株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原油高騰の影響をどう読むか?
原油先物が$71台にのせました。
これで投機マネーの動きはどうなるでしょうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご好評の「超短期投資分析表作成マニュアル」を使った「株価分析結果」を掲載中。注目銘柄をレポートします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。

予想通り、昨日の東京市場は前日の騰勢とニューヨーク市場の上昇を受けて、日経平均で170円ほど高く寄付き、一時220円以上高い場面もありましたが、結局押し戻されました。マイナスは免れましたが、今後に期待する向きには、後味の悪い引けでした。

内容の悪さは、値上がり銘柄数768銘柄、値下がり銘柄数805銘柄という事実が物語っています。それでも、日経平均は安値引けとはいえ117円高で引け、「テクニカル分析」では、陽転継続となっています。

前日、市場が大幅上昇した場合に、未だ日柄調整が完了していない銘柄は1日、2日もたついてから上昇トレンドに乗ってくるのが常です。しかし、もたつきが長引き、再度前の安値を割ってくる場合には最悪となりますので、個別の銘柄については慎重な吟味が必要です。
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

ところで、原油先物が$71台にのせました。

■原油高は株式市場にとってマイナス要因なのでしょうか?
■資金の流れから見ると、原油高で潤った「オイル・マネー」はどこへ行くのでしょう?
■省エネ技術の発達した日本には全くの逆風なのでしょうか?

原油の高騰は、サトウキビ等の植物燃料のエタノールや天然ガスなどの代替エネルギーの市場形成に役立つ筈です。
その他、燃料電池や水素エネルギーの技術の発展に寄与するものと考えればまんざら、日本市場にとって逆風とばかりはいえないことがお解かりいただけると思います。

そのあたりを見込んで、潤沢な投機マネーが日本市場にはいってくるかを注意深くみて行くことが株式市場で成功するか否かの分かれ目になりそうです。


クリックをお願いします。

FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご好評の株価分析シミュレーション結果はこちらです。

先行指標が「紺色のグラフ」、「黄色とピンクのグラフ」が一致指標、「紫とピンク色のグラフ」が遅行指標です。

東洋ゴム
原料高騰の影響で多少足踏み状態ですが、かつての「トラックタイヤ」専門から業態は様変わりしています。中期調整が完了し、株価は75日移動平均線を下回っているものの、短期の上昇トレンドの目安となる25日移動平均線を上回ってから目先の調整に入ってきました。上記の分析表にも顕著に短期の調整局面が現れていますが、今週後半にはGCが示現するものと思われます。その時、「ブルーのグラフ」が上昇トレンドを示せば、株価は上昇し「積極、買い」サインとなります。

この分析結果は超短期投資分析表作成マニュアルを使っています。「分析表」に日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり現れます。たとえ、株価が下落しても、分析指標が陽転すると、株価は上昇トレンドに入って行きます。

初心者の方でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。
充実の完全フォローでご安心ください。
     ▼▼▼▼▼
超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
長期金利上昇による投機資金の動きに要注意!
「量的緩和解除」以来、長期金利は2%をクリアーしそうな勢いです。日本の景気、株式市場への悪影響が懸念されます。
目下のところ投機資金の動向が気になります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎週月曜日はご好評の「超短期投資分析表作成マニュアル」を使った前週の「超短期投資分析シミュレーション」をご紹介します。注目銘柄の投資戦略レポートにご期待ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


「日銀の量的緩和解除」以来、長期金利の指標となる「長期国債利回り」が顕著な上昇を示しています。日銀が「量的緩和解除」を実施する前の長期金利は、1.60%から1.65%の間を推移していました。しかし、「量的緩和解除」から今日まで一貫して上がり続け、1.98%と2%をクリアーするのは時間の問題となってきました。

今後、この長期金利が上昇し続けて行くならば、日本の景気のみならず株式市場には大きなマイナス影響を与えることが心配されます。

ここでも、抜け目ない投機資金の動きには注意しなければなりません。長期金利から目を放さないように見ていきましょう。

毎週月曜日は、「超短期投資分析表作成マニュアル」を使った稼ぐ投資家の「投資シミュレーション」を掲載しています。


クリックをお願いします。

FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今週の投資シミュレーションはこちらです。

「紺色のグラフ」は先行指標、「黄色のグラフ」は一致指標、「ブルーのグラフ」はトレンド線、「ピンクのグラフ」は超先行指標を示します。
    ▼▼▼▼▼
(1)「PGGIH
最初の銘柄は「パシフィック・ゴルフグループ・インターナショナル・ホールディングス」(PGGIH)です。
グラフの推移をみて見ますと、先行指標が一致指標を上に突き抜けてGCとなっています。この時にトレンド線が上昇局面に入り、3本のグラフが同調して上昇すると積極買いのチャンスとなります。超先行指標が下降し始めていますが、もう一押し(1日か2日の押し)か、それともこのまま上昇トレンドに乗るか、いずれにせよ、トレンド線が上昇した場合は完全陽転となります。

