株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第2関門通過!もう一段上げなら中期騰勢確認
新日鉄がボックス相場を上放れしました。
あなたなら、今後の相場展開をどう読みますか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

売り、買いのポイントが判断できますか?
初心者の方でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。
充実の完全フォローで、ご安心ください
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


昨日取り上げました新日鉄が、出来高を伴なって上昇。昨年9月28日からのボックス相場を上放れ、23円高と仕手株なみの上げを演じました。

新日鉄のような大型株が仕手株並みの動きを見せる相場は、昨日も申しまたように、並々ならぬものを感じます。今後の相場の牽引役として更なる活躍を期待したいものです。日経平均も25日移動平均線を辛うじて抜けて、上値抵抗線クリアーの第1関門に続き、第2関門もクリアーしてきました。

できることならば、中期騰勢を確実にするために、もう一段の上げを期待したいところですが、主力となる銘柄「ソニー」「ドコモ」「トヨタ」「ソフトバンク」などが今一歩振るわない内容です。今後これらの銘柄が騰勢を示せば、「新日鉄」が一服しても循環的な流れが出来上がりますので期待が待てるところです。

一方、ここまで日経平均を押上げてくるなかで相当のエネルギーを要しています。この辺からは、いつ目先一服となってもおかしくない領域に入ってきました。押し目を作るにしてもあまり深押しせずに、反騰態勢を作れるような休憩を望みたいところです。次の大幅上昇のための休憩は近いかも知れません。

スウィング・トレイドの方は目先利食いの準備を怠りなく。デイトレの方は、「剣の立った銘柄」の売りを狙うと一瞬にして大きく取れます。
    ▼▼▼▼▼
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

ただし、くれぐれも「短期テクニカル分析」をお忘れなく。
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

デイトレーダーも絶賛!
短期で利食いを繰り返せば短期資産倍増も可能です。
初心者の方でも最適の売買タイミングが一目でわかります。
短期テクニカル分析で勝負するならこちら。
アフターフォローは万全です。
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
スポンサーサイト
ボックス相場の「新日鉄」に要注意!
新日鉄の「ボックス相場」
大保合いの先にあるものは・・・?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたの株は「塩漬け」になっていませんか?
株式投資で短期に大きく儲けるための要件は時間と上昇率です。
初心者の方でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。
充実の完全フォローでご安心ください。
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


昨今の「新日鉄」の動きにただならぬものを感じるのは私だけでしょうか? これは私の感覚的な気持ちにすぎないので、誇張は避けたいと思いますが・・・。しかし、チョットその感覚の裏付けとなるお話をしてみたいと思います。

相場の格言に「保合い離れにつけ」とか「大保合いは大相場」というのを耳にします。保合いの中にも色々な場合がありますが、典型的なのは「三角保合い」といわれるもので、値幅の振れ幅が徐々に小さくなり「三角のフラッグ」のように見えるので「三角保合い」と言われるのでしょう。

ある時点を境に、この保合いが崩れて、抵抗線を破り上か下か大きく動き始めます。この時のことを「「保合い離れ」と呼びますが、もうひとつ見落としてはならないのは、俗に言う「ボックス相場」です。

「ボックス相場」とは、一定の幅で株価が上下して上にも下にも抜けない状態ですが、これも「保合い」の一種なのです。チャートをじっくりご覧になった方は気がつかれていると思いますが、新日鉄の「ボックス相場」は日足チャートでは昨年9月28日から続いています。これこそ大保合いで、この保合いを上離れてきたら面白いことになりそうです。テーマ性のある銘柄だけに、相場の牽引役になる可能性があります。

「大保合いは大相場」「保合い離れにつけ」と昔の相場師が経験の中から言ったように、もし私の感覚が正しければ、今後の新日鉄の動きは目を離せないものになるでしょう。

最近私の友人(株の達人)が面白い表現をしていましたので、ご紹介させて頂きます。彼曰く「株価の水準訂正の第二段が始まる」と・・・。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

売り、買いのポイントが判断できますか?
売買ポイントを適確につかむと短期の資産倍増も可能です。
初心者の方でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。
充実の完全フォローで、ご安心ください。
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル
 
いちかばちかでは勝てません!
デイトレで大きく稼ぐには「戦略」が必要です。
デイトレにリスクを感じている方は必見!
    ▼▼▼▼▼
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

【稼ぐ投資家】になるために
基礎から投資戦略を身につけたい方へ
    ▼▼▼▼▼
■ キッチリ実践すれば!【なかなか失敗できない】楽々投資家成功法! 超速マスターコース


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
儲けるために、押さえておきたい大底シグナル
週末の東京株式市場は、見事な切り返しで陽線で引けました。
大底シグナルを読み取れますか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

売り、買いのポイントが判断できますか?
売買ポイントを適確につかむと短期の資産倍増も可能です。
初心者の方でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。
充実の完全フォローで、ご安心ください。
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


週末の東京株式市場は、見事な切り返しで日経平均、TOPIXともプラス陽線で引けました。相場が今までのネガティブ・トレンドからポジティブ・トレンドへ移行したことを如実に物語っていました。多くの投資家が買い主体であるため、この流れに安心感を与えてくれました。しかし、まだ病み上がりの体です。油断をするとまたぶり返すこともありますので、調子に乗らず慎重に行動しましょう。

今回は、相場の大底で示現する日足チャートの形状についてお話したいと思います。日本の罫線(チャート)は、昔の米相場の日記帳から発展してきました。それを現在のテクニカルのような価格予測まで発展させたのは、本間宗久という人でした。宗久は日足の罫線の組合せで将来の株価の動きを確率高く推測する術をあみだしていきました。現在、株式相場で使われている日本式チャートは米相場の罫線から発展してきたものです。

そこで、チャートの相場の転換点をあらわす重要な局面には、「はらみ線」「被せ(陰)線」「包み足」「三尊」などの日本的な名称がついています。今日の大底を暗示するチャートの形状は、3日間の日足を観測することで推測できるシグナル、つまり大底から反転上昇へ向かう動きを説明したものです。

まず、長きに渡って下げつづけた相場が、さらに投げを伴なって(出来高を伴なって)大きな陰線をつけた次の日に、「下マド」を空けて寄り付き、その日は寄り引け同値の十字で引けます。3日目には反転「上マド」を空けて陽線で引ける形が現れた時、この3日間の罫線の推移パターンから判定して、米相場の昔から相場の転換点「絶好の買いシグナル」とみます。大底に現れた「十字」の日足が、明日の相場の明るい上昇を示すことから、この十字足を「明けの明星」と呼んでいます。

それにしても、昔の相場に携わる人は、罫線にも名称をつけてしまうような「遊び心」というか、何か心の余裕を感じますね。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたの株は「塩漬け」になっていませんか?
株式投資で短期に大きく儲けるための要件は時間と上昇率です。
最短期間で投資を繰り返し、連勝で資産を増やましょう!
初心者の方でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。
充実の完全フォローでご安心ください。
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
力強き「新日鉄」の動きに注目!
このところ「新日鉄」は連日連騰です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
祝! 女子フィギア荒川静香 金メダル! 
私たち相場のほうもこの調子で頑張りましょう!

