株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
波乱の相場の中で次に備える
乱高下が続く東京市場。
なかなか積極買いに出にくい状況が続きますね。
こんなときこそ思い出して頂きたいこととは?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎週月曜日に、ご好評の「超短期投資分析表作成マニュアル」を使った「超短期投資分析シミュレーション結果」を更新中。前週の2銘柄を例題に、株価動向の解説と投資戦略についてレポートしています。株式投資戦略のご参考にどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


24日の東京市場では、寄り付き前注文状況が約2000万株の大幅買い越しと、外人投資家の回帰を喜んだのも束の間。昨日は一転1130万株の売り越しと、どうにも積極的に買う気持ちになれない方が多いのではないでしょうか。

ここで昨日の当ブログの指摘をご確認ください。
昨日のマイナス引けは想定内の内容でしたが、213円も安く引けるとは想定外でした。材料的には決算発表も峠を過ぎ、世界同時株安で資金は株式市場から逃げていることから、資金現物が買いあがろうとしても先物が頭を押さえるパターンが続いています。

しかし、「株価は、懐疑の中で育つ」ことを忘れてはいけません。213円安の中に信用の買い残や裁定残が解消されて、買いあがる条件が徐々に醸成されています。もし今日、下値を再度取りに行く動きが出てきた時は、悪くても15,508円を下回らないことが大切です。また、上昇したときは出来れば15,907円を抜いてきて欲しいものです。

もしかすると、後で振り返ってみると、本日が株式相場の分岐点だったことが分かるかもしれません。



クリックをお願いします。

FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 5/15-19週の超短期投資分析シミュレーション 》

(1)積極買いに出るための本格反騰の条件とは?
    「 銘柄1

(2)反騰までじっくり分析してスキルアップに活用しましょう。
    「 銘柄2

■ 他の銘柄の分析シミュレーションも公開しています。
  詳細は上記銘柄の解説ページをご参照ください。


この分析結果は超短期投資分析表作成マニュアルを使っています。「分析表」に日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり現れます。株価が下落していても、分析指標が陽転すると株価は上昇トレンドに入って行きます。初心者でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。

充実のサポートでご安心下さい。
    ▼▼▼▼▼
超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
PDA(携帯情報端末)
PDA(携帯情報端末)を探すなら http://www.leslieshomes.com/100026/110353/
2008/09/28(日) 09:09:59 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/233-ba558581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。