株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゼロ金利解除の行方は?その影響は?
ゼロ金利解除が焦点の日銀金融政策決定会合。
相場が大きく変化するターニングポイントと位置づけましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎週月曜日に、ご好評の 超短期投資分析表作成マニュアル を使った「超短期投資分析シミュレーション結果」を更新中。前週の注目の銘柄を例題に、株価動向の解説と投資戦略についてレポートしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


7月12日の東京市場は、インドの同時多発テロや北朝鮮のミサイル発射問題に対する国連安保理の対応などの政治的リスクから、日経平均ベースで一時300円以上安くなる場面もありましたが、結局、日経平均終値で224円安の1万5249円で引けました。

13日からのゼロ金利解除を扱う日銀金融政策決定会合を意識しながら、材料的には買われにくい環境の中、世界的再編の動きが加速している鉄鋼株はこの日も軒並み買われ、ひとり気を吐いていました。

テクニカル的には以前から言及しておりますように、13、14日の日銀金融政策決定会合に向けて7月5日から下降トレンドに入っています。12日までに2回の(2波動の)下降局面をこなし、エリオットの波動論的にはこれで下降局面を脱して、いよいよ上昇局面に入るポイントにまできています。

今回の日銀の会合で、ゼロ金利が解除される可能性は70%というところでしょう。今回、解除が見送られたとしても、次回の政策決定会合ではまず100%解除は間違いないというのが大方の見解です。ゼロ金利解除がもたらす経済的意義は、中央銀行がようやく金利政策という、当たり前の景気調整手段をその手に取り戻すことを意味し、一般預金者には将来的に少なからず預金利息が増えること、企業には金利負担が増すことを意味しています。

金利の安い「円」を借りて運用していた海外ヘッジファンドも、先を読んで投資対象の再編成が終わり、これからはたとえ金利が上昇しようとも、先読みができる状況になれば、投資マインドは再燃する可能性もあります。

まずは、13、14日を相場が大きく変化するターニングポイントと位置づけておきましょう。


クリックをお願いします。

  FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 7/3-7 週の超短期投資分析シミュレーション 》

銘柄

今週の個別銘柄シュミレーションは先週からの継続分析です。
ごまかしの通用しない厳格なテクニカル分析!
分析指標では明確に。。。


■ 過去の他の銘柄の分析シミュレーションもご覧頂けます。
  上記銘柄の解説ページからアクセスできます。


この分析結果は 超短期投資分析表作成マニュアル を使っています。日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり示現し、初心者の方でも売買の最適タイミングが一目で分かります。


充実のサポートでご安心下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/218-bb888ee8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。