株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
掘り出し銘柄の探し方☆ ●●●●と株価の蜜月関係
経済と株価の動向は密接な関係があると言われますが、具体的に何を利用したら良いかわかりますか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

150%勝ち抜くための無料レポートはこちら。
  ▼▼▼▼▼
■ 株式投資【虎の巻】

■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


商品市況では、私たちの生活や企業活動に必要な原材料・非鉄・金属・農産物など様々な商品の取引が行われて価格が日々決められています。
例えば「原油相場」ですが、2001年末には1バーレル20ドル前後だった原油価格は、2005年8月には一瞬70ドルにのせました。その結果、原油関連株は軒並み高騰しました。

反面、アメリカ株は、原油高騰で全体的には消費に与える影響が大きいと売られました。
金価格は、1999年8月には1トロイオンス252.5ドルだったものが、2005年12月には538.5ドルと2倍以上に高騰しました。
日本一の産金株、住友金属鉱山は215円が1500円まで買われました。
その他非鉄金属なども高騰していますが、それに準じて非鉄株も高騰しています。

このように、商品市況が株式市場に与える影響は大きいのです。

こういうところからも、株式市場が経済的要件に大きく影響されることが理解できます。

さらに、産油国は、原油高騰で大いに潤っています。
この潤沢なオイルマネーは、回りまわって株式市場に入ってきています。
これも、株式市場が最近まで活況を呈してきた一因となっています。

しかし、業界内の全企業が一様に活況の恩恵を受けるかといえば、ここでも勝ち組負け組の株価の明暗がはっきり分かれ、という厳然たる事実です。
目先の活況にとらわれ、何の戦略も持たずに投資すると、思わぬ低迷株をつかんでしまい、貴重な資金が長期にわたって塩漬け状態となりかねません。

昨年の、誰もが儲けうる株式市況下にも、案外多くの方が利益を出されていないか、本来もっと大きく儲けられたはずなのですが。。。

掘り出し物の銘柄を先んじて仕込むために、商品市況には常に注意を払いましょう。
もし、商品市況が低迷しているようでしたら、反対に関連銘柄のカラ売りでも儲けることができます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

株式投資で勝ち抜く真の実力を身につけたい方は必見!
   ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座

   ▼▼▼▼▼
ただ今、受講料 3,000円


株式投資で勝ち続けるための無料レポートはこちらです。
   ▼▼▼▼▼
■ 株式投資【虎の巻】

■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/78-c90acfcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。