライブドアと関連会社の担保価値を「ゼロ」にして
投資家の投げを誘い、膨れ上がった約定に対応しきれなくなった
東証の売買停止など、その他にも色々な悪条件が重なった結果と
言えます。

昨年10月末からの株価の動きを見ていて、「個別銘柄」も
日経平均等の「全体指標」もスピード違反の感を否めません
でした。この様な時は必ずしっぺ返しがあるものです。
「山高ければ谷深し」「上げはまちまち下げ一緒」
まさに相場の格言が当てはまったかっこうです。

今回の下げは、ライブドアがきっかけになってはいますが、
具体的に原因を挙げますと、

(1)ライブドアの証券取引法違反容疑と粉飾決算疑惑
(2)インテルの決算が予想を下回ったこと
(3)原油が再び騰勢!1バーレル66ドル乗せ
(4)証券会社がライブドアと関連会社の担保価値を「ゼロ」
   にして 信用の投げを誘発
(5)膨れ上がった約定を処理できない東証システムのお粗末
(6)相場が過熱気味でいつ調整が入ってもおかしくなかった

特に6番が一番大きな原因で、ライブドアはたまたまきっかけ
になってしまったかっこうです。ここまで相場が上昇してくる
過程では、色々な事件がありました。
「橋梁談合」「コクドの違反」「マンション偽装」等々まだ
たくさんありますが、相場に過熱感がなく上昇トレンドに
乗っている時は、悪材料を「出尽くし」として織り込み、
更に上を取るのが相場です。

もし、昨年の早い時期に今回のライブドア事件が暴かれて
いたら、これほどの下げにはつながらなかったでしょう。
確かに、新興勢力の事件だけにインパクトは強いのですが。

ともあれ、ここは冷静に対処して良い時期を待ちましょう。
問題なく日本経済は上昇過程を辿っているのですから。

潤沢な資金を持っている外人投資家は、こんな時こそ喜んで安く
なった下値を拾っていることでしょう!

ここは、今後の上昇相場に備えて実力をつける時期と心得、株式
投資の勉強に目を向けて見ることも大切です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お待たせしました!
【ゼロから始める稼ぐ株式投資家養成講座】

先行予約で沢山の方からお申し込みをいただきましたが、
やっとのことで、完成いたしました。

株をこれからやってみたい!
なかなか成果が出ない!

こんな方にぜひ、受講していただきたい講座です。
稼げる投資家になりたいなら必見です。
      ▼ ▼ ▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

上方修正銘柄を狙え!「第3四半期業績発表」
第3四半期の業績発表をチャンスに変えましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


来週からいよいよ第3四半期の業績発表が本格的になります。
昨年「中間期決算」の発表後からの企業業績は一段と好転している模様です。上方修正の銘柄は更に株価水準をもう一段上げる絶好のタイミングとなってきました。

昨日の11月機械受注の発表は、2カ月連続で増加。機械受注が景気の先行指標だけに、多少鈍化しましたが相場は冷静に受け止めていたようです。

来週からの業績発表を先取りする動きも見られています。
加えて、12月の東京地区百貨店売上高は前年比2.1%増と、この冬の寒さがプラスに働いたようです。

この様な内容から、第3四半期の業績発表は、値幅取りのチャンスとなる筈です。
あなたは、このチャンスをただ見ているだけですか?
この週末は、業績発表のスケジュールをネット上で検索する日にあてると、来週から大儲けできるかも?

そこで、銘柄選択にあたって注意が必要なのは、もう上方修正が確定的で以前から買われている銘柄は避けることです。そのような銘柄は、業績発表後、材料出尽くしで下げることが多いからです。

誰もがマークしていないサプライズのある銘柄を「注目銘柄」にしておきましょう。
あとは、「戦略的」なデイトレで利益の最大化が可能です。
  ▼ ▼ ▼
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

発表後、買われ始めた瞬間に上手く乗れば、特にデイトレの方は楽にとれます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 株式投資に関する無料レポート配布中 】
  ▼ ▼ ▼
■ 株式投資【虎の巻】
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
投資の定石!長期は●●●●短期は●●
短期、長期投資の銘柄選びのポイントを押さえていますか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
これから株式投資を始める方、投資の基本を再確認したい中・上級者の方に最適の株式投資・インターネットスクールです。

講座内容のボリュームがあまりにも多いため、ステップを踏んで受講していただきます。お申し込みをいただいた日から、3日間に分けてメールでお届けします。
    ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座

 《ただ今、受講料 3,000円》

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


昨日の東京株式市場は一昨日と反対に指数好転。
中身なしの内容でした。
内容をみてみましょう。

TOPIX  1672.44(+ 13.41)△0.81%
日経平均  16363.59(+239.24)△1.48%
売買高概算  24億0107万株 
売買代金概算  3兆2818億円
値上り銘柄数  867  
値下り銘柄数  713

日経平均が239円以上も上昇しました。半導体製造装置受注高が7~9月期に比べ17%増加と報じられたことを好感して、アドバンテスト等の日経225銘柄が値を飛ばした結果です。

ところで、株式投資の方法は投資の期間に応じて長期投資と短期投資に分けられます。

長期投資の場合は色々な目的で株式を保有します。例えば、年金資金や投資信託のように、資金を回転売買する必要がなく長期の資産増殖を狙うもの。配当や優待狙いなどの、キャピタルゲイン(株式売買益)が目的ではない投資。その他、M&Aなどの株集め、バリュー株投資などがあります。

狙いはどうあれ、保有銘柄の企業業績は重要で、業績不振銘柄は避けたいもの。そこで長期投資に重要なのは、企業の「ファンダメンタルズ」です。なぜなら、長期の株価は、短期的な上下はあっても、企業のファンダメンタルズに比例するからです。好ファンダメンタルズの銘柄狙いが長期投資の定石です。

しかし、短期投資ではファンダメンタルズもよりむしろ需給(買い玉と売り玉の数)で株価が動きます。短期投資ではこの需給を最優先して分析し、投資します。

短期波動を利用して回転売買を繰り返しても面白いです。
研究してみてください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

短期投資スタイルの方にお勧めです。
    ▼ ▼ ▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

これから「稼ぐ投資家」を目指すなら、先ずは基礎から!
    ▼ ▼ ▼
■ 稼ぐ株式投資 最初の一歩


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。