株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよデフレからの脱却なるか?日本経済の復権
日本経済にもようやく光明が見え始めてきました。
ここで、経済が株価に及ぼす影響をおさらいしておきましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

投資効率向上を劇的に改善する無料レポートはこちら。
  ▼▼▼▼▼
■ 株式投資【虎の巻】
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんにちは。 キヘン@です。


今年も押し迫って参りました。来年の日本経済は、ようやく長い長いトンネルを抜け出すことができるのでしょうか?

バブル崩壊後、十数年間の資産デフレが日本経済を覆い、幾度となく財政出動で立て直そうと図っても、デフレをくい止めることはできませんでした。ここへきて、小泉内閣の不良債権処理の早期決着と行財政改革が功を奏して(結果的に)、ようやくデフレ脱却宣言を発表できるところまでこぎつけました。

本来、理想的な資本主義経済の発展過程は、クリーピング・インフレーションを伴う経済成長です。「クリーピング」とは「忍び寄る」という意味で、インフレだとは誰もが感じていないが、時が経って気がついたら物価が上がっていたというぐらいのインフレです。

経済が成長しているかは、「名目成長率」からインフレ率を差し引いた「実質成長率」
が基準となります。来年の予測は実質1.8%のプラス成長で、何よりも喜ばしいことは、長い悪性のデフレから脱却できるということです。

ここで経済の株価への影響を考えておきましょう。

デフレでは、物の価値が下落していきますので、相対的にお金の価値が高くなります。人々は、富を貨幣の形で持とうという行動をおこしますので、消費は細ります。
反対に、インフレでは、物価が上昇することによって「貨幣価値」は相対的に低下していきますので、多くの人は物で富を持とうとします。

昨今の株価の上昇も、このような経済の先読みで買われている訳で、これからもこの傾向は続くでしょう。ただし、悪性のインフレはダメですよ!

これは「黄金のセオリー」ですのでお忘れなく。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まだあなたは自己流投資法で勝負しますか???

早く気付いてください。自己流では稼げません。
適確な売買のコツをつかみ、高収益をあげたい方へ
   ▼▼▼▼▼
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼げていない方、これから始められる方にぜひお勧めの無料レポートです。もちろん、今以上に大きく稼ぎたい方も必見です!
   ▼▼▼▼▼
株式投資【虎の巻】


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/8-7fe83b7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
監視銘柄 一覧 ・やまや(9994) -はらみ線出て急騰。上昇トレンドは継続。・ジャック・ホールディングス(7602) -ホールド中 目標価格:いけるだけ・軽貨急配(9374) -ホールド中 目標価格:250円・アイネス(9742) -小幅下落も底固い。5日線が支える展開。
2006/01/01(日) 21:22:55 | ケモノウシ資産運用部 ~インターネットで株式投資&小銭稼ぎ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。