キヘン@です。


シカゴ日経先物が大証比65円安の15995円で終り、ニューヨークも安く引け、更に急激な円高を受けて、安く始まった東京市場でしたが、一昨日発表された週間売買動向で外人が買い越しに転換しました。テクニカルでも陽転示現が確認できたことで、一時的に100円以上利食い売りに押されていた相場も、下値にはしっかりと買い物が入り最終的にはプラスで引けました。

先週は相場全体が冴えない中、主力では「トヨタ自動車」が一人気をはいていました。今回は、「新日鉄」の動きにただならぬものを感じます。

「新日鉄」の動きは、一日だけのマイナスを挟んで7連騰です。昨日の動きも、多くの銘柄が売り先行で始まるなか、前日終値を下回ることなく8円高とかなり腰の入った買いが入っています。相場全体が調整方向になっていても、これらの主力銘柄が、入れ替わり買われていることはとても頼もしいことです。

昨日の時点では、未だ目先陰転指標は出ていませんが、来週は「被せ陰線の前日比マイナス」で終わった時は目先調整となります。
適当なところで利食うことも考えましょう。

大切なのは、押し目を作った時に、先日も申しましたが前回の下値を下回らなければ積極買いでいきましょう。
下回った場合は、積極買いをしてはいけません。

銘柄によっても前回の下値を切る銘柄と切らずに再騰体制に入る銘柄とありますので、下値を切らない銘柄を選択されると良いといえます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

買い、売りのポイントが判断できれば稼げます!
     ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル 

いちかばちかでは勝てません!
     ▼▼▼▼▼
稼ぐデイトレテクニカルマニュアル
 
【稼ぐ投資家】になりたいですか?
     ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
ついに待望の株式相場陽転!
昨日、ついにテクニカルで陽転。
テクニカル分析で勝負どきは慎重に選びましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

速効! 基礎から稼ぐ投資ノウハウを身につける
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座


株式投資で勝ち続けるための無料レポート
   ▼▼▼▼▼
■ 株式投資【虎の巻】
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。

昨日やっとテクニカルで陽転しました!
この日を待ちわびていたのは、私だけではないと思います。ふり返って見れば、2月7日の陰線を契機にほぼ一貫して下げ続け、せっかく稼いだ今までの利益を失った投資家が多かったのではないでしょうか。

株式市場は「山あれば谷あり」。
安いところで買って高いところで売る。簡単に言えば、上昇か下降かの確率50%なのに、なぜ儲からない方が多いのでしょうか。

非常に多くの方が、「こんなにいい相場なのに、儲からないのでどうしたら良いのか」と質問されます。考えてみれば当然なのですが、株式投資は圧倒的に「買いオンリー」で臨んでいる方が多いのです。株は「山と谷」を繰り返す訳ですから、下げの波動の期間も買ったままただ下がるのを打つ手もなく見ていたり、中には買い向かったりする方もいるのです。それでは必ずババを引かされることになります。

わかりきっていることをなかなか出来ないのが人間。「上げ始め」と「下げ始め」をきっちりと判定できる「テクニカル分析」がなければ利益を出すことは難しいでしょう。
最適のタイミングをつかみ利益倍増!
  テクニカル分析の決定版
     ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル


ところで、今後はどのように対応すれば良いのでしょうか?

まず、上値抵抗線はめでたくクリアーでき、第一関門は通過しました。これで、一見相場の下げ止まりかに見えますが、そこは、株式相場のこと。。。
できれば25日移動平均線もクリアーしたいところです。

さらにより大切なことは、次の押し目で前の安値を下回らないことです。(これは買い方の気持ちで記述していますが、上げ下げ両方で利益を出すためにも、信用口座を持っておくことは重要です。)

できれば、テクニカル分析で売りでも利益をだせるようになりましょう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

《受講生大募集!》 
   速効! 基礎から稼ぐ投資ノウハウを身につける
    <株式投資・インターネットスクール>

講座内容のボリュームがあまりにも多いため、ステップを踏んで受講していただきます。お申し込み頂いた日から、3日間に分けてメールでお届けします。
    ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
混迷の市場!次期相場好転のサインとは?
外人投資家の買い戻るも、市場の方向いまだ定まらず!
次期を狙う、相場好転のサインを把握していますか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

《受講生大募集!》 
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座


  「この内容でこの価格?」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


昨日も残念ながら、日経平均ベースで上値抵抗線を上回ることができませんでした。今後の株価の動きが心配されるところですが、今日(23日)の動きも、今後を占ううえで大変重要な日になります。

昨日も、外国証券の寄付前の注文状況は「売り3100万株 買い5330万株」と連続の買い越しとなり相場には外人投資家買いが戻ってきたようにも思えますが、終わって見れば、日経平均は113円安と息の詰まりそうな展開が続いています。

今後の相場好転を占う上で、一旦、上値抵抗線を抜けておきたいところですが、昨日もクリアーできていません。

皆さんの中には、なぜ上値抵抗線にこだわるのか不思議に思われる方もいらっしゃると思います。株価は、ある一定の波動を描きながら上方向になったり下方向になったりする傾向があります。その際、下降トレンドの上限のことを上値抵抗線といい、下がる場合にはこの線に沿って上値が切り下がっていきます。ですから、この線を上に突き抜けるということは、そこから上昇波動に入ることを意味しているのです。

株価をよく観察していると、上がって行く時は下値が切り上がっていきますし、下がる時は上値が切り下がってきます。そこで重要なのは、上値の抵抗線を抜けることです。今まで切り下がっていた株価が上昇波動に入れば、次の押し目で前の安値を切ることは、まずないだろうと推測できるわけです。

今後の相場好転には、どうしても抵抗線抜けが欲しいところです。このまま抜けずに押したとしても、できれば前の安値を割り込まずに、再度抵抗線抜けにチャレンジして欲しいものです。

今日もザラバから目が離せません!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

《受講生大募集!》 
  速効! 投資ノウハウを基礎から学ぶ
  <株式投資インターネットスクール>

これから株式投資を始められる方、投資の基本を再確認したい中・上級者の方に最適の内容です。

講座内容のボリュームがあまりにも多いため、ステップを踏んで受講していただきます。お申し込みをいただいた日から、3日間に分けてメールでお届けします。
    ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座


株式投資で勝ち続けるための無料レポートです。
   ▼▼▼▼▼
株式投資【虎の巻】
稼ぐデイトレテクニカルマニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
急騰するも、今後の展開は要注意!
昨日の東京市場は今年2番目の上げ幅で取引を終えました。
さて、今後の相場の行方はどうなるのでしょうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

基礎から学ぶ、勝つための株式投資インターネット・スクール。
「この内容でこの価格?」
   ▼▼▼▼▼
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座


驚速投資実力アップ! 150%勝ち抜く無料レポートです。
   ▼▼▼▼▼
■ 株式投資【虎の巻】
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


昨日の米国市場はプレジデント・デーで休場でした。東京市場は「鬼の居ぬ間の洗濯」とばかり今年2番目の上げ幅で取引を終えましたが、さて今後の相場の行方はどうなるのでしょうか?

外人投資家はアメリカが休みでも、反騰体制作りに一役かっていました。外国証券の寄付前の注文状況は、売り4250万株 買い7040万株 となって10日ぶりに買い越しとなり、買い安心感を誘いました。

表面的には外人投資家の朝方買い越しで良かったのですが、それ以上に内容が伴なっていました。もうお気付きの方もいらっしゃると思いますが、外人投資家寄り前の買い注文数に注目してください。この7040万株です。

ここのところ売り越しが続いていましたが、その時の「買いボリューム」は平均3200万株でした。ところが今日だけでその倍近くの買いが入ったことになります。この傾向が数日つづくことが大切ですが、今日に関する限りでは腰が入っていました。

さて、今後ですが、457円高と今年2番目の上げ幅でしたが、テクニカルでは、ぎりぎりのところで残念ながら上値抵抗線を抜けておりません。また、指数分析では、先日申し上げましたが、本日(22日)が正念場となります。

とりあえず、ザラバで上値抵抗線をクリアー、できれば終値でもクリアーできていれば第一関門通過です。そうなりますと指数分析でも当然「陽転」してきますので短期的には上値をどこまで戻してくるかが問題です。

25日移動平均線を遥かに上回ってくればOKですが、必ずもう一度下げてきますので、その時、今回の下値を下回ってきた場合には、調整局面が長引きそうです。

短期小すくい、ポジションは多少ポジティブで対応です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

相株式相場を勝ち続ける真の実力を身につける
「この内容でこの価格?」
多くの感謝メールをいただいてます。
    ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座


