株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投資決断の強力な武器!★「移動平均線」の基本
株価の買いどき、売りどきをつかむ「移動平均線」を使いこなせていますか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


「移動平均線」は多くの方がご存じなのにもかかわらず、十分に活用できていない方
が少ないのは残念なことです。 グランビルも嘆いているのではないでしょうか。。。
その移動平均をフル活用すると、思いもよらない成果をだすことが可能です!!!

移動平均の考案者グランビルは、8つの売買シグナルを法則としてまとめました。
これを「グランビルの法則」といい、売りと買いの、それぞれ4つの法則があります。

これらの法則を理解し活用されている方も大勢いらっしゃいますが、未だ活用されて
いない方やご存じない方が非常に多く、復習を兼ねて再度確認してみましょう。

《買いシグナル》

1)移動平均線が下降又は横ばいから上昇に変わり、株価が移動平均線を上に
  突き抜けた時。
2)移動平均線が上昇中に株価が移動平均線を下回っても、依然として
  移動平均線が上昇を続けている時。
3)移動平均線より上にある株価が下がり始めたものの、移動平均線を下回らずに
  再度上昇に転じた時。
4)移動平均線が下降中ではあるが、株価が極端に下げ、移動平均線から大きく乖離
 (かいり)した時。

《売りシグナル》

1)移動平均線が長い期間上昇した後に、横ばいから下降し始めた時。
2)下降中の移動平均線を株価が上回ったものの、依然として移動平均線が下降を
  続けている時。
3)移動平均線の下降中に株価が上昇したにもかかわらず、移動平均線を上回らずに
  再度下降に転じた時。
4)移動平均線が上昇中ではあるが、株価が極端に上げ、移動平均線から大きく乖離
 (かいり)した時。

「移動平均線」で勝負どきをつかんだら、「戦略的」デイトレを駆使して大きく
利益をのばしましょう!
  ▼ ▼ ▼
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

トレンドに上手く乗れば、特にデイトレの方は楽に大きく儲けられます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

買い、売りのポイントが判断できますか?
 ■ 超短期投資分析表作成マニュアル
 
デイトレで大やけど!⇒ デイトレで稼ぐには「戦略」が必要です!
 ■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

これから「稼ぐ投資家」を目指すなら、まずはしっかりとした基礎から!
 ■ 稼ぐ株式投資 最初の一歩


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
コメント&TBありがとうございました。
初心に戻ってここに書いてある内容を参考にさせてもらいますね。
それでは
2006/01/16(月) 22:23:36 | URL | 雷火 #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/44-f8854976
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
今日も保有銘柄のエイティング元気がありません。 周りを見渡すと、それはそれは騰がりまくってる銘柄に目移りする。 色々あるのでちょっとあげてみた。
2006/01/16(月) 22:09:20 | 株初心者の損切り日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。