株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悪材料に反応する東京市場の健全性
東京市場下落。はたして上昇トレンドを堅持できるか?
今週末から来週にかけての動きに注目。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あなたはせっかくの投資チャンスを逃していませんか?
「テクニカル分析」を使いこなせれば利益倍増です。
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


昨日の東京市場は、日経平均ベースで240円97銭安と大きく値を下げました。

■先日のニューヨークの大幅安を受けて始まった東京市場でしたが、シカゴ日経平均が、大証に比べて245円安く終わったこと。
■東京外国為替市場では、1ドル=115円台後半の円高に振れたこと。
■外国証券の寄付前の注文状況は、「売り5280万株 買い3610万株」の大幅売り越しだったこと。
■ネット検索大手グーグルが先行きの業績不安を発表し、検索ポータルサイトの公告収入のビジネスモデルでは今後発展は望めず、新しいビジネスモデルを必要としたこと。
■量的緩和策の解除時期を探る意味で3日に発表される1月の全国消費者物価指数を見極めるるため買い見送りになったこと。

など、買い上がる理由がない上、このところ4連騰で利益確定の売りが出やすく、程よい押し目が欲しかったところで素直に下げたことは、力ずくで相場を上げる過熱した内容ではないだけに、長期安定的な上昇を期待させる内容でした。

今後、前の安値15389円を割らずに、目先の調整を終えて再度反騰態勢を作ってもらいたいものです。果たして上昇トレンドを堅持できるか、今週末から来週にかけてが大きく飛躍するための試金石となります。

もし、前回の安値を下回ることになりますと、中期調整局面に入ってしまいます。ここのところは、無理に買い向かわず、逆にチャンスがあれば「売り」を仕掛けるのも一興といえます。

「テクニカル分析」により株価変動をしっかりと把握して、次のチャンスを待ちましょう。多くの株式投資家が利用している「テクニカル分析」は、売り・買いのポイントを的確に判断し利益を増大させる投資ツールの「定番」です。
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル



クリックをお願いします。

 FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あまりにも結果が出すぎるので、
ちょっと公開をためらっていましたが・・・
この方法で実践すると!?
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル
 
いちかばちかでは勝てません!
    ▼▼▼▼▼
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

【稼ぐ投資家】になりたいですか?
    ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
株式市場は規制を嫌う
「投資ファンドの短期売買に対して一定の規制を設ける方針」
お金は不自由や拘束されることを好みません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《受講生募集!》
    速効! 稼ぐ投資ノウハウを身につける
    ~株式投資・インターネットスクール~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


お金は不自由や拘束されることを好みません。お金は増殖しようと市場に参入してきた時、「あれしちゃだめ」「これしちゃだめ」「こうしなさい」という規制をかけられ、増殖を妨げられることも嫌います。

現在のキャピタルゲイン課税は利益の10%ですが、もしこれが20%になったらどうでしょうか? 今の税率は株式市場活性化のための「時限的措置」ですので今後20%になることも十分考えられます。そうなった時は、相当の資金が株式市場から逃げ出すことでしょう。お金は、少しでも有利な増殖環境を求めて世界中を駆け巡っています。

今の東京市場は、お金が増殖する良い環境なのでドンドン流入しています。これは、日本経済がデフレから脱却して成長軌道に乗っているからと言う理由だけではありません。税率と同時に活動しやすい環境があるからです。

「投資ファンドの短期売買に対して一定の規制を設ける方針」と報じられたことは、自由に活動したい「お金」が逃げ出していくことにつながりかねません。しかし、一方では、力ずくで相場を操作しかねない大量の投機マネーに対して、公正な取引を促すことも必要であり、難しい問題です。また、政治的には自由ではありませんが、経済面での規制が緩和された中国では、マネーが大量に流入し経済発展していることは周知の事実です。

お金は増殖する自由を奪う市場からは逃げ出し、自由を与えてくれる市場を求めて移動して行きます。少なくとも、東京市場は、公正かつ自由な市場であって欲しいものです。

貴方も、貴方のお金が自由に活動できる市場を探して、仲間のお金と一緒に行動させてあげましょう。大きく育って帰ってきますよ。


クリックをお願いします。

 FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
売り、買いのポイントが的確に判断できますか?
ポイントをはずすと資産激増は望めません!
客観的な分析法はこちら。
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。