株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゼロ金利継続にも市場の反応は一時的!
日銀金融政策決定会合はゼロ金利継続を決定。
さて相場への影響は?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご好評の「超短期投資分析表作成マニュアル」を使った「株価分析シミュレーション」を掲載中。

注目の銘柄をレポートしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


昨日の東京市場は、日経平均ベースで150円以上も下落しましたが、日銀金融政策決定会合で「ゼロ金利継続」が伝わると切り返し、一時プラスに転じる場面もありました。しかし、結局38円45銭安で引けました。

一昨日以来指摘してきましたが、弊社テクニカル分析で陰転していることと、先物の不穏な動きから、今後の相場を心配していますが、目先の調整を余儀なくされる心配は、昨日プラスから押し戻されてマイナスで引けた相場の動きで裏づけられました。さらに、先月の3月20日から立会日ベースで15日間続いた寄付き前の外資系証券注文状況の買い越しも、昨日ついに売りに転じました。

このような時は、個人投資家としてはどのようなスタンスで臨んだらよいのでしょうか?まず、ここから買いに入ろうとしていた方は新たに買うことは控えるべきです。もし、信用口座を開設されていないのでしたら、「休むも相場」という格言を思い出してください。

信用口座のある方は、「山高ければ谷深し」の格言にならって買われすぎた銘柄をカラ売りすることを考えてみてはいかがでしょうか。「カラ売り」は気持ちのよくないものですが、買いよりも案外簡単に取れるものです。

とは言うものの、中・長期的に上昇トレンドが変化したわけではありませんので心配はいりません。それでも、目先のトレンドを利用して往復で儲けられれば最高です。片道なら含みの利益を守りながら相場の流れに逆らわないことです。

これからは、損をしないこと、そして、往復で儲けることです。



クリックをお願いします。

FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご好評の分析シミュレーション結果はこちらです。

 「ネットワン
4月4、5日に「ネットワン」の「目先底値の包み陽線は上昇シグナル」、というお話をしましたが、「超短期投資分析表作成マニュアル」でも時を同じくして、一致指数が上昇シグナルを現しました。しかし実際は、この分析結果があったからこそ「底値の包み陽線」を見つけ出すことができたというのが本当のところです。今後、一致指標が先行指標を下回る瞬間が売りサインとなります。そのタイミングは、10日以降終値ベースでマイナスで引けた時です。そこで、多少深押しすると目先調整となるか、1、2日休んだ後再度高値を獲りに行く2つのパターンがあります。

この分析結果は超短期投資分析表作成マニュアルを使っています。「分析表」に日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり現れます。たとえ、株価が下落しても、分析指標が陽転すると、株価は上昇トレンドに入って行きます。

初心者の方でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。
充実の完全フォローでご安心ください。
     ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/187-451d5b4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。