株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目先調整局面!今後の相場の読みは?
予定どおりの目先調整局面!
今後注意しなければならない事とは?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
好評の株価分析シートを公開しています。
     ▼▼▼▼▼▼
     ソフトバンク
今回は「紺色グラフ」が「先行指標」、「ピンク色」は「一致指標」、「黄色グラフ」は「遅行指標」です。

超短期投資分析表作成マニュアルの分析では、全てのグラフが上昇トレンドで同時に同調した時がベストの売買タイミングであることが分かります!

■■ 超短期投資分析表作成マニュアル ■■

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


昨日の東京市場は、年度末特有の事情(年金資金の益だし売り)とその動きに乗じた先物の断続的な売りに押されて222円安で目先調整局面が顕著でした。弊社分析表指数でも、3月13日(16361円)「指数91.57」⇒3月14日(16238円)「指数86.27」⇒3月15日(16319円)「指数72.61」⇒3月16日「45.82」と下降バイアスを辿っています。

ここで、これからの投資で注意しておかなければならない、注意事項を貴方と一緒に注意しておきたいと思います。

相場は、節目節目で大局的な株価の方向性が大きく変化します。その大局的な流れを理解しないまま盲目的に投資すると、大きな損失を蒙る危険性があります。このブログでは、いつも日経平均の分析を中心にお伝えしておりますが、それは全体指標に逆らって投資すると痛い目に会うことが多いからです。

まず、この目先調整がどこで止まるかが重要です。25日移動平均線は昨日の時点で15999円ですが、ここを下回らないことが今後大きく飛躍するための第一条件です。さらに、下値支持線15680円どころを割ってきた場合は、3月8日安値15553円を割らないことが大切です。ここで止まれば相場は、ある程度ボックス圏で動いてから上放れも期待できます。

しかし、ここを割ってきた場合には、目先調整という認識は捨ててください。少なくとも2・3ヵ月の調整も覚悟しなければなりません。最低でも下値支持線で止まって欲しいものです。

希望的観測ですが、ファンダメンタルズが良好な日本経済ですので、心配はいらないと考えます。



クリックをお願いします。

 FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
月曜にはまた、株価分析シートを公開します。
来週はどんな銘柄が出るのか? お楽しみに。。。
     ▼▼▼▼▼▼
     ソフトバンク

買い、売りのポイントが判断できれば稼げます!
      ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/122-77196803
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。