株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<スポンサードリンク>


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご好評の 超短期投資分析表作成マニュアル を使った「超短期投資分析シミュレーション結果」を掲載中。前週の注目銘柄を例題に、株価動向の解説と投資戦略についてレポートしています。尚、投資は自己責任とご了承ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


7月17日の東京市場は休場でした。

緊迫した世界情勢の中、今週はアメリカの重要な経済指標の発表が目白押しです。このうち、19日に米国の労働省が発表する6月の消費者物価指数(CPI)には特に関心が集まっています。この結果如何によっては、さらなる利上げ継続か、それとも打ち止め宣言となるかの分岐点となるだけに、株価に対するインパクトは大きいです。さらに、同日に商務省が発表する6月の住宅着工戸数で、米国の経済成長の裏づけがとれるでしょうか?また、5月は、4月の改定値に比べ5%増と4ヶ月ぶりのプラスとなりましたが、持続することができるでしょうか?

コア指数(エネルギー、食品を除く)は「前月比0.2%上昇」というのが、市場関係者の大方の見方ですが、この予想を大きく上振れするようならばインフレ懸念が再燃しそうです。当然、株価はさらに売られることになります。

19・20日はバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の上下院での議会証言があります。先月の議会証言では、インフレ懸念発言から相場が大きく下げる場面もあっただけに、注意しておきましょう。20日に発表されるFOMC議事録もFRBの利上げに対する基本姿勢を知ることができる資料です。利上げの最終局面を確信できるかどうかが焦点となります。



ひまわり証券

ひまわり証券
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【夕暮れどきの珈琲館】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 7/10-14 週の超短期投資分析シミュレーション 》

銘柄

<解説文章>

■ 他の銘柄の分析シミュレーションもご覧頂けます。
  上記銘柄の解説ページからアクセスできます。


この分析結果は 超短期投資分析表作成マニュアル を使っています。

充実のサポートでご安心下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
スポンサーサイト
下降波動の最中、外人投資家の戦略とは?
日銀ゼロ金利政策の行方に模様眺めの相場展開。
下降トレンドの最中に、浮かび上がる外人投資家の次なる戦略。
表面的な相場動向に隠された実情を把握できていますか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎週月曜日に、ご好評の 超短期投資分析表作成マニュアル を使った「超短期投資分析シミュレーション結果」を更新中。前週の注目の銘柄を例題に、株価動向の解説と投資戦略についてレポートしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


外資系証券会社の寄付き前の注文状況は7月5日から13日まで連続売り越しです。6月14日に底をつけてから上げてきた株価が、目先の下降トレンドに入ってきたのが丁度7月5日です。5日から7日連続の売り越しですが、それに同調して株価も下降2波動を形成しました。下げの途中で、7月10日に246円高を演じた時のザラバ安値15,080円が12日までの安値でしたが、13日にザラバで一時下回ってきました。これで、エリオットの下げの2波動が完結、後はどこで下げが止まって反騰するかが焦点となります。

アナリストによって、今後の動向予測が2極分化しており、プロでも読みにくい相場状況となっていることは事実です。週毎に公表されている外人投資家の売買動向は、13日の発表で買い越しとなり、2週連続の買い越しです。先程お知らせした寄付き前の売買動向と矛盾しているわけですが、これはいったいどういうことなのでしょうか?

反対に個人は売り越しています。この、一見矛盾した内容も、表面上は外人が売っているように見せかけて、実は、安く売りたたいてきた個人の玉を下でじっくりと拾っている姿が見えてきます。これを考慮すると、いったんは上昇波動に乗せることは、十分予測できます。

問題は、上昇はに入ってから10日の高値15,555円を抜くことができるかが、第一のポイントとなります。もし、10日の高値を抜くことができずに下げますと、今度は下降3波動を形成してしまい、中期下降波動を覚悟しなければならなくなります。その時は、6月14日の14,046円を下回らないことを祈りたいところです。

できれば、次の上げで10日の高値15,555円を抜き、更に4日の高値15,710円を抜いてほしいところです。そうなりますと、強気派のアナリストの17,000円台の可能性も見えてくるところです。

さて、あなたはどのような戦略をたてますか?


ご声援をお願いします。

 FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 7/3-7 週の超短期投資分析シミュレーション 》

銘柄

今週の個別銘柄シュミレーションは先週からの継続分析です。
ごまかしの通用しない厳格なテクニカル分析!
分析指標では明確に。。。


■ 過去の他の銘柄の分析シミュレーションもご覧頂けます。
  上記銘柄の解説ページからアクセスできます。


この分析結果は 超短期投資分析表作成マニュアル を使っています。日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり示現し、初心者の方でも売買の最適タイミングが一目で分かります。


充実のサポートでご安心下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
対立する相場観に決着!対策は万全ですか?
「包み陽線」と「エリオットの波動論」の綱引きに一応の決着。
今後の動向分析と対策はできていますか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎週月曜日に、ご好評の 超短期投資分析表作成マニュアル を使った「超短期投資分析シミュレーション結果」を更新中。前週の注目の銘柄を例題に、株価動向の解説と投資戦略についてレポートしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


現在のNY市場は、金利引き上げ打ち止め観測が一時台頭して大きく戻した後、「スタグフレーション」の懸念がにわかに浮上してきたことが原因で、もたついています。「スタグフレーション」とは、スタグネーションとインフレーションの合成語です。スタグネーションとは、経済が停滞して発展しないことですが、リセッションまではいっていない状態をいいます。また、インフレーションは、誰もがご承知のとおり物価が限度以上に上昇することをさします。

