株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京市場の陽転は週末か?
ニューヨーク市場の動向で東京市場は?
長期金利の上昇も要チェックです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご好評の「超短期投資分析表作成マニュアル」を使った「株価分析シミュレーション」を連載中。注目の銘柄をレポートします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


日経平均で、かろうじて17,000円を死守して引けた昨日の東京市場。ニューヨーク市場の休場でこの時とばかり、買い上げて欲しいところでしたが。。。

先日も指摘しましたように、長期金利の上昇がボディーブローのように株価にきいてくる可能性は否定できません。FRBのバーナンキ議長の言動から、ニューヨーク市場では「米政策金利の打ち止めはまだ先」との感触が強く、中期調整局面入りを心配する声もきかれます。もし、ニューヨークが大きく調整するようであれば、東京市場も調整を余儀なくされる可能性があります。

同時に金利上昇となれば、今のうちに対策を講じておくことが求められます。株式投資で大切なことは、お金の流れがどこへ向かっているかを正確に捉えることです。多くの投資家は銘柄や材料を重視しがちですが、本当は「お金の流れ」が一番大切です。いかに良い銘柄でも、いかに良い材料でも、市場からお金が流出していけば株価は下がります。

その次に大切なのが「売買タイミング」です。

そこで今後の対策ですが、経済的与件の変化の兆候が現れたときは、それに対応して戦略を変えていきます。まず金利の上昇に備えて行うことは、
■投資資金を目いっぱいつぎ込まないこと。
■「カラ売り」のできる体制を整えておくこと。
■そして、金利に強い銘柄を選択しておくことです。
以前にお話しましたが、金利の上昇に強い銘柄は「有利子負債ゼロ」の銘柄でしたね! 

相場が下げることを極端に嫌う方がいらっしゃいますが、ターンニングポイントの判断さえ間違わなければ、それは大きなチャンスです。


クリックをお願いします。

FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今週の投資シミュレーションはこちらです。

「紺色のグラフ」は先行指標、「黄色のグラフ」は一致指標、「ブルーのグラフ」はトレンド線、「ピンクのグラフ」は超先行指標を示します。

PGGIH
最初の銘柄は「パシフィック・ゴルフグループ・インターナショナル・ホールディングス」(PGGIH)です。
グラフの推移をみて見ますと、先行指標が一致指標を上に突き抜けてGCとなっています。この時にトレンド線が上昇局面に入り、3本のグラフが同調して上昇すると積極買いのチャンスとなります。超先行指標が下降し始めていますが、もう一押し(1日か2日の押し)か、それともこのまま上昇トレンドに乗るか、いずれにせよ、トレンド線が上昇した場合は完全陽転となります。

この分析結果は「超短期投資分析表作成マニュアル」を使っています。「分析表」に日々のデータを入力すれば、絶好の「買いサイン」現れます。たとえ、株価が下落しても、分析指標が陽転すると、株価は上昇トレンドに入って行きます。

初心者の方でも、最適な売買タイミングが一目で分かります。
自慢の完全フォローでご安心ください。
     ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます。
秘密の情報源と言われる程の内容じゃありませんが、
これからも宜しくお願い致します☆
2006/04/20(木) 07:01:16 | URL | れいれい #-[ 編集]
トラックバックが貼られている自分のブログから来ました。文字数多くてすごいですね。
2006/04/21(金) 23:26:26 | URL | あさね坊 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/195-e7f14628
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。