買い時、売り時が分からなければ勝負になりません。
銘柄を絞り込んだら、勝負どきはこれで分析すればOKです。
《充実のサポートでお応えします!》
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

デイトレードのリスク回避はこの方法で!
    ▼▼▼▼▼
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
「夜明け前が一番暗い!」待つ勇気を持ちましょう!
東京株式市場は、調整局面の様相を呈してきました。
しかし、底を打つのは「誰もがもうダメだと投げた時」。
伏竜、天に昇る時を測り、美味しい利益を頂きましょう!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


昨日の東京株式市場は、外国証券の寄付前の注文状況 売り3320万株 買い2760万株 と9日連続の売り越しで相場の場味を悪くして始まりました。下げの勢いが止まりませんが、「底を打つのは誰もがもうダメだと投げた時」だと昔から言われています。

こんなコメントを書きますと、大きく評価損を抱えていらっしゃる方や、追証で苦しんでおられる方に叱られそうですが、以前にも指摘しましたように、買われ過ぎの状態はそう長くは続きませんので、現状で居心地の良いところまで下げたところが目先の底となります。これは、日足の視点からのお話ですので、週足では今後どうなるか見守って行きたいところです。

テクニカル分析では、本日以降大きく戻すところがあれば早めの「陽転」が望めますが、普通の流れでいきますと、22日から24日ごろにプラス転換しそうです。
反対にその時点で大きく下げるようですと、今週の陽転はお預けとなる可能性が残されています。一日ぐらいは大きくリバウンドする日があるかも知れませんが、たとえ戻したとしても、陽転確認までは積極的な買いは控えた方がよさそうです。

個別銘柄については、日経平均が陽転する前に、それぞれ個別に陽転換していくものがありますので、そのような銘柄は一本釣りできるかもしれません。
掘り出しものの銘柄が決まれば、儲けるための売買タイミングはこれで探せば、利益を最大化することも可能です。
   ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル
 《充実のサポートでお応えします!》


しかし、多くの銘柄はその他大勢で一斉に上げますので、そのタイミングを測っておくことは美味しい利益を頂くには大切です。

以前にも申し上げましたが、この調整が終りますと、今度は「業績相場」となりますので「ファンダメンタルズ」の良い銘柄を候補銘柄としておきましょう。

業績の良い銘柄は、この下げ相場に関係なく、上げているものもあります。混迷の下げ相場の中でも、スマートに稼ぎましょう!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

相株式相場を勝ち続ける真の実力を身につけたい方は必見!
「稼ぐ株式投資家」の仲間入りをするために
   ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座

 ただ今のところ、受講料 3,000円

銘柄を絞り込んだら、勝負どきはこれで分析すればOKです。
どんな相場でも買い、売りのポイントが判断できれば稼げます!
《充実のサポートでお応えします!》
   ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

デイトレのリスク回避はこの方法でOK。
火だるまになる前に、デイトレの基本はここから。
   ▼▼▼▼▼
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
短期売買に適する情報ツールの使い分けを知っていますか?
あなたの投資スタイルと情報ツールはマッチしていますか?

短期売買にはその運用の仕方によって色々な種類があり、投資スタイルに合わせて使用すべきツールを変えるべきものなのですが。。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

基礎から学ぶ、勝つための株式投資インターネット・スクール。
  ▼▼▼▼▼
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座
 ただ今のところ、受講料 3,000円

実力をアップし、150%勝ち抜く無料レポートはこちらです。
  ▼▼▼▼▼
■ 株式投資【虎の巻】
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


ひとくちに短期売買と言いましても、その運用の仕方によって色々な種類があり、その売買時間の長短によって分類できます。

最近の株式市場は、インターネット取引が盛んになり、手数料が大幅に安くなったことで、個人による短期売買も主婦、学生を問わずますます盛んになってきています。
しかし反面、投資技術はとても難しいため、一握りのスーパートレイダー以外は儲かっていないのが実情のようです。

原因としては、本来短期売買の種類に合わせて使用するツールを変えるべきものなのですが、何を自分の投資スタイルに合った情報ツールにすべきかの認識が誤っていることが考えられます。

一般的に、1日で売買を成立させる売買手法を「デイトレイド(デイトレ)」と言います。
さらに、「デイトレ」の中でも、数分でわずかな値幅を取る手法を「スカルピング」と言い、最重要視しなければならない情報ツールは、何と言っても「板情報」です。

また、2日から数日で売買を成立させる手法で、「デイトレ」よりも多少長く、値幅も多く取りに行く売買手法を「スウィング・トレイド」と言います。
この場合は「テクニカル分析」を情報ツールとして使用した方が確実に儲かります。

そしてもう一つ、数週間を単位に売買する方法を「ポジション・トレイド」といいます。
この「ポジション・トレイド」は、「板情報」や「テクニカル分析」よりも「ファンダメンタルズ」の比重が高くなります。

ただ、何れにしても「売買のタイミング」は重要で、「売買のタイミング」は「テクニカル分析」で測らなければなりません。
銘柄が決まれば、儲けるための売買タイミングをこれで探せば、利益を最大化することも可能です。
   ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル


それぞれの売買手法は各情報ツールに比重をつけ、上手く使い分けることが大切です。
これらを念頭に、貴方も、短期売買を研究してみては如何ですか!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

相株式相場を勝ち続ける真の実力を身につけたい方は必見!
「この内容でこの価格?」
   ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座


買い時、売り時が分からなければ勝負になりません。
銘柄を絞り込んだら、勝負どきはこれで分析すればOKです。
《充実のサポートでお応えします!》
   ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

デイトレのリスク回避はこの方法で!!
   ▼▼▼▼▼
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
業績の変化を見て将来の有望銘柄を発掘しよう!
業績の変化を見て有望銘柄を発掘することは、多くの投資家が実行している当たり前のことですが、ここでは、もう少し掘り下げて業績変化(推移)の質を見ていくことが有望銘柄の選定には大切だということを認識しましょう・・・。

具体的にお話ししますと、3期比較の収益率が上昇傾向(末広がり)なのか下降傾向(尻すぼみ)なのかを判断の基準にしていこうということです。

例えば、A社、B社の前期の売上高が100億円だとします。

便宜上、ご理解いただくために経常利益もA社、B社とも同じの20億円だったとします。

次に、今期はA社の売上高のは110億円で経常利益が35億円とします。

一方、B社は売上高が140億円、経常利益が40億円という業績だとします。

この場合、B社はA社より売上高、経常利益ともA社より勝っていますが、売上高経常利益率で比較してみますと、A社は31.8%、B社は28.6%となり経営効率から見ればA社に軍配があがるところです。

しかし、この時点では、まだ判定してはいけません。

業績推移は3期比較ではっきりします。

そこで、来期の(売上高、経常利益の具体的金額は省略させていただきますがA,B社ともに増収・増益だと仮定します)売上高経常利益率はA社が28%、B社が30%になるとしますと、実際に利益率が末広がりになっているのはどの企業かが理解できます。

上記のように、売上高経常利益率の3期比較をして、始めて利益率が低下傾向か、それとも上昇傾向かがつかめます。

その他の投資基準を考慮しなければなりませんが、単純に収益性を検討すれば、貴方はB社に貴方の投資資金を投入すべきなのです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★テクニカル分析を学ぶなら《充実のサポートでお応えします!》
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

★株を始める前に基礎をしっかりと勉強したい方へ
    ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
調整局面のパターンを読む★仕掛けどきの見分け方
このところ、株式市場は調整基調を帯びてきました。
あなたは市場のシグナルを適確に把握できていますか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたはまだ自己流の投資法を繰り返されるおつもりですか? 
それにより失われる時間と利益はどれほどになるのでしょう。
あなたは先達者たちの英知の基本を学ぶことができます。
    ▼▼▼▼▼
■ キッチリ実践すれば!【なかなか失敗できない】楽々投資家成功法! 超速マスターコース

