株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
短期売買に適する情報ツールの使い分けを知っていますか?
あなたの投資スタイルと情報ツールはマッチしていますか?

短期売買にはその運用の仕方によって色々な種類があり、投資スタイルに合わせて使用すべきツールを変えるべきものなのですが。。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

基礎から学ぶ、勝つための株式投資インターネット・スクール。
  ▼▼▼▼▼
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座
 ただ今のところ、受講料 3,000円

実力をアップし、150%勝ち抜く無料レポートはこちらです。
  ▼▼▼▼▼
■ 株式投資【虎の巻】
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


ひとくちに短期売買と言いましても、その運用の仕方によって色々な種類があり、その売買時間の長短によって分類できます。

最近の株式市場は、インターネット取引が盛んになり、手数料が大幅に安くなったことで、個人による短期売買も主婦、学生を問わずますます盛んになってきています。
しかし反面、投資技術はとても難しいため、一握りのスーパートレイダー以外は儲かっていないのが実情のようです。

原因としては、本来短期売買の種類に合わせて使用するツールを変えるべきものなのですが、何を自分の投資スタイルに合った情報ツールにすべきかの認識が誤っていることが考えられます。

一般的に、1日で売買を成立させる売買手法を「デイトレイド(デイトレ)」と言います。
さらに、「デイトレ」の中でも、数分でわずかな値幅を取る手法を「スカルピング」と言い、最重要視しなければならない情報ツールは、何と言っても「板情報」です。

また、2日から数日で売買を成立させる手法で、「デイトレ」よりも多少長く、値幅も多く取りに行く売買手法を「スウィング・トレイド」と言います。
この場合は「テクニカル分析」を情報ツールとして使用した方が確実に儲かります。

そしてもう一つ、数週間を単位に売買する方法を「ポジション・トレイド」といいます。
この「ポジション・トレイド」は、「板情報」や「テクニカル分析」よりも「ファンダメンタルズ」の比重が高くなります。

ただ、何れにしても「売買のタイミング」は重要で、「売買のタイミング」は「テクニカル分析」で測らなければなりません。
銘柄が決まれば、儲けるための売買タイミングをこれで探せば、利益を最大化することも可能です。
   ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル


それぞれの売買手法は各情報ツールに比重をつけ、上手く使い分けることが大切です。
これらを念頭に、貴方も、短期売買を研究してみては如何ですか!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

相株式相場を勝ち続ける真の実力を身につけたい方は必見!
「この内容でこの価格?」
   ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座


買い時、売り時が分からなければ勝負になりません。
銘柄を絞り込んだら、勝負どきはこれで分析すればOKです。
《充実のサポートでお応えします!》
   ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

デイトレのリスク回避はこの方法で!!
   ▼▼▼▼▼
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/81-a8cecc29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。