株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
株価シミュレーション分析結果 《 7/10-14 週 》
下げても利益を得るための柔軟な投資戦略とは?

ご声援(クリック)をお願いします。
 FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この分析結果は 超短期投資分析表作成マニュアル の一部を改変して提示しております。本マニュアルは更に詳細な分析法を採用しておりますが、購入者利益保護のためご了承下さい。尚、投資は自己責任であることを御了承ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 7/10-14 週 超短期投資シミュレーション結果 》 

紀文フードケミカル

■グラフはある計算式による「分析指標」をもとに作成されています。グラフの指標は先行指標(紺色)、一致指標(黄色)、遅行指標(ブルー)、超先行指標(ピンク)の4種類です。■先行指標(紺色)と一致指標(黄色)のグラフは一時上昇波動に乗り「買いサイン」示現かと思われましたが遅行指標(ブルー)のグラフは一貫して下がり続け「買いサイン」が示現していません。■株価が7月5日に25日移動平均線を割ってからは一貫して下がり続け、シミュレーション分析グラフで追跡しています。いつ陽転してくるかと監視し続けてきましたが、先週末の14日まで「買いサイン」が示現することなく大幅な下げを演じています。■基本的には、25日移動平均線を割った時点で買い銘柄から外すことが投資戦略となります。詳しく流れを見て行きますと、7月7日と10日に上昇のチャンスがありましたが、25日移動平均線を下回っている銘柄については、むしろ追加の「売り場」のサインを探る方に意識を変えないと痛い目にあいます。■一部の銘柄では、25日移動平均線を株価が割ってから反騰し再度上昇波動に乗る場合もありますが、多くの銘柄は、この紀文フードケミカルのように、カラ売り銘柄として戦略転換していくことで利益を出すことが可能となります。冷静に柔軟な発想の転換を探りましょう。


超短期投資分析表作成マニュアル に日々のデータを入力すれば、陽転陰転がはっきり現れます。初心者の方でも簡単に「売買のタイミング」がつかめます。

充実のサポートでご安心下さい。



ひまわり証券

ひまわり証券
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
株式投資には戦略が欠かせません。ご自分の株式投資スタイルを確立されたい方にはこちらがオススメです。

ゼロから始める稼ぐ株式投資家養成講座

キッチリ実践すれば!【なかなか失敗できない】楽々投資家成功法!超速マスターコース


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
他の銘柄の株価シミュレーション結果もご覧になれます。
        ▼▼▼▼▼
超短期投資分析シミュレーション結果 《 目次 》

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/177-4656710d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。