150%勝ち抜くための無料レポートはこちら。
  ▼▼▼▼▼
■ 株式投資【虎の巻】
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


株価が大きく調整する場合は、「二点天井鬼より怖い」と相場格言で恐れられているように、チャートのパターンには、案外「調整のシグナル」が表れるものです。全てあたはまるとは限りませんが、そのパターンとは、チャートの頂上付近に山が二つできる形をしています。

これとは反対に、大きく調整をして底を打った銘柄はW型の底を形成します。人により「オーム波(Ω波)」と呼ぶ人もいます。W底は一般的な呼称ですが、Ω波と言う人は少ないようです。底値近辺で二つの「ボトム」が現れれば、下げから反騰に移る場合が多いので、チャーチストの間ではとても重要な上昇シグナルととらえられています。

しかし、100%底打ちシグナルかと申しますと、そう簡単には問屋が卸しません。W底ならぬトリプル底もあるので困ったものです。そこに、先程のΩ波を使う方々がW底と言わない理由があります。

オーム波と呼ばれる場合には、上げ約26日、下げ約26日、計約52日でΩ波が形成され、底打ち完了と判定されます。つまり、相場が底打ち完了するには、株価が2回以上同値近辺まで下がることに加え、日数の経過、つまり日柄調整も必要と考えているのです。

これは、とても大切なことです。多くの方が、市場からのシグナルを読み違い、痛手を被るケースが続出しています。あなたの投資戦略には、客観的な裏付けがおありですか?
株式投資における先達者たちの英知の基本を学びたい方のみならず、今一度ご自身の投資戦略を確立されたい中・上級者の方にもおすすめです。
   ▼▼▼▼▼
■ キッチリ実践すれば!【なかなか失敗できない】楽々投資家成功法! 超速マスターコース

現在の相場の動きを見ていますと、調整基調が強くなっています。
今後の流れで、上昇シグナルを見落とすことなく、チャンスをものにして下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

買い時、売り時が分からなければ勝負になりません。
銘柄を絞り込んだら、勝負どきはこれで分析すればOKです。
《充実のサポートでお応えします!》
   ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

デイトレのリスク回避はこの方法で!
   ▼▼▼▼▼
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
好材料にも反応なし!あなたならどう読みますか?
予想を上回る日本経済の好調さにも株式市場は反応せず。
さて、あなたならこの反応をどう読みますか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


このところ、外人投資家の売り越しが鮮明となり、相場エネルギーの離散傾向が顕著になってきています。
このような相場の場合には、先物の動きに現物が大きく影響を受けることが多く、思わぬ方向に揺さぶられて思うような利益を確保できなくなっているのではないでしょうか。

内閣府が17日発表した2005年10~12月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期(7~9月期)比1.4%増と、4期連続のプラス成長となりました。年率換算では5.5%増と、予想を上回る伸びで日本経済の好調が確認できました。

しかし、こんなに良い材料でも反応しないどころか、日経平均は330円も下げて終わりました。数ヶ月前であれば、この様な好材料が出れば、どんな銘柄もそれ行けドンドンで買われたはずです。

それでは昨日の下げは、つじつまが合わないのでしょうか?
そんなことはありません。
ご承知のように、株価は半年先の材料まで価格に織り込むということが言われています。

昨日のGDP速報値で日本経済の好調が確認されたということは、すなわち、日銀の量的緩和の離脱が確実なものになったことを意味しています。
当然、株価は市中の流動性の減少を織り込むわけで、昨日330円下げたことは当然なことなのです。基本的には、このことを織り込み尽くすまでは、株価が下がっても不思議ではないのです。

あなたの今の投資スタイルで、現状の混迷する株式市場から利益を上げることができますか?
この機会に今すぐ、株式投資の基礎力を養ってみては如何でしょう。
   ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座



株価の二極分化は今後まだまだ進みます。
勝ち組みは、収益性が高く、借金の少ない銘柄。
負け組みは、財務体質が弱く、収益性の低い銘柄です。

土日の休日に、一度じっくりと銘柄選定をされてみては如何でしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

銘柄を絞り込むにはこれが威力を発揮します!
あなたの力強いパートナーになるでしょう。
   ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
今こそファンダメンタルズを意識した投資行動を!
150%勝ち抜くための無料レポートはこちら。
  ▼▼▼▼▼
■ 株式投資【虎の巻】
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。

昨日の日経平均は110円84銭高も、いまだ高値抵抗線をクリアーできていません。
内容的にも、値上り銘柄数580銘柄、値下り銘柄数1018銘柄と110円も上げたわりにはお粗末そのものでした。

大引け20分前には、日経平均がマイナスだったにもかかわらず、15分前から大引けにかけて一気に110円高まで先物主導でもっていったやりかたには、何かの思惑があったのでしょうか。
あまりにも指数の揚げ足が早かったことで、現物の個別銘柄が指数についていけなかったという印象でした。

最近、日銀が事あるごとに「量的緩和離脱」のアナウンスメントにふれ、政府への牽制も兼ねて地盤づくりに着手しています。このことは、将来的に市中に出回っている通貨が減少していくことを意味しているわけです。
つまりここからは、金融相場が終焉し本当に収益性の高い企業が買われることを意味しています。

ところで、個別銘柄の動きに目を転じて見ますと、比較的値高(ねがさ)の好業績銘柄にしっかりとした買いが入っています。

外人投資家が、8週ぶりに売り越しに転じた今、ファンダメンタルズのしっかりした銘柄を選択することをお奨めします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★テクニカル分析を学ぶなら《充実のサポートでお応えします!》
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

★株を始める前に基礎をしっかりと勉強したい方へ
    ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
リスクを伴う買いスタンス
株式市況に異変あり!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
混迷の株式市場で勝ち抜くための
強力な無料レポート
  ▼▼▼▼▼
■ 株式投資【虎の巻】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。

このブログで再三にわたり、外人投資家の動向に注意を払うよう奨めてきましたが、昨日の東京株式市場は、外国証券の寄付前の注文状況は「売り3380万株、買い2750万株」と6日連続の売り越しとなりました。
外国人投資家の日本株への投資姿勢が変化しつつあります。

昨日の相場でテクニカル面の注意点は、2月7日、2月10日、の高値を結ぶ抵抗線をクリアーできるかがポイントでした。

ニューヨーク市場の高騰を受けて始まった東京市場は、一昨日の反転の勢いも手伝って買い気配で寄り付く銘柄も多く日経平均を押上げました。
しかし、先程指摘しました高値抵抗線近辺で寄り付き後、結局押し戻されて252円安と抵抗線をクリアーすることなく引けました。

今後の相場展開で注意しなければならないのは、再度下値を試しに行く展開になる可能性が大きいことに加え、もし下値を試しに行ったあと、14日の安値15691円を下回る展開となった場合には、全体の相場が大きく崩れる心配もあります。
そのような最悪のシナリオも考えながら投資行動を取られることをお奨めします。

反対に、良いシナリオとしては昨日の高値16312円を抜いて高値抵抗線をクリアーしてきたら、心理的にはポジティブで構いません。

いずれにしても、買いスタンスは危険が伴います。
買い一貫で対応される方は、新高値を狙えそうな、勢いのある銘柄(数は少ない)や一本釣り銘柄で急場をしのぐしかなさそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

買い、売りのポイントが判断できれば稼げます!
《充実のサポートでお応えします!》
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル
 
いちかばちかでは勝てません。
デイトレで大やけどする前に必見!!!
    ▼▼▼▼▼
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

株式投資の基礎から徹底的に学びたい方へ
ご自分の投資スキルアップを目指す中・上級者の方も
    ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》

