株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テクニカル分析で測る今後の買い銘柄
右肩上がりの株式相場も一休み。
ここは、次の上昇エネルギーを蓄えるには大切な期間です。
じっくり反騰銘柄を拾って行きましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
150%勝ち抜くための無料レポートはこちら。
  ▼▼▼▼▼
■ 株式投資【虎の巻】
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


「テクニカル分析」では、さまざまな指数が売られ過ぎのシグナルを発している東京株式市場です。

本日の日銀金融政策決定会合の成行きや、明日のSQ算出日、機械受注発表など動き辛い状況であることは確かです。しかし、昨年8月にボックス圏を抜けて以来、一貫して右肩上がりで上げてきた相場は、この様な、多少「ダレタ」相場になることは、仕方ないというよりは、むしろ相場の上昇エネルギーを蓄えるには大切な期間なのです。

ここで一度冷静になって、個別銘柄の株価の動きを分類する期間にあてるのも一つの考えです。これからも強気で押目を買ってよい銘柄は25日移動平均線に沿って右肩上がりに上昇し続けている銘柄です。買ってはいけない銘柄は、75日移動平均線よりも株価が下位にある銘柄で、2月20日(又は2月14日)の安値を下回ってきた銘柄です。

反騰態勢ができた銘柄として、75日移動平均線より株価は下位にあるものの、2月20日(又は2月14日)の安値を下回らずに上昇し始めた銘柄は、買い候補としてロングに「スウィング・トレイド」を楽しんでください。

先日も申し上げましたが、「日銀金融政策決定会合」で「量的緩和の解除」が決定されてとしても、今までの異常な特別政策が普通の政策に戻っただけのこと。本来の健全な日本経済が裏付けられたと考えれば、発表後は「上げても買い」「売られても買い」という読みが成り立ちますが、果たして相場の行方は如何でしょうか?

今後が楽しみです!


クリックをお願いします。

 FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
株式市場で勝ち続ける真の実力を身につけたい方は必見!
あなたの稼げる投資戦略が身につきます。
   ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座


株式投資で勝ち続けるための無料レポートはこちらです。
   ▼▼▼▼▼
■ 株式投資【虎の巻】

毎日が給料日! そんな毎日を過ごしたいですか?
   ▼▼▼▼▼
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/76-ef5b7f64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。