(2)「東洋ゴム
原料高騰の影響で多少足踏み状態ですが、かつての「トラックタイヤ」専門から業態は様変わりしています。中期調整が完了し、株価は75日移動平均線を下回っているものの、短期の上昇トレンドの目安となる25日移動平均線を上回ってから目先の調整に入ってきました。上記の分析表にも顕著に短期の調整局面が現れていますが、今週後半にはGCが示現するものと思われます。その時、「ブルーのグラフ」が上昇トレンドを示せば、株価は上昇し「積極、買い」サインとなります。

この分析結果は超短期投資分析表作成マニュアルを使っています。「分析表」に日々のデータを入力すれば、絶好の「買いサイン」現れます。たとえ、株価が下落しても、分析指標が陽転すると、株価は上昇トレンドに入って行きます。

初心者の方でも、最適な売買タイミングが一目で分かります。
自慢の完全フォローでご安心ください。
     ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
東京市場を支える外人投資家パワー健在
外人投資家のパワーは健在。
外人投資家の動向チェックは投資の基本です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎週月曜日はご好評の「超短期投資分析表作成マニュアル」を使った前週の「超短期投資分析シミュレーション」をご紹介します。注目銘柄の投資戦略レポートにご期待ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


4月に入ってからも外人投資家の一手買いは止むことを知りません。先月も、外人投資家は9957億円の買い越しと、日経平均の押し上げに主役を演じていました。

当ブログで頻繁に取り上げている外人投資家パワーは健在であり、今後も東京市場の牽引役となることは疑う余地はありません。あなたも、せめて寄り付き前の外国証券の売買動向は常にチェックしておくことをお勧めいたします。

ところで、先週末のニューヨークは、雇用統計で失業率の低下が報じられ、金利の打ち止め感が薄らいだことから、大きく値を下げました。週明けの東京市場もこのところピッチが早かったことで、ニューヨークに同調する形で「ヒヤット」する場面も考えられますが、そこは慌てず冷静に対処しましょう。

さて、毎週月曜日は、分析グラフの公開をしております。

今回は、本ブログで4月4日、5日にお話しました「ネットワン」の分析グラフも掲載しています。興味のある方は、今後の動きをチェックしておきましょう。


クリックをお願いします。

FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今週の株価分析結果はこちらです。

(1)「イトーキ
先行指標が「紺色のグラフ」、「黄色とピンクのグラフ」が一致指標、「紫とピンク色のグラフ」が遅行指標です。
 先週の説明では、先行指標の陽転を確認しました。4月3日は前週終値より40円高の寄り付きでしたが、4月5日に最度下値をとったのち、再度反騰態勢をとりました。この間、一致指数は一貫して上昇し続け、株価は上昇トレンドを示しています。遅行指標を上に突き抜け、遅行指標も上昇トレンドに入り。従って、この銘柄は上昇圧力がかかっていることがわかります。

(2)「ネットワン
4月4、5日に「ネットワン」の「目先底値の包み陽線は上昇シグナル」、というお話をしましたが、「超短期投資分析表作成マニュアル」でも時を同じくして、一致指数が上昇シグナルを現しました。しかし実際は、この分析結果があったからこそ「底値の包み陽線」を見つけ出すことができたというのが本当のところです。今後、一致指標が先行指標を下回る瞬間が売りサインとなります。そのタイミングは、10日以降終値ベースでマイナスで引けた時です。そこで、多少深押しすると目先調整となるか、1、2日休んだ後再度高値を獲りに行く2つのパターンがあります。

この分析結果は超短期投資分析表作成マニュアルを使っています。「分析表」に日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり現れます。たとえ、株価が下落しても、分析指標が陽転すると、株価は上昇トレンドに入って行きます。