一応下げ止まるも、買い上がり、銘柄の長期保有には注意を!
株式投資について基礎から徹底的に学びたい方に朗報です。
株式投資・インターネットスクールの開講です。
講座内容のボリュームがあまりにも多いため、ステップを踏んで受講していただきます。お申し込みを頂いた日から3日間に分けてメールでお届けします。
    ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


昨日の東京株式市場は、後場寄り前30分間の先物市場が強含みで推移したことを受けて始まりました。
これを受けて日経平均も急速に出直り基調を強め、終値は、16184.87(+307.21)で引けました。

商品市況の下落から大きく調整していた鉱業、鉄鋼、非鉄金属、などの銘柄が値上がり率上位となり、場味が好転して、最終的には307円高となり底打ち感は強まっているものの、いまだリバウンドの域は脱していません。

内容を吟味してみますと、値上り銘柄数 899銘柄 値下り銘柄数703銘柄と300円以上上昇したわりには値下がり銘柄数が多いのが気になります。
一方、外国証券の寄付前の注文状況は 売り4610万株 買い3220万株 と5日連続の売り越しとこちらも相場牽引役の外人投資家の買い意欲が今一歩です。

今後の対応としては、銘柄の2局分化が進んでいることに注意を払ってください。

まず、25日移動平均線より上位にある銘柄は、上昇波動に乗っている銘柄。
25日移動平均線より下位(厳密には75日移動平均線より下位)に株価が位置している銘柄は、下降トレンドに入っている銘柄です。

買いで勝負する方は、上昇トレンド銘柄を、売りで勝負する方は下降トレンド銘柄を選択して相場の流れに逆らわない投資姿勢を貫いてください。

また、買いを入れる場合には高値追いは禁物、リバウンドの吹き値売り(デイトレ感覚)で対応しましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

初心者の方にも売買のタイミングが一目でわかります。
デイトレーダーにも重宝されている株価解析ツール!
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資を基礎から驚速で学びたい方にオススメです。
講座内容のボリュームがあまりにも多いため、ステップを踏んで受講していただきます。お申し込みをいただいた日から3日間に分けてメールでお届けします。
    ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
次のチャンスを確実にゲット! 短期目先の反騰はいつか?
次のチャンスを確実にゲットするために。。。
目先の反騰はいつか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


2月11日の当ブログの記事内容を思い出してください。

読まれていなかった方のために重要な部分を抜粋しますと;
-------------------------------------------------

「後場途中14時に発表された2005年12月の機械受注統計が前月比6.8%増と事前の市場予想を1.5%程度大きく上回ったことで、一瞬の買戻しはあったものの、売りの圧力にはなんの好材料ともなりませんでした。

「機械受注」は景気の先行指標なので、このような調整局面に相場がなければ暴騰してもおかしくない好材料でした。ここが、株式投資の難しいところです。

ちなみに、外国証券の寄付前の注文状況ですが、8日;売り5330万株・買い売3690万株9日;売り4660万株・買い2990万株、10日;売り4020万株・買い3420万株と三日続けての大幅売り越しです。

ここは、いつも言っていますように、外人の売買動向を横目に睨みながら相場の転機を測りましょう。来週は、前半はもたつきそうですが、後半からは、反対に先物主導の上げがあるかもしれません。

「休むも相場」次のチャンスは確実にゲットしてください。」

-------------------------------------------------

という内容でした。

そこで今回は、「次のチャンスを確実にゲットするために」目先の反騰はいつかを検証してみたいと思います。
と言いましても、今回の下げは今までの調整局面とはちょっと訳が違います。なぜなら、多くの銘柄が25日移動平均線はおろか75日移動平均線をも下回ってきています。つまり、移動平均では、デッドクロスが示現しているか、若しくはしそうな銘柄が続出している点です。

これから言えることは、ここから大きく反転して新値をとってくる展開にならなければ、今度の上昇局面は単なるリバウンドとなります。それは、即、調整の長期化を示すことに他なりません。

次の反騰は、本日を含めて3日のうちに、例によって先物主導で切り返しますので小すくいの準備は怠らないようにしましょう。

テクニカルで少し救われるのは、主力銘柄の「ソニー」「アドバンテスト」「トヨタ」等は全然崩れていないことです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

買い、売りのポイントが的確に判断できますか?
ポイントをはずすと資産激増は望めません。 
下げ相場でもキッチリ稼ぎましょう!
     ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル
《充実のサポートでお応えします!》
 
デイトレで大きく稼ぐには「戦略」が必要です。
デイトレにリスクを感じているなら必見です!
     ▼▼▼▼▼
 ■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

これから「稼ぐ投資家」を目指すなら、まずはしっかりとした基礎から!
     ▼▼▼▼▼
 ■ 稼ぐ株式投資 最初の一歩


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
掘り出し銘柄の探し方☆ ●●●●と株価の蜜月関係
経済と株価の動向は密接な関係があると言われますが、具体的に何を利用したら良いかわかりますか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

150%勝ち抜くための無料レポートはこちら。
  ▼▼▼▼▼
■ 株式投資【虎の巻】

■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


商品市況では、私たちの生活や企業活動に必要な原材料・非鉄・金属・農産物など様々な商品の取引が行われて価格が日々決められています。
例えば「原油相場」ですが、2001年末には1バーレル20ドル前後だった原油価格は、2005年8月には一瞬70ドルにのせました。その結果、原油関連株は軒並み高騰しました。

反面、アメリカ株は、原油高騰で全体的には消費に与える影響が大きいと売られました。
金価格は、1999年8月には1トロイオンス252.5ドルだったものが、2005年12月には538.5ドルと2倍以上に高騰しました。
日本一の産金株、住友金属鉱山は215円が1500円まで買われました。
その他非鉄金属なども高騰していますが、それに準じて非鉄株も高騰しています。

このように、商品市況が株式市場に与える影響は大きいのです。

こういうところからも、株式市場が経済的要件に大きく影響されることが理解できます。

さらに、産油国は、原油高騰で大いに潤っています。
この潤沢なオイルマネーは、回りまわって株式市場に入ってきています。
これも、株式市場が最近まで活況を呈してきた一因となっています。

しかし、業界内の全企業が一様に活況の恩恵を受けるかといえば、ここでも勝ち組負け組の株価の明暗がはっきり分かれ、という厳然たる事実です。
目先の活況にとらわれ、何の戦略も持たずに投資すると、思わぬ低迷株をつかんでしまい、貴重な資金が長期にわたって塩漬け状態となりかねません。

昨年の、誰もが儲けうる株式市況下にも、案外多くの方が利益を出されていないか、本来もっと大きく儲けられたはずなのですが。。。

掘り出し物の銘柄を先んじて仕込むために、商品市況には常に注意を払いましょう。
もし、商品市況が低迷しているようでしたら、反対に関連銘柄のカラ売りでも儲けることができます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

株式投資で勝ち抜く真の実力を身につけたい方は必見!
   ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座

   ▼▼▼▼▼
ただ今、受講料 3,000円


株式投資で勝ち続けるための無料レポートはこちらです。
   ▼▼▼▼▼
■ 株式投資【虎の巻】

■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
あなどれない主婦の「選択眼」
恐るべし、女性の第六感!
鋭い感性に裏付けられた選択眼。。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今まで株式投資で結果を出されていない方に、是非ともお読みいただきたい無料レポートです。
  ▼ ▼ ▼
株式投資【虎の巻】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


主婦の方で、ときどき株式投資の上手い方がいらっしゃいます。
主婦が株式投資で成功するのは、多分、生活の中で今何が売れているとか、これから流行しそうな商品やサービスは何かを、肌で感じとることができるからではないでしょうか。

さらに、一般に女性は流行に敏感で、新しい物に対する興味は男性よりも強いようです。売れているのか、これから売れるのかの判断は、男性よりも的確で先見性があるように思えてなりません。

そんな、彼女達から投資のヒントを得ることができれば、まだ、誰も気がついていないうちに将来性のある銘柄を、そっと仕込むことができます。
貴方が、既婚男性なら奥さんに、未婚男性なら彼女に、これから人気の出そうな商品や企業を聞いてみると、掘り出し物が見つかるかもしれませんよ!

