株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
下降波動の最中、外人投資家の戦略とは?
日銀ゼロ金利政策の行方に模様眺めの相場展開。
下降トレンドの最中に、浮かび上がる外人投資家の次なる戦略。
表面的な相場動向に隠された実情を把握できていますか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎週月曜日に、ご好評の 超短期投資分析表作成マニュアル を使った「超短期投資分析シミュレーション結果」を更新中。前週の注目の銘柄を例題に、株価動向の解説と投資戦略についてレポートしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


外資系証券会社の寄付き前の注文状況は7月5日から13日まで連続売り越しです。6月14日に底をつけてから上げてきた株価が、目先の下降トレンドに入ってきたのが丁度7月5日です。5日から7日連続の売り越しですが、それに同調して株価も下降2波動を形成しました。下げの途中で、7月10日に246円高を演じた時のザラバ安値15,080円が12日までの安値でしたが、13日にザラバで一時下回ってきました。これで、エリオットの下げの2波動が完結、後はどこで下げが止まって反騰するかが焦点となります。

アナリストによって、今後の動向予測が2極分化しており、プロでも読みにくい相場状況となっていることは事実です。週毎に公表されている外人投資家の売買動向は、13日の発表で買い越しとなり、2週連続の買い越しです。先程お知らせした寄付き前の売買動向と矛盾しているわけですが、これはいったいどういうことなのでしょうか?

反対に個人は売り越しています。この、一見矛盾した内容も、表面上は外人が売っているように見せかけて、実は、安く売りたたいてきた個人の玉を下でじっくりと拾っている姿が見えてきます。これを考慮すると、いったんは上昇波動に乗せることは、十分予測できます。

問題は、上昇はに入ってから10日の高値15,555円を抜くことができるかが、第一のポイントとなります。もし、10日の高値を抜くことができずに下げますと、今度は下降3波動を形成してしまい、中期下降波動を覚悟しなければならなくなります。その時は、6月14日の14,046円を下回らないことを祈りたいところです。

できれば、次の上げで10日の高値15,555円を抜き、更に4日の高値15,710円を抜いてほしいところです。そうなりますと、強気派のアナリストの17,000円台の可能性も見えてくるところです。

さて、あなたはどのような戦略をたてますか?


ご声援をお願いします。

 FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 7/3-7 週の超短期投資分析シミュレーション 》

銘柄

今週の個別銘柄シュミレーションは先週からの継続分析です。
ごまかしの通用しない厳格なテクニカル分析!
分析指標では明確に。。。


■ 過去の他の銘柄の分析シミュレーションもご覧頂けます。
  上記銘柄の解説ページからアクセスできます。


この分析結果は 超短期投資分析表作成マニュアル を使っています。日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり示現し、初心者の方でも売買の最適タイミングが一目で分かります。


充実のサポートでご安心下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/173-ddb39e6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
エリオット波動エリオット波動(えりおっとはどう)とは、R・N・エリオットが確率した、株式投資についてのテクニカル理論。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL
2007/04/07(土) 04:07:37 | 株式用語最新ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。