株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに高値更新なるも高値つかみにご用心
東京市場、ついに2月6日のザラバ高値を大幅更新。
しかし、高値掴みには要注意!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご好評の「超短期投資分析表作成マニュアル」を使った「株価分析シミュレーション」を連載しています。

注目銘柄をレポートしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


ここ再三にわたり話をしてきましたが、ついに2月6日のザラバ高値を大幅更新しました!

前日のニューヨーク市場が、FOMC議長のバーナンキ氏の声明で「次回の利上げ打ち止め示唆に欠ける内容」を受けて大幅に下落したことで、東京市場も売り先行で始まりました。ところが、反面「米国の利上げ打ち止めなし」の政策で、米国金利の高止まりから円が売られました。「円安」を好感した資金が輸出関連株を買い上げ、多くの銘柄が追随する形で大幅高を演じました。

出来高も19億6584万株ともう少しで20億株にとどくまずまずの内容でしたが、見方によってはエネルギー面でも、材料面でも、今一歩ここから買いあがるには新しい「テーマ」が欲しいところです。

実質的に新年度入りしたことから、投信の設定や年金資金の流入など、需給面では改善がみられ期待はできます。しかし、例によって「高くなると買いたくなる方」は高値掴みに注意して望んでください。

ただ、客観的に見ていますと、銘柄の二極化が顕著になっています。全体が調整する中でも、右肩上がりに上昇トレンドまっしぐらな銘柄があります。一方で、大きく出遅れているどころか、押して帰らずの銘柄が見受けられます。その意味からすれば、大きく伸びた高値買いは慎まなければなりませんが、「高くなった銘柄ほど買われ、安い銘柄ほど放置される」ことも確かです。

慎重に銘柄を選択して高値をつかまない「分析力」が貴方を勝ち組に押し上げるでしょう。安い銘柄が大きく値を飛ばすようであれば、そのときは相場の末期と心得てください。


クリックをお願いします。

FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今週の分析結果はこちらです。
紺色のグラフは先行指標、ピンク色のグラフは遅行指標です。

フジテレビ
紺色グラフの右寄り「谷」の時点が3月9日終値269000円。この時、ピンクのグラフと紺のグラグが上向き同調しています。このようなパターンでは、株価が力強く上昇します。今後、前日比マイナスで引けたら目先の利食いとなります。
    ▼▼▼▼▼
超短期投資分析表作成マニュアルを用いてこの時点で押し目の「買いタイミング」を測り、「買いシグナル」が示現したところで買えばバッチリです。

初心者の方でも、売買の最適タイミングが一目で分かります。
充実の完全フォローでご安心ください。
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/162-66ab7ced
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。