貴方が女性なら、素直に自分が感じた商品を製造している企業の株を買うことで実績をあげることができます。
そういえば、どこの家庭でもお財布は女性が握っているのですから(例外もあるでしょうが)銘柄選択も正確になるのでしょうね。

これは、生活を肌で感じることのできる「第六感」「千里眼」をもった主婦の特権かもしれません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたもこれで「第六感」「千里眼」
以上のものを手に入れてみませんか?
    ▼ ▼ ▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル
 《充実のサポートでお応えします!》


~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》

先物主導の相場展開に要注意!
先物が先導して相場を下げる場合には、きっかけとなる悪材料が必要です。今回のきっかけは、「日銀の量的金融緩和政策の解除」が視野に入ってきたうえ、「米利上げ継続観測」でしょう。
こういう時こそ大局的に相場を見る目を養いましょう!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

驚速投資実力アップ! 150%勝ち抜く無料レポートです。
   ▼▼▼▼▼
■ 株式投資【虎の巻】
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


10日の東京市場は一昨日も言及しましたが、先物先導で相場が乱高下する展開に多くの投資家が振舞わされた一日ではなかったでしょうか。しかしながら、分析指標を検討して見ますと、2月2日からショートレンジの調整に入っていることも事実です。先物が先導して相場を下げる場合には、ある程度の過熱感ときっかけとなる悪材料が必要です。

こんなことを言うとお叱りを受けそうですが、そこを狙って仕掛けてくるのが、投機筋の上手いところです。

今回のきっかけは、「日銀の量的金融緩和政策の解除」が視野に入ってきたうえ、「米利上げ継続観測」でしょう。こうなると、疑心暗鬼の一般投資家は右往左往することになります。しかし、こういう時こそ大局的に相場を見る目を持つ必要があります。

実際、後場途中14時に発表された2005年12月の機械受注統計が前月比6.8%増と事前の市場予想を1.5%程度を大きく上回ったことで、一瞬の買戻しはあったものの、売りの圧力にはなんの好材料ともなりませんでした。

「機械受注」は景気の先行指標なので、このような調整局面に相場がなければ暴騰してもおかしくない好材料でした。ここが、株式投資の難しいところです。

ちなみに、外国証券の寄付前の注文状況ですが、8日;売り5330万株・買い売3690万株9日;売り4660万株・買い2990万株、10日;売り4020万株・買い3420万株と三日続けての大幅売り越しです。

ここは、いつも言っていますように、外人投資家の売買動向を横目に睨みながら相場の転機を測りましょう。

来週は、前半はもたつきそうですが、後半からは、反対に先物主導の上げがあるかもしれません。

「休むも相場」次のチャンスは確実にゲットしてください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「この内容でこの価格?」
相株式相場を勝ち続ける真の実力を身につけたい方は必見!
   ▼▼▼▼▼
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座

買い時、売り時が分からなければ勝負になりません。
銘柄を絞り込んだら、勝負どきはこれで分析すればOKです。
今のうちにじっくりと狙いを定めましょう。
《充実のサポートでお応えします!》
   ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
基礎から学ぶ勝つための株式投資インターネット・スクール
150%勝ち抜くための無料レポートはこちら。
  ▼▼▼▼▼
■ 株式投資【虎の巻】
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。

混迷する株式市場で、あなたは結果を出されていますか?
結果を出せなかった方は、今一度、投資のノウハウを基礎から身につけてみませんか? もちろん、もっと勝ちたい方にもぜひお勧めです。

本講座で確実に利益を獲得できる投資家に変身して頂きます!
株式投資のイロハから学べる株式投資家養成講座はこちらです。
     ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座



■当講座は3部構成になっています。

第1部 「基礎編」
 この基礎編では、株式投資に必要な基礎知識を習得します。
第2部 「実践編」
 銘柄選択の色々なツールや売買テクニックなど実践に必要な
 知識と手法の習得に注力します。
第3部は「応用編」
 株式市場を支配している「資金の流れ」から相場全体の方向性
 を判定し、色々な投資法や分析法で確実に利益を上げる方法を
 習得します。

講座内容のボリュームがあまりにも多いため、ステップを踏んで受講していただきます。お申し込みをいただいた日から3日間に分けてメールでお届けします。
    ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座


■■■受講料 3,000円


この破格値で株式投資に関する基本的なスキルが身につきます。
無料の株式投資セミナーとはちょっと質が違いますよ!


さあ、必勝スキルを身につけて、この混迷の株式市況を読み切り150%の成果を出しましょう!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

勝ち抜く真の実力を身につけたい方は必見!
  ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座

  受講料 3,000円

株式投資で勝ち続けるための無料レポートはこちらです。
  ▼▼▼▼▼
■ 株式投資【虎の巻】
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
株式投資について基礎から学んでみませんか。
この混迷の株式市場、あなたは勝ち続ける自信がありますか?
基礎から学ぶ勝つための株式投資インターネット・スクール。
  ▼▼▼▼▼
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座
  受講料 3,000円


150%勝ち抜くための無料レポートはこちら。
  ▼▼▼▼▼
■ 株式投資【虎の巻】
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。

混迷する株式市場で、あなたは結果を出されていますか?
結果を出せなかった方は、今一度、投資のノウハウを基礎から身につけてみませんか? もちろん、もっと勝ちたい方にもぜひお勧めです。

本講座で確実に利益を獲得できる投資家に変身して頂きます!
株式投資のイロハから学べる株式投資家養成講座はこちらです。
     ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座



■当講座は3部構成になっています。

第1部 「基礎編」
 この基礎編では、株式投資に必要な基礎知識を習得します。
第2部 「実践編」
 銘柄選択の色々なツールや売買テクニックなど実践に必要な
 知識と手法の習得に注力します。
第3部は「応用編」
 株式市場を支配している「資金の流れ」から相場全体の方向性
 を判定し、色々な投資法や分析法で確実に利益を上げる方法を
 習得します。

講座内容のボリュームがあまりにも多いため、ステップを踏んで受講していただきます。お申し込みをいただいた日から3日間に分けてメールでお届けします。
    ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座


■■■受講料 3,000円


この破格値で株式投資に関する基本的なスキルが身につきます。
無料の株式投資セミナーとはちょっと質が違いますよ!


さあ、必勝スキルを身につけて、この混迷の株式市況を読み切り150%の成果を出しましょう!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

勝ち抜く真の実力を身につけたい方は必見!
  ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座

  受講料 3,000円

株式投資で勝ち続けるための無料レポートはこちらです。
  ▼▼▼▼▼
■ 株式投資【虎の巻】
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
株式投資について基礎から学んでみませんか。
この混迷の株式市場、あなたは勝ち続ける自信がありますか?
基礎から学ぶ勝つための株式投資インターネット・スクール。
  ▼▼▼▼▼
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座
  受講料 3,000円


150%勝ち抜くための無料レポートはこちら。
  ▼▼▼▼▼
■ 株式投資【虎の巻】
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。

混迷する株式市場で、あなたは結果を出されていますか?
結果を出せなかった方は、今一度、投資のノウハウを基礎から身につけてみませんか? もちろん、もっと勝ちたい方にもぜひお勧めです。

本講座で確実に利益を獲得できる投資家に変身して頂きます!
株式投資のイロハから学べる株式投資家養成講座はこちらです。
     ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座



■当講座は3部構成になっています。

第1部 「基礎編」
 この基礎編では、株式投資に必要な基礎知識を習得します。
第2部 「実践編」
 銘柄選択の色々なツールや売買テクニックなど実践に必要な
 知識と手法の習得に注力します。
第3部は「応用編」
 株式市場を支配している「資金の流れ」から相場全体の方向性
 を判定し、色々な投資法や分析法で確実に利益を上げる方法を
 習得します。

講座内容のボリュームがあまりにも多いため、ステップを踏んで受講していただきます。お申し込みをいただいた日から3日間に分けてメールでお届けします。
    ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座


■■■受講料 3,000円


この破格値で株式投資に関する基本的なスキルが身につきます。
無料の株式投資セミナーとはちょっと質が違いますよ!


