株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
舌を巻く投機筋の巧妙なワナ
昨日は投機筋の巧妙な戦略に株式市場は翻弄されました。
忘れてならない投機筋の常套手段とは?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎週月曜日に、ご好評の「超短期投資分析表作成マニュアル」を使った「超短期投資分析シミュレーション結果」を更新中。前週の2銘柄を例題に、株価動向の解説と投資戦略についてレポートしています。株式投資戦略のご参考にどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


株式市場には往々にして不条理なことが起こります。昨日の後場の動きに理不尽さを感じたのは私だけでしょうか?

現在の投機資金は、資本市場を遥かにしのぐ額に膨れ上がり、この膨大な投機資金は世界中の投機市場を駆け巡っています。その動きは、時に暴力的に見えますが、実はとても合理的で確固とした裏づけを持った行動なのです。先には、世界通貨危機(イギリスポンド、インドネシアルピア、タイバーツ、韓国ウォン、ロシアルーブル等々の大幅下落)、最近では原油や素材価格の高騰を引き起こしたのもこの投機資金です。しかし、一見暴力的に見える投機資金ですが、通貨危機にしても各国の経済力とのアンバランス、原油の高騰にしても、イランの原発問題と中国などの新興国の需要増大が背景にあったわけです。

さて、株式市場に目を転じれば、個人投資家を中心に信用買い残が歴史的に膨れ上がり、株式市場のウイークポイントとなっており、投機資金につけ入る隙を与えています。このような状況下では、市場を操作し易くなります。

これは重要ですので、もう一度思い出してください。先週末のシカゴ日経先物の動きは完全に底入れ状態で、大証先物終値より140円も高く引けさせて、週明けの東京市場で安心して買ってきたところへ売り浴びせて仕込み、後場から先物を大きく売り込んで信用の投げを誘う。

この手の動きは当ブログでもある程度注意を促してきました。昨日のブログでも、寄り付きの高いところを買う方は気を付けるようにと言及しておきましたが、この巧妙さには舌を巻いてしまいます。

昨日、再度下降して前回の下値を切ったら要注意と指摘しておきましたが、各種テクニカルでは、陽転サインが示現してきています。日経平均や多くの個別銘柄が下値を切ってきたことで調整が長引くとの観測がある反面、テクニカルの好転を利用して、投機資金の先物買いが力ずくで大幅高を演出する場面も想定しておきましょう。



クリックをお願いします。

FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 5/15-19週の超短期投資分析シミュレーション 》

(1)積極買いに出るための本格反騰の条件とは?
    「 銘柄1

(2)反騰までじっくり分析してスキルアップに活用しましょう。
    「 銘柄2

■ 他の銘柄の分析シミュレーションも公開しています。
  詳細は上記銘柄の解説ページをご参照ください。


この分析結果は超短期投資分析表作成マニュアルを使っています。「分析表」に日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり現れます。株価が下落していても、分析指標が陽転すると株価は上昇トレンドに入って行きます。初心者でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。

充実のサポートでご安心下さい。
    ▼▼▼▼▼
超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
人文・地歴・哲学・社会
人文・地歴・哲学・社会を探すなら http://www.allnavi.jp/200162/101278/
2008/10/01(水) 23:13:15 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/230-d1ede676
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。