初心者の方でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。
充実の完全フォローでご安心ください。
     ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
「量的緩和解除」と日本経済の動向
日銀ついに「量的緩和政策」を解除。
あなたは日本経済、株式市場への影響を読めますか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
テクニカル分析のシュミレーションを公開中。
   日経平均  新日鉄

株式投資初心者の方も「テクニカル分析」はこれでOK!
買い、売りのポイントが分かれば利益倍増です。
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


昨日、日銀は、2001年3月から継続していた「量的緩和政策」を5年ぶりに解除しました。

3月7日のブログに説明しておきましたが、一般に悪材料が予測される場合は、相場はその材料を織り込みつつ推移します。そして、その悪材料が発表された時点では、「折込済み、アク抜け」でそれまで「グズグズしていた相場」は昨日のように大反発することが多いのです。これは、「個別の銘柄」にも同じことが言えます。また、好材料の場合には、全く反対の現象が現れます。

ところで、「量的緩和政策」がなぜ解除されたかということを理解していないと、今後の投資戦略が的外れとなってしまいます。

そもそも、日銀が5年前に「量的緩和」を実施した理由は、金融機関の「不良債権」によって日本経済に必要な資金が流通せず(貸し剥がしが社会問題になったこともありましたが)、資産デフレと景気悪化を招いたためでした。ジョン・メイナード・ケインズ以来の金融政策は、「公定歩合」の操作によって市中に出回る資金量を調節することで「インフレ抑制」と「景気調節」を行ってきました。

今回の政策変更で、日銀は「中央銀行」とし「金利操作権限」を取り戻したことを意味します。今後、「0金利」政策は、継続されるというアナウンスメントでしたが、インフレ目標の上限を2%としたことは、大きな意味があります。もし、インフレが現実となれば、「公定歩合」は当然引き上げられます。従って、デフレが完全に克服できれば、長期金利は今後「ジワリジワリ」と上昇していくことになります。

このことを、あなたの投資戦略に入れなくてはなりません。
あなたはどんな戦略を取りますか?


クリックをお願いします。

 FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
月曜日には
こんなテクニカル分析のシュミレーションを公開いたします。
  日経平均  新日鉄

買い、売りのポイントが判断できれば稼げます!
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

来週の銘柄は・・・月曜をおたのしみに。。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
●●の動きを応用した投資法!
デイトレから中、長期投資まで役に立つ投資法をご紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
テクニカル分析を公開中  日経平均 新日鉄

あなたはせっかくの投資チャンスを逃していませんか?
「テクニカル分析」を使いこなせれば利益倍増です。
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


いまの相場は、一昨日のように大きく上げてそろそろ反騰態勢かと思わせる動きを見せながら、やはり買い上がるエネルギーに欠けているようです。そこで、今日は「テクニカル分析」とは別に、デイトレから中、長期投資まで役に立つ、先物の動きを応用した投資法をご紹介します。

まず、「デイトレイド」の場合、ほとんどの「デイトレイダー」の方は「板情報」を参考にされていると思います。この「板情報」を見ていますと、下板に厚く買い物が入っていたのが、急に買いをひっこめたり、直下の値に買いを入れず相当下値に買いを這わせたりする動きや、今まで上板の売り物は薄く買い優勢だったものが、急に売り物が出てきたりと刻一刻変化して行きます。

このような時は、先物に売りが出て下げ始めた場合が多いのです。この反対の動きの時は、先物に買いが入り始めた場合です。賢いトレイダーは、先回りして先物の動きを追いながら売買しているのです。

それでは、中・長期の相場の動きを先物で測ることができるのでしょうか?

これも先物で推し測ることができます。ご存知のように、先物には「限月」があります。例えば「1限月」「3限月」「6限月」のように数ヶ月先の日経平均が売買されています。そこで相場の先行きを知るには、現物に比較して、先の限月が安ければ「相場は下降傾向」。反対に高ければ「相場は上昇傾向」ということが分かります。

これは、多くの投資家が見落としている指標でしょう。
どうか、参考にして儲けてください!


クリックをお願いします。

 FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
稼ぐ投資家と稼げない投資家の違いは何でしょうか?

稼ぐ投資家は自分自身の投資スタイルを持っています。
あなた自身の投資スタイルを確立してみませんか?

こんなグラフで売り、買いが判断できます。
★分析シュミレーション3月5日週レポート★
  日経平均  新日鉄

株式投資初心者の方も「テクニカル分析」はこれでOK!
買い、売りのポイントが分かれば利益倍増です。
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。