さあ、必勝スキルを身につけて、この混迷の株式市況を読み切り150%の成果を出しましょう!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

勝ち抜く真の実力を身につけたい方は必見!
  ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座

  受講料 3,000円

株式投資で勝ち続けるための無料レポートはこちらです。
  ▼▼▼▼▼
■ 株式投資【虎の巻】

■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
[株式投資について基礎から学んでみませんか。]の続きを読む
利益を左右する「投資家心理」
「相場は相場に聞け」とはよく言われますが・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


「相場は相場に聞け」と言われますが、それをできる投資家はごく少数です。

株式投資家からは、「もう」そろそろ危ないから利食っておこうとか、この株は「まだまだ」上がるよ、といった発言をしばしば耳にします。
「もう」危ないと思って売った瞬間から上がり始め、あれよあれよという間に大化けしたとか、反対に「まだ」大丈夫と思って継続していた銘柄が下がってしまい、売るに売れない水準まで下がってしまった、という泣くに泣けない話まで色々聞かされます。

人の感覚というのは、その時の希望的観測や人のうわさ、有名ファンドマネージャーの予測、新聞や雑誌などのコメントなどで左右されます。
インプットされた情報が、資料として客観的に利用されるのでしたら良いのですが、案外自分に都合良く解釈してしまう場合が多いのです。
その挙げ句、散々な結果になってしまう事が多いのですね!

私も、大きなことは言えません。これまでに人一倍、散々な失敗を経験してきました。ですから、株で失敗された方々の気持ちは、痛いほどよく分かるのです。
人の感覚はあてになりません! 
まずはそこをしっかりと認識しましょう。

そろそろと思って売った後に上がって、大きな利益を取りそこなったり、せっかく利益がのっているのに売りそこなって損をしてしまったり・・・
そんなことが無いように、客観的に信頼できる分析法が重要になります。
貴方は買い、売りのポイントを的確につかめますか?
ポイントをはずすと資産激増は望めません!
  ■ 超短期投資分析表作成マニュアル

今回は上手くいったヤマカンが次に通用するという保障はどこにもありません。
基礎力を身につけるためにお薦めの講座です。


今こそ十年に一度の、将来の大いなる資産を築く絶好の好機です!
混迷を極める不安定な時代、潮目は何時変わるかわかりません。
しっかりとした分析法でチャンスをつかみ、利益向上を図りましょう。

この機会を逃すと、資産を激増させることはなかなか難しいでしょう。
現在のように相場環境の良い時こそ、貴方の利益をがっちり確実に上げ、得るべき利益を取りこぼさぬように、細心の注意を払っていきましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

買い、売りのポイントが的確に判断できますか?
ポイントをはずすと資産激増は望めません!
客観的な分析法はこちら。
   ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル
 《充実のサポートでお応えします!》
 
デイトレで大きく稼ぐには「戦略」が必要です!
   ▼▼▼▼▼
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

これから「稼ぐ投資家」を目指すなら、まずはしっかりとした基礎から!
   ▼▼▼▼▼
■ 稼ぐ株式投資 最初の一歩


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》

速効利益倍増!150%勝つための戦略的ツール
今まで株式投資で結果を出されていない方に、是非ともお読みいただきたい無料レポートです。
  ▼ ▼ ▼
株式投資【虎の巻】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


貴方が情報を収集しようとする時、一番大切にしているものは何ですか?
インターネット上の書き込み情報?新聞紙上の早耳情報?雑誌の特集?それとも会社が発信しているIR?

でもよくよく考えてみると、発信されている情報って本当に信頼できて儲かるの?
「灯台元暗し」といいますが、案外あなたの身近なところに宝の山を掘り当てるツールが眠っているではありませんか。。。

株式投資の分析方法は、大きく二つの方法に別けられます。
1つは、ファンダメンタル分析。
そしてもう1つはテクニカル分析です。
このどちらか一方が欠けても、投資成績はあがりません。

今や「デイトレード」が盛んですが、デイトレの場合、比較的ファンダメンタル分析が無視される傾向にあります。冷静に考えてみれば、最終的に大きく値を飛ばす銘柄は、やはり高確率で「業績の良い」企業なのです。
たとえ目先の動きをキャッチして売買する「デイトレ」といえども、「動き始めれば大きく値をあげる」確率の大きいこれらの企業を常に候補銘柄の中に入れておくべきでしょう。
デイトレだけではなく、中・長期投資の方はなおさらです。

そこで、チョット足元を見て頂くと、いつもあなたの傍らにあるツールが浮かび上がってきます。

そうです「会社四季報」です。

「なーんだ」という方はもう株式投資で利益を放棄したも同然だといえます。この本は、普段眺めるだけで、あまり活用されていないのではないですか? この本は、ただ眺めるだけではだめです!!

そう、「読む」ことをお忘れなく! それも「深読み」しましょう!
でもどうやって「深読み」したら良いのでしょう?

多くの方は、そのポイントが分かっていないのです。そのようなポイントも、これから取り上げていきたいと思っています。「深読み」できれば宝の山はあなたのものです。

あまりにも結果が出すぎるので、ちょっと公開をためらっていましたが・・・
この方法で実践すると売買タイミングがピタリと分かる!
   ▼▼▼▼▼▼
「超短期投資分析表作成マニュアル」

「伝説のデイトレーダー」で株式長者に挑戦!!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
灯台もと暗し★会社四季報を活用しよう
あなたの株式投資情報源は、本当に信頼できますか?
あなたの命運をかけても大丈夫ですか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今まで株式投資で結果が出ていない方に、是非ともお読みいただきたい無料レポートです。
  ▼ ▼ ▼
株式投資【虎の巻】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


あなたのが情報源は何ですか?

インターネット上の書き込み情報? 新聞紙上の早耳情報?雑誌の特集? それとも会社が発信しているIR? しかし、それらの情報は本当に信頼できるのでしょうか? 「灯台元暗し」といいますが、案外あなたの身近なところに宝の山を掘り当てるツールが眠っているではありませんか。。。

株式投資の分析方法は、大きく二つの方法に別けられます。1つは、ファンダメンタル分析。そしてもう1つはテクニカル分析です。このどちらか一方が欠けても、投資成績は上がりません。

今や「デイトレード」が盛んですが、デイトレの場合、比較的ファンダメンタル分析が無視される傾向にあります。しかし、最終的に大きく値を飛ばす銘柄は、高確率で「業績の良い」企業なのです。たとえ目先の動きをキャッチして売買する「デイトレ」といえども、「動き始めれば大きく値を上げる」確率の大きいこれらの企業を常に候補銘柄の中に入れておくべきでしょう。デイトレだけではなく、中・長期投資の方はなおさらです。

そこで、チョット足元を見て頂くと、いつもあなたの傍らにあるツールが浮かび上がってきます。そうです「会社四季報」です。「なーんだ」という方はもう株式投資で利益を放棄したも同然だといえます。この本は、普段眺めるだけで、あまり活用されていないのではないですか? この本は、ただ眺めるだけではだめです!

