株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外資待ちか?閑散でも売りはなし
小幅反落で引けた東京市場ですが、内容的には悪くありません。
この足踏み状態の中での儲けの糸口とは?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎週月曜日に、ご好評の「超短期投資分析表作成マニュアル」を使った「超短期投資分析シミュレーション結果」を更新中。前週の2銘柄を例題に、株価動向の解説と投資戦略についてレポートしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


6月19日の東京株式市場は小幅反落で引け、5月1日以来の閑散相場に終始しました。出来高概算14億3,755万株、売買高概算1兆7,305億円で、株価指数は小幅に安く引けています。値上がり856銘柄、値下がり752銘柄と拮抗している中に4連騰銘柄もあり、今後は銘柄別に明暗がはっきり分かれてきそうです。

週末のNY市場安と休み明けということもありましょうが、寄り付き前の外国証券の注文状況は、売り3920万株、買い3610万株と3日ぶりの売り越でした。今週は米FOMCを来週に控え、金利の動向がはっきりするまで、基本的には動き辛い相場ですが、先々週に意図的なのか連銀の委員による連続インフレ懸念発言でNY相場が大きく調整し、日本も含めて高金利懸念から、世界中の特に新興国の市場が大幅に下落しました。しかし、先週末で一応底値を確認した模様です。

今後は、今週から来週にかけて2番底を探る動きが現れてくることも予想されます。これは目先の動きの話ですが、中期的には8月から9月に向けて中期反騰からいったん中期の2番底確認で下げ、米中間選挙にかけ政治的な意図で上昇するというシナリオが考えられます。

いずれにせよ、外人投資家が高金利を懸念していったん引き上げた資金を、再度株式市場に振り向けてくるのか、それとも債券市場へ振り向けるのか、資金の流れに注意を払っていかなければなりません。

この大幅調整局面でも、個別には株価が25日移動平均線の上位に位置し、右肩上がりを示す銘柄もたくさんありますので、注目してみてください。



クリックをお願いします。

  FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 6/12-6/16 週の超短期投資分析シミュレーション 》

(1)いったん押し目後の上昇波動が楽しみな銘柄です。
     《 銘柄1

(2)押し目後の反騰が楽しみな銘柄です。
     《 銘柄2

■ 他の銘柄の分析シミュレーションも公開しています。
  詳細は上記銘柄の解説ページをご参照ください。


この分析結果は超短期投資分析表作成マニュアルを使っています。「分析表」に日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり現れます。株価が下落していても、分析指標が陽転すると株価は上昇トレンドに入って行きます。初心者でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。

充実のサポートでご安心下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
住宅
2008/09/06(土) 15:38:15 | URL | #-[ 編集]
剣道
2008/10/08(水) 06:38:53 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/258-ab4d327d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。