株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界同時株安で投資戦略の変更が進む
近頃ハイパーインフレの懸念が話題になっていますが。。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎週月曜日に、ご好評の「超短期投資分析表作成マニュアル」を使った「超短期投資分析シミュレーション結果」を更新中。前週の2銘柄を例題に、株価動向の解説と投資戦略についてレポートしています。株式投資戦略のご参考にどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


今回の世界同時株安は、多くのアナリストが指摘するようなインフレ懸念が果たして本当に原因なのでしょうか? 資本主義での健全な経済成長下では、静かに忍び寄るようなインフレーション(クリーピングインフレーション)が当たり前です。前出の議論にみられる全世界的なハイパーインフレーションが起こる可能性はあるのでしょうか?

一部の著名な学者は、必ずハイパーインフレーションが起こると著書にも言及しているようです。確かに原油高、素材や金を始めとした非鉄金属市場の高騰は株式投資の基盤である経済的与件に大きな影響を与えています。

しかし反面、中国を始めとする新興国(確かにこれらの国の原油・素材需要が高騰の一因ではありますが)からの低コストによる供給過剰の状況からすれば、ハイパーインフレは現実的なものとは思えません。しかし、何事にも準備を抜かりなくしておくのが投資家の心得ですので、今回のような金利先高感がある時は、投資戦略を変更しなければならなくなる事態も起こり得ます。

23日のFRB議長のバーナンキ氏がどんな議会証言をするかに注目が集まりますが、金利先高感に対応するために世界的規模で戦略変更が進んでいるというのが今回の相場下落の原因です。

この再編成後には再度大相場が待っていると期待して抜かりなく私たちも頑張りましょう。



クリックをお願いします。

FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 5/15-19週の超短期投資分析シミュレーション 》

(1)積極買いに出るための本格反騰の条件とは?
    「 銘柄1

(2)反騰までじっくり分析してスキルアップに活用しましょう。
    「 銘柄2

■ 他の銘柄の分析シミュレーションも公開しています。
  詳細は上記銘柄の解説ページをご参照ください。


この分析結果は超短期投資分析表作成マニュアルを使っています。「分析表」に日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり現れます。株価が下落していても、分析指標が陽転すると株価は上昇トレンドに入って行きます。初心者でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。

充実のサポートでご安心下さい。
    ▼▼▼▼▼
超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
レディース・婦人服
レディース・婦人服を探すなら http://www.so-blue.com/100371/100380/
2008/09/30(火) 23:13:07 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/231-6e62efb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。