株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
未だ底打ち感の見えぬ東京市場
ドレッシング買いでプラスで引けるも底打ちならぬ東京市場。
株式市場のマイナス要因とは? 今後の流れは?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎週月曜日に、ご好評の「超短期投資分析表作成マニュアル」を使った「超短期投資分析シミュレーション結果」を更新中。前週の2銘柄を例題に、株価動向の解説と投資戦略についてレポートしています。株式投資戦略のご参考にどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


昨日の東京市場日経平均は大引け寸前までマイナスでした。しかし、大引けで意図的なドレッシング買いが入り、無理やりプラスで引けさせた模様です。前日のシカゴ日経先物は大証比195円高で引け、NY市場も堅調に推移したことにより、6月1日の東京市場は15,603円、前日比136円高で寄り付きました。一時15,655円まで買われましたが、その後は伸び悩み、逆に昨日の安値15,442円を下回る場面もあり、底打ちシグナルの点灯とはいかなかったようです。

世界的な金利先高感を払拭できていない今、株式市場へ流入する資金は滞ることが推測されます。新興市場も需給の悪化懸念は払拭できていないことが昨日も確認され、マイナス引けとなっています。

このような状態が続くと、個人投資家の回転のきいた投資運用がしにくいどころか、追証負担から投げを誘う展開が続く恐れもあります。過去にもこのような悪い相場は何度も繰り返されてきましたが、不思議なことに、このような下げ相場でも買い向かう資金が多いのも株式相場の常です。

長期保有で塩漬けでも寝かしておく投資法なら理解できますが、やはり短期利益を目的とする投機家にとっては、売りで儲けるチャンスを念頭に対応したいものです。

どうしても買いたい方は、信用買い残の少ない銘柄、信用売り残が多く取り組みの良い銘柄を狙うしかなさそうです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 5/22-26 週の超短期投資分析シミュレーション 》

(1) 買いサインの示現した銘柄です。 「 銘柄1

(2) 買いサイン示現前の 完全陽転までの軌跡を学ぶのに最適
   の状況です。             「 銘柄2

■ 他の銘柄の分析シミュレーションも公開しています。
  詳細は上記銘柄の解説ページをご参照ください。


クリックをお願いします。

  FC2ブログランキング


この分析結果は超短期投資分析表作成マニュアルを使っています。「分析表」に日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり現れます。株価が下落していても、分析指標が陽転すると株価は上昇トレンドに入って行きます。初心者でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。

充実のサポートでご安心下さい。
    ▼▼▼▼▼
超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
リキュール
リキュールを探すなら http://www.bigwatersrealty.com/510915/110609/
2008/09/21(日) 22:35:58 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/240-3688c127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。