株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京市場反落するも、新興市場は連騰!
東京市場121円安も陰転確認せず。
徐々に悪材料を織り込んできた市場の動きについて、今後注意すべき点とは?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎週月曜日に、ご好評の「超短期投資分析表作成マニュアル」を使った「超短期投資分析シミュレーション結果」を更新中。前週の2銘柄を例題に、株価動向の解説と投資戦略についてレポートしています。株式投資戦略のご参考にどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


週末に大きく反発した後だけに、5日の東京市場はやれやれの売り物と円高に反応した輸出関連自動車株の冴えない動きを映して、日経平均では121円安と一見調整局面と思わせる下げでした。しかし、昨日の段階では陰転しているとは限りません。6日のザラバ株価または大引け株価で方向性がはっきりしてくるはずです。

このところの下落でマザーズは高値から57%、ヘラクレスは50%も下げ、大きなロスを蒙った方もいらっしゃると思います。ここへきて、底堅い動きが顕著になりつつある新興市場は、まだ下振れ懸念はあるものの、一筋の光明を見てとることができます。問題は、再度の押し目を形成したとき、前の安値を下回らずに反騰できるかという点です。

ところで、徐々に悪材料を織り込んできた全体相場の動きについて、今後どんな点に注意していけば良いのでしょう?

信用買い残、企業倫理の問題はもちろん重要ですが、最も注意しなければならないのは円高です。日本は「金利上昇」、アメリカは「金利停滞」となれば「円高」は必然的な流れとなります。

日本は日銀の0金利離脱がいつになるか? アメリカはいつ金利引き上げ打ち止めをFRBが宣言するのか? この円高に市場が敏感に反応して売られるか? それとも、過去の「円高」局面のように株価は円高メリットで上昇するか?

ここのポイントを見極めてください。
それによって大きく利益は違ってきます。



クリックをお願いします。

  FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 5/29-6/2 週の超短期投資分析シミュレーション 》

(1) 買いシグナル出現前の底堅さを示す注目の銘柄です。
     《 銘柄1

(2) 悪い市場環境の中、力強い値動きを示す期待の銘柄です。
     《 銘柄2

■ 他の銘柄の分析シミュレーションも公開しています。
  詳細は上記銘柄の解説ページをご参照ください。


この分析結果は超短期投資分析表作成マニュアルを使っています。「分析表」に日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり現れます。株価が下落していても、分析指標が陽転すると株価は上昇トレンドに入って行きます。初心者でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。

充実のサポートでご安心下さい。

超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ボクシング
ボクシングを探すなら http://www.leslieshomes.com/101070/205072/
2008/09/17(水) 23:20:07 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/244-bbe8aca9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。