株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
調整局面のパターンを読む★仕掛けどきの見分け方
このところ、株式市場は調整基調を帯びてきました。
あなたは市場のシグナルを適確に把握できていますか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたはまだ自己流の投資法を繰り返されるおつもりですか? 
それにより失われる時間と利益はどれほどになるのでしょう。
あなたは先達者たちの英知の基本を学ぶことができます。
    ▼▼▼▼▼
■ キッチリ実践すれば!【なかなか失敗できない】楽々投資家成功法! 超速マスターコース

150%勝ち抜くための無料レポートはこちら。
  ▼▼▼▼▼
■ 株式投資【虎の巻】
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


株価が大きく調整する場合は、「二点天井鬼より怖い」と相場格言で恐れられているように、チャートのパターンには、案外「調整のシグナル」が表れるものです。全てあたはまるとは限りませんが、そのパターンとは、チャートの頂上付近に山が二つできる形をしています。

これとは反対に、大きく調整をして底を打った銘柄はW型の底を形成します。人により「オーム波(Ω波)」と呼ぶ人もいます。W底は一般的な呼称ですが、Ω波と言う人は少ないようです。底値近辺で二つの「ボトム」が現れれば、下げから反騰に移る場合が多いので、チャーチストの間ではとても重要な上昇シグナルととらえられています。

しかし、100%底打ちシグナルかと申しますと、そう簡単には問屋が卸しません。W底ならぬトリプル底もあるので困ったものです。そこに、先程のΩ波を使う方々がW底と言わない理由があります。

オーム波と呼ばれる場合には、上げ約26日、下げ約26日、計約52日でΩ波が形成され、底打ち完了と判定されます。つまり、相場が底打ち完了するには、株価が2回以上同値近辺まで下がることに加え、日数の経過、つまり日柄調整も必要と考えているのです。

これは、とても大切なことです。多くの方が、市場からのシグナルを読み違い、痛手を被るケースが続出しています。あなたの投資戦略には、客観的な裏付けがおありですか?
株式投資における先達者たちの英知の基本を学びたい方のみならず、今一度ご自身の投資戦略を確立されたい中・上級者の方にもおすすめです。
   ▼▼▼▼▼
■ キッチリ実践すれば!【なかなか失敗できない】楽々投資家成功法! 超速マスターコース

現在の相場の動きを見ていますと、調整基調が強くなっています。
今後の流れで、上昇シグナルを見落とすことなく、チャンスをものにして下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

買い時、売り時が分からなければ勝負になりません。
銘柄を絞り込んだら、勝負どきはこれで分析すればOKです。
《充実のサポートでお応えします!》
   ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

デイトレのリスク回避はこの方法で!
   ▼▼▼▼▼
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/87-9aa322e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。