株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京市場の足かせ、世界の株安
NY市場に引きずられ反落の東京市場。
今後の動向を見定める基準をお持ちですか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎週月曜日に、ご好評の「超短期投資分析表作成マニュアル」を使った「超短期投資分析シミュレーション結果」を更新中。前週の2銘柄を例題に、株価動向の解説と投資戦略についてレポートしています。株式投資戦略のご参考にどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


本ブログで指摘しました、「金利引き上げ打ち止め発表」に対する投資家の期待を打ち砕くようなFRB議長の「インフレ懸念」発言に、昨日のNY市場は大きく反応しました。既定路線のシナリオが遠のいたとの観測から大きく売り込まれたのを受けて、6日の東京市場は大幅安で始まりました。寄り付き直後から「テクニカル指数」は全て陰転。前2日間で利の乗っていた多くの銘柄は利益確保の売り気配で始まりました。

前日は121円安でしたが、その前2日間は36円高、286円高と一度大きくリバウンドの期待を抱かせましましたが、市場エネルギーの弱さを再度確認させられたかっこうです。

5日の当ブログで、『信用買い残、村上ファンド、0金利、インフレ懸念、その他の不安が解消された訳ではなく、売り込むだけの理由はまだまだあります。目先はリバンドと考え長期の資金を投入したい方は、投資資金をすべてつぎ込むことは避け、大きく戻した時のヘッジで打診買い程度に収めて、キャッシュポジションは上げておくべきでしょう。』と指摘しておいた意味がおわかり頂けたと思います。

しかし、悪材料を株価に反映させながら反騰のエネルギーを蓄えて行くのが相場の常です。じっくりとチャンスを待つ姿勢を保ちつつ、タイミングを常に測っておく注意深さが必要です。

昨日の引け値15,384円は、今年2月以後の終値ベースでは最安値となっています。今後、1月18日に付けた安値15,341円を下回ってくるか、その後の関門として6月2日のザラバ安値15,266円、さらに1月23日15,060円が当面の反転ポイントとして意識されます。しかし、これらのポイントをすべて下回ってきたら最悪のシナリオを考えなければなりません。

超短期投資分析表作成マニュアル」 を利用していらっしゃる方は、25日移動平均線を下回っている銘柄では「売りシグナル」(カラ売り)が優先しますので注意しましょう。

どうしても買いで勝負される方は、25日移動平均線を上回っている銘柄(非常に少ないです)に絞ってください。



クリックをお願いします。

  FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 5/29-6/2 週の超短期投資分析シミュレーション 》

(1) 買いシグナル出現前の底堅さを示す注目の銘柄です。
     《 銘柄1

(2) 悪い市場環境の中、力強い値動きを示す期待の銘柄です。
     《 銘柄2

■ 他の銘柄の分析シミュレーションも公開しています。
  詳細は上記銘柄の解説ページをご参照ください。


この分析結果は超短期投資分析表作成マニュアルを使っています。「分析表」に日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり現れます。株価が下落していても、分析指標が陽転すると株価は上昇トレンドに入って行きます。初心者でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。

充実のサポートでご安心下さい。

超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ハンドボール
ハンドボールを探すなら http://www.saturnalbany.com/101070/214668/
2008/09/17(水) 00:16:01 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/245-1461cf04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。