株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
儲けるために、押さえておきたい大底シグナル
週末の東京株式市場は、見事な切り返しで陽線で引けました。
大底シグナルを読み取れますか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

売り、買いのポイントが判断できますか?
売買ポイントを適確につかむと短期の資産倍増も可能です。
初心者の方でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。
充実の完全フォローで、ご安心ください。
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


週末の東京株式市場は、見事な切り返しで日経平均、TOPIXともプラス陽線で引けました。相場が今までのネガティブ・トレンドからポジティブ・トレンドへ移行したことを如実に物語っていました。多くの投資家が買い主体であるため、この流れに安心感を与えてくれました。しかし、まだ病み上がりの体です。油断をするとまたぶり返すこともありますので、調子に乗らず慎重に行動しましょう。

今回は、相場の大底で示現する日足チャートの形状についてお話したいと思います。日本の罫線(チャート)は、昔の米相場の日記帳から発展してきました。それを現在のテクニカルのような価格予測まで発展させたのは、本間宗久という人でした。宗久は日足の罫線の組合せで将来の株価の動きを確率高く推測する術をあみだしていきました。現在、株式相場で使われている日本式チャートは米相場の罫線から発展してきたものです。

そこで、チャートの相場の転換点をあらわす重要な局面には、「はらみ線」「被せ(陰)線」「包み足」「三尊」などの日本的な名称がついています。今日の大底を暗示するチャートの形状は、3日間の日足を観測することで推測できるシグナル、つまり大底から反転上昇へ向かう動きを説明したものです。

まず、長きに渡って下げつづけた相場が、さらに投げを伴なって(出来高を伴なって)大きな陰線をつけた次の日に、「下マド」を空けて寄り付き、その日は寄り引け同値の十字で引けます。3日目には反転「上マド」を空けて陽線で引ける形が現れた時、この3日間の罫線の推移パターンから判定して、米相場の昔から相場の転換点「絶好の買いシグナル」とみます。大底に現れた「十字」の日足が、明日の相場の明るい上昇を示すことから、この十字足を「明けの明星」と呼んでいます。

それにしても、昔の相場に携わる人は、罫線にも名称をつけてしまうような「遊び心」というか、何か心の余裕を感じますね。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたの株は「塩漬け」になっていませんか?
株式投資で短期に大きく儲けるための要件は時間と上昇率です。
最短期間で投資を繰り返し、連勝で資産を増やましょう!
初心者の方でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。
充実の完全フォローでご安心ください。
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/118-fdcbb9f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。