株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
混迷の市場!次期相場好転のサインとは?
外人投資家の買い戻るも、市場の方向いまだ定まらず!
次期を狙う、相場好転のサインを把握していますか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

《受講生大募集!》 
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座


  「この内容でこの価格?」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


昨日も残念ながら、日経平均ベースで上値抵抗線を上回ることができませんでした。今後の株価の動きが心配されるところですが、今日(23日)の動きも、今後を占ううえで大変重要な日になります。

昨日も、外国証券の寄付前の注文状況は「売り3100万株 買い5330万株」と連続の買い越しとなり相場には外人投資家買いが戻ってきたようにも思えますが、終わって見れば、日経平均は113円安と息の詰まりそうな展開が続いています。

今後の相場好転を占う上で、一旦、上値抵抗線を抜けておきたいところですが、昨日もクリアーできていません。

皆さんの中には、なぜ上値抵抗線にこだわるのか不思議に思われる方もいらっしゃると思います。株価は、ある一定の波動を描きながら上方向になったり下方向になったりする傾向があります。その際、下降トレンドの上限のことを上値抵抗線といい、下がる場合にはこの線に沿って上値が切り下がっていきます。ですから、この線を上に突き抜けるということは、そこから上昇波動に入ることを意味しているのです。

株価をよく観察していると、上がって行く時は下値が切り上がっていきますし、下がる時は上値が切り下がってきます。そこで重要なのは、上値の抵抗線を抜けることです。今まで切り下がっていた株価が上昇波動に入れば、次の押し目で前の安値を切ることは、まずないだろうと推測できるわけです。

今後の相場好転には、どうしても抵抗線抜けが欲しいところです。このまま抜けずに押したとしても、できれば前の安値を割り込まずに、再度抵抗線抜けにチャレンジして欲しいものです。

今日もザラバから目が離せません!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

《受講生大募集!》 
  速効! 投資ノウハウを基礎から学ぶ
  <株式投資インターネットスクール>

これから株式投資を始められる方、投資の基本を再確認したい中・上級者の方に最適の内容です。

講座内容のボリュームがあまりにも多いため、ステップを踏んで受講していただきます。お申し込みをいただいた日から、3日間に分けてメールでお届けします。
    ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座


株式投資で勝ち続けるための無料レポートです。
   ▼▼▼▼▼
株式投資【虎の巻】
稼ぐデイトレテクニカルマニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/94-b6cd02b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。