「会社四季報」を「読む」ことをお忘れなく! それも「深読み」しましょう! でもどうやって「深読み」したら良いのでしょうか? 多くの方は、そのポイントが分かっていないのです。そのようなポイントも、これから取り上げていきたいと思っています。「深読み」できれば宝の山はあなたのものです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたの株は「塩漬け」になっていませんか?
株式投資で短期に大きく儲けるための要件は時間と上昇率です。
最短期間で投資を繰り返し、連勝で資産を増やましょう!
初心者の方でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。
充実の完全フォローでご安心ください。
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》

基礎から徹底的! ゼロから始める稼ぐ投資家養成講座
《受講生募集!》
    速効! 稼ぐ投資ノウハウを身につける
    <株式投資インターネットスクール>

これから株式投資を始める方、投資の基本を再確認したい中・上級者の方に最適の講座です。

講座内容のボリュームがあまりにも多いため、ステップを踏んで受講していただきます。お申し込み日から、3日間に分けてメールでお届けします。
    ▼▼▼▼▼
~株式投資・インターネットスクール~
■ ゼロから始める 稼ぐ投資家養成講座



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
速効利益倍増! 150%勝つための戦略的ツール
今まで株式投資で結果が出ていない方に、是非ともお読みいただきたい無料レポートです。
  ▼ ▼ ▼
株式投資【虎の巻】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


貴方が情報を収集しようとする時、一番大切にしているものは何ですか?
インターネット上の書き込み情報?新聞紙上の早耳情報?雑誌の特集?それとも会社が発信しているIR?

でもよくよく考えてみると、発信されている情報って本当に信頼できて儲かるの?
「灯台元暗し」といいますが、案外あなたの身近なところに宝の山を掘り当てるツールが眠っているではありませんか。。。

株式投資の分析方法は、大きく二つの方法に別けられます。
1つは、ファンダメンタル分析。
そしてもう1つはテクニカル分析です。
このどちらか一方が欠けても、投資成績はあがりません。

今や「デイトレード」が盛んですが、デイトレの場合、比較的ファンダメンタル分析が無視される傾向にあります。冷静に考えてみれば、最終的に大きく値を飛ばす銘柄は、やはり高確率で「業績の良い」企業なのです。
たとえ目先の動きをキャッチして売買する「デイトレ」といえども、「動き始めれば大きく値をあげる」確率の大きいこれらの企業を常に候補銘柄の中に入れておくべきでしょう。
デイトレだけではなく、中・長期投資の方はなおさらです。

そこで、チョット足元を見て頂くと、いつもあなたの傍らにあるツールが浮かび上がってきます。

そうです「会社四季報」です。

「なーんだ」という方はもう株式投資で利益を放棄したも同然だといえます。この本は、普段眺めるだけで、あまり活用されていないのではないですか? この本は、ただ眺めるだけではだめです!!

そう、「読む」ことをお忘れなく! それも「深読み」しましょう!
でもどうやって「深読み」したら良いのでしょう?

多くの方は、そのポイントが分かっていないのです。そのようなポイントも、これから取り上げていきたいと思っています。「深読み」できれば宝の山はあなたのものです。

あまりにも結果が出すぎるので、ちょっと公開をためらっていましたが・・・
この方法で実践すると売買タイミングがピタリと分かる!
   ▼▼▼▼▼▼
「超短期投資分析表作成マニュアル」

貴方も毎日が給料日 「伝説のデイトレーダー」で株式長者に挑戦!!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》

日経平均連騰後も相場転換の可能性!
6日連騰の日経平均も一服。
さてテクニカル分析の暗示するものは?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたの株は「塩漬け」になっていませんか?
株式投資で短期に大きく儲けるための要件は時間と上昇率です。
初心者の方でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。
最短期間で投資を繰り返し、連勝で資産を増やましょう!
充実の完全フォローでご安心ください。
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


6日連騰の日経平均も昨日は一服という感じでしたが、そのまま一服と思っていて良いのでしょうか? 昨日のザラバ中に多くの銘柄が「陰転」していくのを見ていましたが、私の友人からも、私と同じような危惧を抱いている内容のメールが届きました。

「本日(1日)後場、逆転換を起こす可能性も否定できません。現時点ではまだ確定しておりませんが、16460円のマドを埋めると確定となります。」

という内容でした。
友人の分析は、日経平均ベースで引いた「罫線」によるものです。
私の分析では、既に多くの銘柄が「陰転」してきています。
     ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

ここからは、上げれば上げるほど調整局面が顕著になります。当然、下げれば確定です。つまり、強気で買うスタンスからネガティブ(買い弱気又は控える)なスタンスにシフトすることが賢明です。「ライブドア・ショック」のような株式市場を揺るがすような「バッド・サプライズ」が起きなければ、もちろん一本釣り銘柄を物色する動きや、出遅れ銘柄のつじつま合わせの動きはあるでしょう。しかし、比率からいえば下げる銘柄が多くなるので、スタンスはカラ売り対応がベストということになります。

このように相場が調整しそうな指数が現れてきますと、不思議と「悪材料」が出てくることがあります。本来はポジティブの相場では反応しない「悪材料」にも、調整局面では敏感に反応してしまうというのが事実なのですが・・・。

ここからは、注意深く投資することをお奨めします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

売り、買いの最適ポイントを判断できますか?
売買ポイントを適確につかむと短期の資産倍増も可能です。
初心者の方でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。
デイトレーダーの方々からも好評です。
充実の完全フォローで、ご安心ください。
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル 

いちかばちかでは勝てません!
デイトレで稼ぐには「戦略」が必要です。
デイトレで月収150万への道
    ▼▼▼▼▼
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
雇用状況に明るい兆し!
有効求人倍率13年3ヵ月ぶりに1倍回復。
これが即、力強い景気回復につながるのでしょうか。。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたの株は「塩漬け」になっていませんか?
株式投資で短期に大きく儲けるための要件は時間と上昇率です。
自我流投資法で失われる時間と利益はどれほでしょうか・・・
初心者の方でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。
最短期間で投資を繰り返し、連勝で資産を増やましょう!
アフターフォローは万全です。
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


本日、厚生労働省は、去年12月の有効求人倍率が13年3ヵ月ぶりに「1倍」に回復したと発表しました。数字の上では景気回復は順調に進んでいるようですが、皆さんの実感として、景気が回復しているように感じられますか?

実は資本主義社会では、まず企業業績が改善してからでないと雇用は伸びません。それまでは過剰在庫を整理するために操業度を落としていますが、在庫整理一巡後に需要が回復してくると、徐々に操業度を上げていきます。この時、操業度を回復するには労働力が必要となります。そこで雇用が伸び、給与や賃金が支給されて可処分所得が増え、消費が伸びます。この順でお金が動くのですから、百貨店や消費関連は最後に良くなるのです。

ところが、バブルの崩壊は資産デフレを招き、このサイクルがうまく機能しないまま、13年も経過してしまったのです。

ここで求人の内容を精査して見ますと、去年12月の全国の有効求人倍率は、11月の0.99倍から0.01ポイント上昇し、ちょうど1倍となりました。数字の上では、仕事を求める人と求人数とが釣り合っていることになります。しかし、一方で地域間の格差や職種・年齢による雇用のミスマッチが続いていて、「売り手市場」の恩恵を受けられるのは、一部の労働者に限られそうです。

内容は、まだまだ脆弱なものです。そんな中、またぞろ防衛施設庁の談合が発覚。「大気社」をはじめ空調メーカーが関わっていたことが明らかになりました。昨日、指摘しました「パレスチナ問題」も含めて、バッド・サプライズには注意しておいてください。

大きく下げる局面が考えられます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

何かとハプニングで混迷しやすい株式市場。
そのなかで売り、買いのポイントが判断できますか?
売買ポイントを適確につかむと短期の資産倍増も可能です。
初心者の方でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。
充実の完全フォローで、ご安心ください
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で勝ち続けるための無料レポートはこちらです。
  ▼▼▼▼▼
■ 株式投資【虎の巻】
■ 稼ぐデイトレテクニカルマニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。