株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日銀「量的緩和の解除」が株価に与える影響
日銀の「量的緩和の解除」が確実視されています。
株価はどの様に反応するのでしょうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
テクニカル分析のシュミレーションを公開中。
 日経平均  新日鉄

稼ぐための「テクニカル分析」を使いこなせますか?
買い、売りのポイントが分かれば利益倍増です。
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


日銀の「量的緩和の解除」が決定されたとして、株価はどの様に反応するのでしょうか?

昨日の東京市場は、237.82円高と4営業日ぶりに上昇しましたが、内容は売買高概算15億6509万株、売買代金概算2兆2210億円、と最低水準でした。相場は上げはしたものの、基本的には「日銀金融政策決定会合」の結果待ちといったところでしょう。

常識で考えれば、市中資金の流動性が減少するのですから、投機資金も減少し、株価に悪影響を与えるというのが定説です。しかし、過剰流動性によって景気が異常なまでに過熱し、その反動で一気に不況(失われた15年)になるよりは、たとえスローでも成長路線を堅持する政策が必要なことは自明の理です。

問題は、その実施時期です。一つ間違えば、またまた資産デフレに後戻りと言う懸念があると政府は日銀を牽制しているのですが・・・。

ところで、日銀金融政策決定会合で「量的緩和の解除」が決定されるか否かで相場に大きな影響を与えることは間違いありませんが、数ヶ月前からこれはアナウンスされ、政府関係者も容認する発言が聞こえてきます。言い換えれば、今までのアナウンスで、「量的緩和の解除」は株価に相当織り込まれてきました。

先日、「節分天井」のお話を致しましたが、2月6日の高値16747円から2月20日の15389円まで1350円ほどの調整をしました。まだ、調整不十分とも言えますが、相場は「量的緩和の解除」を織り込みつつあります。

このような場合、悪材料が発表されますと、往々にして「アク抜け」で相場は大きく上げたりもします。

もし、下げたら絶好の買いチャンス到来ということも念頭に入れておきましょう。


クリックをお願いします。

 FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
株式投資はなにから始める???
速効! 稼ぐ投資ノウハウを身につける
    ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座



これを使うと・・・
■ 超短期投資分析表作成マニュアル
こんなグラフで売り、買いが判断できます。
★分析シュミレーション3月5日週レポート★
  ■ 「日経平均」  ■ 「新日鉄」

これらの分析には 超短期投資分析表作成マニュアル を利用しています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/99-50362873
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。