株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4日ぶりの反騰に、対立する今後の相場観とは?
245円以上の大幅高を演じた東京株式市場。
今後の株価動向について、「エリオットの波動論」対「包み陽線」の一騎打ち!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎週月曜日に、ご好評の 超短期投資分析表作成マニュアル を使った「超短期投資分析シミュレーション結果」を更新中。前週の注目の銘柄を例題に、株価動向の解説と投資戦略についてレポートしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


インフレ懸念と経済停滞の指標を嫌気して、7月7日のNY株式市場は大幅安。これを受けて、10日の東京株式市場は日経平均ベースで150円以上安く寄付きました。しかし、大きく売り込む動きは見られず、後場からは日銀のゼロ金利解除を先取りした買い物が入り、さらに5月の機械受注統計で船舶、電力を除く民需の受注額(季節調整済み)は前月比2.1%減と、事前の予測を下回ったことも好感され、245円以上高く引けました。

10日の日経平均の日足チャートをご覧になっている方は、大きな陽線が前3日の下げ幅を包んでいることを確認されていると思います。このような陽線が示現した時は、(大底圏でも言えるのですが)その後の大幅上昇を暗示している、というのがチャーチストの一般的な見方です。日経平均の日足チャートでは、3月9日が良い例と言えます。

エリオットの波動論では、中期第1波動が7月4日に終わり、その後短期の下げ第2波動に入っています。この下げの波動を踏んでから上昇となることも考えられます。今週は7月4日のザラバ高値15,710円を抜いてくれば、今後の上昇トレンドを確認できます。それと同時に、7月13、14日の日銀金融政策決定会合のゼロ金利政策解除の結果を意識しながらの相場展開が続くことになります。

果たして、チャーチストのテクニカル分析通り、エリオットの第2下降波動を待たずに上げに入るか?
それとも、もう一度下降波動を踏んでから反転上昇に入るか? 

難しい判断を迫られますが、 超短期投資分析表作成マニュアル をお使いの方は、市場の発するサインをそつなく拾えれば、面白い展開となってきそうです。

あなたはこの局面にどう挑みますか?
それともここは無難にだんまりを決め込みますか?


クリックをお願いします。

  FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 7/3-7 週の超短期投資分析シミュレーション 》

銘柄

今週の個別銘柄シュミレーションは先週からの継続分析です。
ごまかしの通用しない厳格なテクニカル分析!
分析指標では明確に。。。


■ 過去の他の銘柄の分析シミュレーションもご覧頂けます。
  上記銘柄の解説ページからアクセスできます。


この分析結果は 超短期投資分析表作成マニュアル を使っています。日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり示現し、初心者の方でも売買の最適タイミングが一目で分かります。


充実のサポートでご安心下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/134-875e3f91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。