株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一応下げ止まるも、買い上がり、銘柄の長期保有には注意を!
株式投資について基礎から徹底的に学びたい方に朗報です。
株式投資・インターネットスクールの開講です。
講座内容のボリュームがあまりにも多いため、ステップを踏んで受講していただきます。お申し込みを頂いた日から3日間に分けてメールでお届けします。
    ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


昨日の東京株式市場は、後場寄り前30分間の先物市場が強含みで推移したことを受けて始まりました。
これを受けて日経平均も急速に出直り基調を強め、終値は、16184.87(+307.21)で引けました。

商品市況の下落から大きく調整していた鉱業、鉄鋼、非鉄金属、などの銘柄が値上がり率上位となり、場味が好転して、最終的には307円高となり底打ち感は強まっているものの、いまだリバウンドの域は脱していません。

内容を吟味してみますと、値上り銘柄数 899銘柄 値下り銘柄数703銘柄と300円以上上昇したわりには値下がり銘柄数が多いのが気になります。
一方、外国証券の寄付前の注文状況は 売り4610万株 買い3220万株 と5日連続の売り越しとこちらも相場牽引役の外人投資家の買い意欲が今一歩です。

今後の対応としては、銘柄の2局分化が進んでいることに注意を払ってください。

まず、25日移動平均線より上位にある銘柄は、上昇波動に乗っている銘柄。
25日移動平均線より下位(厳密には75日移動平均線より下位)に株価が位置している銘柄は、下降トレンドに入っている銘柄です。

買いで勝負する方は、上昇トレンド銘柄を、売りで勝負する方は下降トレンド銘柄を選択して相場の流れに逆らわない投資姿勢を貫いてください。

また、買いを入れる場合には高値追いは禁物、リバウンドの吹き値売り(デイトレ感覚)で対応しましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

初心者の方にも売買のタイミングが一目でわかります。
デイトレーダーにも重宝されている株価解析ツール!
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資を基礎から驚速で学びたい方にオススメです。
講座内容のボリュームがあまりにも多いため、ステップを踏んで受講していただきます。お申し込みをいただいた日から3日間に分けてメールでお届けします。
    ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/79-32158f36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。