株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに待望の株式相場陽転!
昨日、ついにテクニカルで陽転。
テクニカル分析で勝負どきは慎重に選びましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

速効! 基礎から稼ぐ投資ノウハウを身につける
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座


株式投資で勝ち続けるための無料レポート
   ▼▼▼▼▼
■ 株式投資【虎の巻】
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。

昨日やっとテクニカルで陽転しました!
この日を待ちわびていたのは、私だけではないと思います。ふり返って見れば、2月7日の陰線を契機にほぼ一貫して下げ続け、せっかく稼いだ今までの利益を失った投資家が多かったのではないでしょうか。

株式市場は「山あれば谷あり」。
安いところで買って高いところで売る。簡単に言えば、上昇か下降かの確率50%なのに、なぜ儲からない方が多いのでしょうか。

非常に多くの方が、「こんなにいい相場なのに、儲からないのでどうしたら良いのか」と質問されます。考えてみれば当然なのですが、株式投資は圧倒的に「買いオンリー」で臨んでいる方が多いのです。株は「山と谷」を繰り返す訳ですから、下げの波動の期間も買ったままただ下がるのを打つ手もなく見ていたり、中には買い向かったりする方もいるのです。それでは必ずババを引かされることになります。

わかりきっていることをなかなか出来ないのが人間。「上げ始め」と「下げ始め」をきっちりと判定できる「テクニカル分析」がなければ利益を出すことは難しいでしょう。
最適のタイミングをつかみ利益倍増!
  テクニカル分析の決定版
     ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル


ところで、今後はどのように対応すれば良いのでしょうか?

まず、上値抵抗線はめでたくクリアーでき、第一関門は通過しました。これで、一見相場の下げ止まりかに見えますが、そこは、株式相場のこと。。。
できれば25日移動平均線もクリアーしたいところです。

さらにより大切なことは、次の押し目で前の安値を下回らないことです。(これは買い方の気持ちで記述していますが、上げ下げ両方で利益を出すためにも、信用口座を持っておくことは重要です。)

できれば、テクニカル分析で売りでも利益をだせるようになりましょう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

《受講生大募集!》 
   速効! 基礎から稼ぐ投資ノウハウを身につける
    <株式投資・インターネットスクール>

講座内容のボリュームがあまりにも多いため、ステップを踏んで受講していただきます。お申し込み頂いた日から、3日間に分けてメールでお届けします。
    ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/95-6f0a26a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。