株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
急激な円高をてこに、投機資金が売り込んだところは冷静に対応を!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご好評の「超短期投資分析表作成マニュアル」を使った「株価分析結果」を掲載中。注目銘柄を例題に、株価パターン分析の解説と投資戦略をレポートします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


急激な円高が進んでいます。昨日の東京市場では113円前半まで買われ、NYでは112円台に入っています。この急激な円高に対して、今回の円高の原因と対応策について言及してみたいと思います。

アメリカの経済政策の主眼は、かねてから心配されていた不動産バブルを如何にソフトランディングさせるかでした。前FRB議長のグリーンスパン氏は、海外のアメリカ企業の利益を減税政策でアメリカ国内に還流させ、国内景気を刺激させる一方、不動産に対する投機的な資金を引き締めるために、金利を徐々に上げてきました。

今年、その政策を引き継いだ新FRB議長のバーナンキ氏はグリーンスパン氏の政策を先月まで引き継いでいましたが、先日の議会証言で、そろそろ金利引き上げの打ち止めを示唆しました。今まで金利の高いアメルカへ資金が流れ込みドルが買われ、円が売られて円安傾向が定着していたわけですが、この発言をきっかけに投機資金が円買いを仕掛けてきています。

ここで心配なのは株式市場ですが、ここぞとばかりに投機資金が先物主導で輸出・ハイテク関連株を売り込んでくることが予想されます。ソニーは確かに減益ですが、これほど急激に売り込まれる材料はないはずです。それでも、仕掛けるにはもってこいの主力銘柄です。

重要な点は、投機筋のやり方は狼狽売りを誘い、安く買い叩いて買い上がる戦略です。このことを念頭において対処しましょう。彼らを利用することこそ勝利への近道です。



クリックをお願いします。

FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 4/24-28 週の株価シミュレーション結果 》

(1)売り転換しそうな銘柄を取り上げてみました。
    「 銘柄1

(2)反騰を期待できそうな銘柄を取り上げてみました。
    「 銘柄2

■ 他の銘柄の分析シミュレーションも公開しています。
  詳細は上記銘柄の解説ページをご参照ください。


これらの分析結果は「超短期投資分析表作成マニュアル」を使っています。「分析表」に日々のデータを入力すれば、陽転陰転がはっきり現れます。株価が下落していても、分析指標が陽転すると株価は上昇トレンドに入って行きます。初心者でも、売買の最適タイミングが一目で分かります。

充実のサポートでご安心下さい。
     ▼▼▼▼▼
超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/222-bd409774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。