株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次のチャンスを確実にゲット! 短期目先の反騰はいつか?
次のチャンスを確実にゲットするために。。。
目先の反騰はいつか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


2月11日の当ブログの記事内容を思い出してください。

読まれていなかった方のために重要な部分を抜粋しますと;
-------------------------------------------------

「後場途中14時に発表された2005年12月の機械受注統計が前月比6.8%増と事前の市場予想を1.5%程度大きく上回ったことで、一瞬の買戻しはあったものの、売りの圧力にはなんの好材料ともなりませんでした。

「機械受注」は景気の先行指標なので、このような調整局面に相場がなければ暴騰してもおかしくない好材料でした。ここが、株式投資の難しいところです。

ちなみに、外国証券の寄付前の注文状況ですが、8日;売り5330万株・買い売3690万株9日;売り4660万株・買い2990万株、10日;売り4020万株・買い3420万株と三日続けての大幅売り越しです。

ここは、いつも言っていますように、外人の売買動向を横目に睨みながら相場の転機を測りましょう。来週は、前半はもたつきそうですが、後半からは、反対に先物主導の上げがあるかもしれません。

「休むも相場」次のチャンスは確実にゲットしてください。」

-------------------------------------------------

という内容でした。

そこで今回は、「次のチャンスを確実にゲットするために」目先の反騰はいつかを検証してみたいと思います。
と言いましても、今回の下げは今までの調整局面とはちょっと訳が違います。なぜなら、多くの銘柄が25日移動平均線はおろか75日移動平均線をも下回ってきています。つまり、移動平均では、デッドクロスが示現しているか、若しくはしそうな銘柄が続出している点です。

これから言えることは、ここから大きく反転して新値をとってくる展開にならなければ、今度の上昇局面は単なるリバウンドとなります。それは、即、調整の長期化を示すことに他なりません。

次の反騰は、本日を含めて3日のうちに、例によって先物主導で切り返しますので小すくいの準備は怠らないようにしましょう。

テクニカルで少し救われるのは、主力銘柄の「ソニー」「アドバンテスト」「トヨタ」等は全然崩れていないことです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

買い、売りのポイントが的確に判断できますか?
ポイントをはずすと資産激増は望めません。 
下げ相場でもキッチリ稼ぎましょう!
     ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル
《充実のサポートでお応えします!》
 
デイトレで大きく稼ぐには「戦略」が必要です。
デイトレにリスクを感じているなら必見です!
     ▼▼▼▼▼
 ■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

これから「稼ぐ投資家」を目指すなら、まずはしっかりとした基礎から!
     ▼▼▼▼▼
 ■ 稼ぐ株式投資 最初の一歩


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/75-6f309d72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。