株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誰も明かさなかった驚異の急騰パターンとは?
長期投資・短期投資に関係なく儲かる驚異の急騰パターンを
あなたはご存じですか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

《株式投資を10倍成功に導く無料レポート》
株式投資で結果を出せていいない方、これから始められる方、今よりさらにもっと利益を
上げたい方に是非お勧めです。
株式投資の実力アップに最適の無料レポートはこちら。
   ▼▼▼▼▼
株式投資【虎の巻】
稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


今回ご紹介する株価急騰パターンを知れば、あなたが短期売買を得意としているか、長期売買を得意としているかに関係なく儲かる筈です。

その急騰パターンを説明するために、東証一部5476の「高周波」を例としてご紹介いたします。
まず、チャート・ブックかヤフーのファイナンスで、東証一部5476の「高周波」をご覧ください。

先ほど短期売買の方も、長期売買の方も関係なく儲かるパターンと言いましたが、ご覧のチャートの「日足」および「週足」に特徴的なことは、前回ご紹介した「押し目をつくってから急騰」するパターンとは異なり、「踊り場」をつくりながら「急騰」する形です。
この形ですと比較的長く株を持っている方も嫌な思いをしなくて済むので、安心して持続でき、しかも大きな利益につながります。

ところで、このパターンはいつまで続くのでしょうか?
これは、「エリオットの波動論」で解決できます。
「エリオットの波動論」をご存知ない方のために、今回の分析に必要な部分のお話を
しますと、株は「上昇→下降(踊り場)→上昇→下降(踊り場)→上昇→下降(踊り場)」(日足)をワンサイクルとして。これを三回繰り返します。
本当は、もっと緻密なのですが、今回は概略の説明にとどめておきます。
目的は、あなたがこの急騰パターンを利用して儲けることですから。

それでは、良いパフォーマンスを!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あまりにも結果が出すぎるので、
公開するのをためらいましたが・・・
適確な売買のタイミングを把握するのに最適なツールです。
     ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/18-7e10df0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。