株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ゼロ金利離脱」へ向けての投資戦略とは?
「量的緩和解除」の次は「0金利離脱」
あなたの取るべき投資戦略とは?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご好評の「超短期投資分析表作成マニュアル」を使った「株価分析シミュレーション」を掲載中。

注目の銘柄をレポートしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


先週末に、日経平均ベースで上値抵抗線と25日移動平均線をクリアーした東京株式市場は、様々な重石が除かれました。週末のニューヨーク市場も堅調に推移したことを好感して、3連騰と大幅に値を戻しておりますが、出来高や売買代金総額ではエネルギー不足の感を否めません。今後、押し目をつくった時、25日移動平均線を下回らなければ、上昇トレンド入り確認となります。

ところで、「量的緩和解除」を決定した日銀は、当面「ゼロ金利政策」は継続の方針を打ち出しています。しかし、企業業績では最高益更新企業の続出、消費者のマインド調査ではバブル時と同様の購買意欲の向上と、経済が過熱する素地は十分あります。このことは、デフレからインフレに移行していく前兆ともとれるのです。

「ゼロ金利継続」で金利上昇はまだまだ先のことのように見えますが、投資家としては半年先、更に1年先のことまで考慮した戦略を立てなければなりません。そこで、「経済的与件の変化」とは何でしょうか? それは、「ゼロ金利離脱」つまり「金利上昇」です。

一般的に、金利の上昇は株式市場にとっては最大の敵ですが、「ゼロ金利」が継続している現在、将来を見越して買える株とはどんな銘柄でしょうか? 基本的には、ズバリ金利が高くなっても影響を受けない銘柄です。

そこで、個別銘柄の選択で強力な威力を発揮する「会社四季報」を利用しましょう。【財務】の欄の「有利子負債」の項目をご覧になり、できれば「ゼロ」の企業を見つけ貴方の注目銘柄に入れておくことをお奨めします。

きっと、貴方の投資にお役に立てる銘柄です。


クリックをお願いします。

 FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
貴方はどんな銘柄に注目しますか?
買い、売りのポイントが判断できれば稼げます。

好評を頂いている株価分析シートを公開しています。
        ▼▼▼▼▼▼
        ソフトバンク
今回は「紺色グラフ」が「先行指標」、「ピンク色」は「一致指標」、「黄色グラフ」は「遅行指標」です。

超短期投資分析表作成マニュアルの分析では、全てのグラフが上昇トレンドで同時に同調した時が一番の売買タイミングであることが分かります!

■■ 超短期投資分析表作成マニュアル ■■

いちかばちかでは勝てません!
確かな戦略で望めば、短期での資産倍増も可能です。
デイトレで大やけどする前に
    ▼▼▼▼▼
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodred.blog35.fc2.com/tb.php/117-d97c5c97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。