株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投資パフォーマンスの決め手★移動平均線
移動平均線を上手に利用すると投資効率は向上します。
あなたは、その適切な利用方法をご存じですか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

どんなに株価の上昇基調の状況下でも、損しているひとは必ずいるものです。それは、それまでの誤った投資戦略のツケを払っている人たちです。まずは、投資戦略の基本を学んでみませんか?

株式投資で結果を出せていない方、これから株式投資を始められる方に、是非お勧めしたい無料レポートはこちらです。
  ▼▼▼▼▼
株式投資【虎の巻】
稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


移動平均線を上手に利用すると投資パフォーマンスは上がります。移動平均は日数の設定が重要ですが、中長期の投資スタンスにマッチした日数を設定することを心掛けてください。その上で株価の変化との相関関係を検証してみると、高収益を実現できます。

中長期の期間設定をすることは、株価が毎日変化して上か下か惑わされることが多い中、上昇中なのか下降中なのかを判定することで、買うべきか売りなのかが明解になります。

もちろん、移動平均線は株価の遅行指標ですから、株価の後追いになります。そこで、色々な株価理論と組みあわせて使うことも考えてみましょう。
例えば、波動理論でポピュラーなエリオットと組みあわせると、移動平均が上昇中であれば、エリオット第一波動が押し目から第二波動に乗り始めた時に買入れば合理的です。

ここでは、売買のヒントにつながる買いシグナルの一部をご紹介します。この判定法をあなたなりに応用してみてください。

(A)下降中または横ばいの移動平均線を株価が一旦上に抜け、押し目をつくってから前の波動の安値を下回らずに上昇し始めた瞬間に買いに入る。

(B)移動平均線が上昇中で、株価が下がるか横ばいで移動平均線に接っするか少し
下回ってから反騰し始めた時。

その他にも色々考えられます。

あなたの自主ルールを考えて大いに儲けてください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

稼げる株式投資家の絶対的条件とは?

買い場(波動の谷)、売り場(波動の頂上)を分析できる手段
を持っているかどうか、それにつきます。
そんな買いと売りのタイミングが分析ができる方法はこちら
    ▼▼▼▼▼
超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/7-2ab99186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。