株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金利と株価の方程式をご存じですか?
株価と金利の切っても切れない関係をご存じですか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


株価は金利の影響が非常に大きく、しかも敏感に反応します。
日本の金利だけでなく、日本企業の業績を左右するアメリカや中国の金利動向も株価に影響を与えています。

金利低下 ⇒ お金を借りやすい ⇒ 企業業績好調 ⇒ 株価高
金利上昇 ⇒ お金を借りにくい ⇒ 企業業績不調 ⇒ 株価安

とういう方程式が成り立ちます。
では、金利の上昇、低下にはどのようなメカニズムが働いているのでしょうか?

経済は、基本的に需要と供給のバランスで成り立ちますが、「金利」についてもこのメカニズムは働きます。
景気がよく、経営資金の需要が旺盛な時は金利が高くなり、今度は反対にお金を借り
にくくなるため景気が悪くなります。
一方、景気が悪く、資金需要がない時は金利が低くなり、お金を借りやすく景気は良くなります。

ところが、このメカニズムを放置しておきますと、「好況」と「不況」の波が大きくなり、人々の生活に大きな影響を与えてしまいます。
そこで、政府日銀は、先回りして「大恐慌」や景気過熱による「インフレ」にならぬように、市場に流通しているお金の量を調節したり、「公定歩合」を通じて「金利」を直接上下させて景気の調整を図っています。

株価は、金融政策に敏感に反応します。
いつも注意を払っておきましょう。

                      
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【株の稼ぎ方教えます】

  ■ 超短期投資分析表作成マニュアル

  ■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

  ■ 稼ぐ株式投資 最初の一歩


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/47-321b28f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。