株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
対立する相場観に決着!対策は万全ですか?
「包み陽線」と「エリオットの波動論」の綱引きに一応の決着。
今後の動向分析と対策はできていますか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎週月曜日に、ご好評の 超短期投資分析表作成マニュアル を使った「超短期投資分析シミュレーション結果」を更新中。前週の注目の銘柄を例題に、株価動向の解説と投資戦略についてレポートしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


現在のNY市場は、金利引き上げ打ち止め観測が一時台頭して大きく戻した後、「スタグフレーション」の懸念がにわかに浮上してきたことが原因で、もたついています。「スタグフレーション」とは、スタグネーションとインフレーションの合成語です。スタグネーションとは、経済が停滞して発展しないことですが、リセッションまではいっていない状態をいいます。また、インフレーションは、誰もがご承知のとおり物価が限度以上に上昇することをさします。

このところのNY市場は、スタグフレーションに敏感に反応する動きが顕著です。アメリカの経済の方向性がはっきりとしないと、上昇できないのが現在のNY市場と言えます。東京市場もその影響を受けて、もたついている格好です。

テクニカル的には、昨日指摘した「包み陽線」と「エリオットの波動論」の綱引きでしたが、結果的にエリオット波動論に軍配が上がったようです。かといって、チャート理論よりエリオット波動論の方が優れているというわけではありません。今回は、未調整部分が11日の下げに示現したという見方が正しいと言えます。

これで、エリオットの下降第二波動が確定しました。これから反発した場合には、短期上昇第一波動となり、中期の上昇波動を形成していくことになります。 超短期投資分析表作成マニュアル をお使いの方は、シグナル示現の瞬間に備え、6対4でポジティブにマインドと資金の準備をしておきましょう。


クリックをお願いします。

  FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 7/3-7 週の超短期投資分析シミュレーション 》

銘柄

今週の個別銘柄シュミレーションは先週からの継続分析です。
ごまかしの通用しない厳格なテクニカル分析!
分析指標では明確に。。。


■ 過去の他の銘柄の分析シミュレーションもご覧頂けます。
  上記銘柄の解説ページからアクセスできます。


この分析結果は 超短期投資分析表作成マニュアル を使っています。日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり示現し、初心者の方でも売買の最適タイミングが一目で分かります。


充実のサポートでご安心下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/152-98d21fb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。