株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NY株式市場大幅安!東京市場の今後の懸念材料は??
インフレ圧力と景気停滞を嫌気し、NY株式市場は大幅安。
東京市場、今後の懸念材料は?
直近の最注目材料とは?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎週月曜日に、ご好評の 超短期投資分析表作成マニュアル を使った「超短期投資分析シミュレーション結果」を更新中。前週の注目の銘柄を例題に、株価動向の解説と投資戦略についてレポートしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


6月の雇用統計が発表され、非農業部門の伸びが前月比12.1万人と事前予想を下回ったことと、平均時給が上回ったことで、7月7日のNY株式市場はインフレ圧力と景気停滞が同時進行していることを嫌気し、ダウ、NASDAQとも大幅安となりました。シカゴ日経先物は15,185円と大証先物よりも155円安く引けています。

これを受けて10日の東京市場は安く始まりそうですが、果たしてこの押しがどこで止まるかが今週のポイントとなりそうです。第一関門は6月28日の安値14,824円です。ここを下回りますと、第二関門は6月21日14,483円となります。もし、今週の早い時期に一度反発し、再度下げて、最終的には6月14日の安値を割らなければ、2番底確認となり、今後の相場はテクニカル的に大きな期待を持てると思われます。

しかし、北朝鮮の地政学的諸問題による原油高、インフレ懸念、景気指標等の悪材料が長期的に払拭されないと、3番底確認に動く可能性も残されています。 超短期投資分析表作成マニュアル をお使いの方は、この点を念頭に置いて分析指標に示現する市場のシグナルに注意してください。

直近の注目点は7月13、14日の日銀金融政策決定会合で懸案のゼロ金利解除が決定されるかという点です。注目しておきましょう。

先週の個別銘柄シュミレーション分析結果は先々週からの継続分析です。変化を確認できます。


クリックをお願いします。

  FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 7/3-7 週の超短期投資分析シミュレーション 》

銘柄

今週の個別銘柄シュミレーションは先週からの継続分析です。
ごまかしの通用しない厳格なテクニカル分析!
分析指標では明確に。。。


■ 過去の他の銘柄の分析シミュレーションもご覧頂けます。
  上記銘柄の解説ページからアクセスできます。


この分析結果は 超短期投資分析表作成マニュアル を使っています。日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり示現し、初心者の方でも売買の最適タイミングが一目で分かります。


充実のサポートでご安心下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/161-f35918f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。