株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
急騰銘柄のパターン研究
今回は急騰銘柄のパターンについて解説いたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎週月曜日に、ご好評の「超短期投資分析表作成マニュアル」を使った「超短期投資分析シミュレーション結果」を更新中。前週の2銘柄を例題に、株価動向の解説と投資戦略についてレポートしています。株式投資戦略のご参考にどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。

株で儲けるためには「銘柄探し」と「売買タイミング」を的確につかむことです。今回は、急騰銘柄のパターン研究から儲けの種を探ってみたいと思います。

株は急騰する前に、何らかのシグナルを発信しているものです。陸上競技のハイジャンプでも助走をつけて高く飛び上がりますが、急騰する株も助走(シグナル)をしてから大きく飛び上がるものです。しかし、よく注意を払って見ていないと見落としてしまいます。ではどこへ注意を払えばよいのでしょう?

値動きで急騰前の顕著なシグナルを見てとれる「6703の沖電気」を例にとって解説してみましょう。チャートブックをご用意できない方は、ヤフーのファイナンスから入り「6703」のコードナンバーを入力して「沖電気」の日足チャートをご覧下さい。

少し資料は古くなりますが、昨年6月30日に6月23日時点の高値「392円」を一文抜けずに下げに転じてから8月8日と19日に345円の安値をつけて「ダブル底」形成、反転して上昇トレンド入りしています。チャーチストの方はお解かりと思いますが、「ダブル天井」で「鬼より怖い」でしたね。6月23日と30日は「ダブル天井」で、実際に8月8日までに50円弱下げています。ところが、8月8日と19日に「ダブル底」形成で「底」確認ができました。

ここで直ぐに買いに入ってはいけません。先ほどお話した「ハイジャンプ」の助走は次になります。そこでチャートを確認してください。8月19日の底をつけた後、一度8月26日に25日移動平均線を終値で上回ってから
再度押し目をつくっています。しかし、今度は9月8日の「押し目の底」は346円の一文上で止まっております。

以下に説明しました2点が「助走」(シグナル)になります。
(1)終わり値が一時的に25日移動平均を抜いて上回って、押し目をつくった銘柄。
(2)押し目の底が前の下げの安値を下回らず反騰に転じた銘柄。

以上の2点を注意しましょう。願わくば、出来高が以前よりも多ければそれにこしたことはありません。ここで問題なのは、このような上昇パターンを示した銘柄でも、実は上昇しない銘柄もあります。そこで、必要なのが「テクニカル分析」ということになります。注目の銘柄の株価のバイアスはどちらに向いているかの判定をテクニカル分析で
割り出すことはとても大切なことです。

できれば、先にあげた2つのパターンと他の「テクニカル分析」を併用することをお勧めします。きっとあなたも儲かる投資家になることでしょう。



クリックをお願いします。

FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 4/24-28 週の株価シミュレーション結果 》

(1)売り転換しそうな銘柄を取り上げてみました。
    「 銘柄1

(2)反騰を期待できそうな銘柄を取り上げてみました。
    「 銘柄2

■ 他の銘柄の分析シミュレーションも公開しています。
  詳細は上記銘柄の解説ページをご参照ください。


これらの分析結果は「超短期投資分析表作成マニュアル」を使っています。「分析表」に日々のデータを入力すれば、陽転陰転がはっきり現れます。株価が下落していても、分析指標が陽転すると株価は上昇トレンドに入って行きます。初心者でも、売買の最適タイミングが一目で分かります。

充実のサポートでご安心下さい。
     ▼▼▼▼▼
超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/209-1ff2259d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。