このところのNY市場は、スタグフレーションに敏感に反応する動きが顕著です。アメリカの経済の方向性がはっきりとしないと、上昇できないのが現在のNY市場と言えます。東京市場もその影響を受けて、もたついている格好です。

テクニカル的には、昨日指摘した「包み陽線」と「エリオットの波動論」の綱引きでしたが、結果的にエリオット波動論に軍配が上がったようです。かといって、チャート理論よりエリオット波動論の方が優れているというわけではありません。今回は、未調整部分が11日の下げに示現したという見方が正しいと言えます。

これで、エリオットの下降第二波動が確定しました。これから反発した場合には、短期上昇第一波動となり、中期の上昇波動を形成していくことになります。 超短期投資分析表作成マニュアル をお使いの方は、シグナル示現の瞬間に備え、6対4でポジティブにマインドと資金の準備をしておきましょう。


クリックをお願いします。

  FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 7/3-7 週の超短期投資分析シミュレーション 》

銘柄

今週の個別銘柄シュミレーションは先週からの継続分析です。
ごまかしの通用しない厳格なテクニカル分析!
分析指標では明確に。。。


■ 過去の他の銘柄の分析シミュレーションもご覧頂けます。
  上記銘柄の解説ページからアクセスできます。


この分析結果は 超短期投資分析表作成マニュアル を使っています。日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり示現し、初心者の方でも売買の最適タイミングが一目で分かります。


充実のサポートでご安心下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
伏兵!原油高に大きく調整したNY株式市場
東京市場は例の株価変動パターン。
NY株式市場は北朝鮮ミサイル問題を懸念して大きく調整。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎週月曜日に、ご好評の 超短期投資分析表作成マニュアル を使った「超短期投資分析シミュレーション結果」を更新中。前週の注目の銘柄を例題に、株価動向の解説と投資戦略についてレポートしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


北朝鮮ミサイル問題を懸念して、7月5日のNY先物市場で原油先物相場が一時最高値を更新するなか、NY株式市場は大きく調整しました。これを受けて、東京株式市場も202.54円安の15321.40円と続落、終値ベースでは5営業日ぶりに15,500円を割り込んで引けました。ミサイル発射当日は、大きく売り込まれる場面はありませんでしたが、原油高という思わぬ伏兵を思い出したように調整した格好です。

値動きの方はテクニカル的にも調整局面に入っていましたので、この調整は想定内でした。昨日エクステンションの可能性について言及しておきましたが、素直に下げたことはとても良い傾向です。これで、エリオットの波動では、中期上昇第一波動の最初の短期下降波動入り確認です。前にも述べましたが、この調整局面は下げ2波動です。

大局的に下げ相場の時は、決して流れに逆らってはいけないことを繰り返し述べていますが、下げの話ばかりでは面白くありませんね。「超短期投資分析表作成マニュアル」を使って分析されている方は、分析中の銘柄でテクニカル的に中期上昇相場が確定していれば、この短期調整中でも買いで儲けられます。

ここで具体的な銘柄を出すわけにはいきませんが、テクニカル分析で先程述べました「下げの2波動」が既に終了して、鎌首を持ち上げてきた銘柄を捜してください。

全体相場は来週一時戻りから、もう一度調整した後、シナリオどおりですと日銀金融政策会合でゼロ金利解除の決定、相場にとって今までは悪材料でしたが、あく抜け折込済みで相場は上昇波動入りです。その時の準備も怠りなく!


クリックをお願いします。

  FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 6/26-30 週の超短期投資分析シミュレーション 》

注目の銘柄

25日移動平均線を下回らずに押し目を作っている銘柄です。
出遅れ感があり、今後が楽しみです。


■ 過去の他の銘柄の分析シミュレーションもご覧頂けます。
  上記銘柄の解説ページからアクセスできます。


この分析結果は超短期投資分析表作成マニュアルを使っています。「分析表」に日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり現れます。株価が下落していても、分析指標が陽転すると株価は上昇トレンドに入って行きます。初心者の方でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。

充実のサポートでご安心下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
NY市場休場、真価問われる東京市場
ゼロ金利解除が現実味を帯びる中、底堅い動きを見せた東京市場。
想定される目先の調整で明暗くっきり?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎週月曜日に、ご好評の「超短期投資分析表作成マニュアル」を使った「超短期投資分析シミュレーション結果」を更新中。前週の注目の銘柄を例題に、株価動向の解説と投資戦略についてレポートしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


昨日お話しました日銀の「ゼロ金利解除」が現実味を帯びるなか、7月4日の東京市場は悪材料視する向きも見られず、終日底堅い動きを示しました。上げのベクトルから見てみますと、上げの傾きが徐々に競りあがりから高原状になってきました。米国は独立記念日のため4日のNY市場は休場となりますが、NYに影響されない5日の東京市場の動きで今後の相場を占うことができそうです。

今後の相場は、中期上昇トレンドに変化はないと思われますが、短期の調整は目前に迫っています。大きな調整は、テクニカル的にはないと判断できますが、注意はしておく必要があります。

とはいうものの、中期上昇波動の中の短期調整局面の場合は、5月の調整のように、猫も杓子も右へ倣えで調整するわけではなく、玉石入り混じり、下げるものがあれば上げるものもある相場です。「超短期投資分析表作成マニュアル」をお使いの方は示現するシグナルを、狙い目を外さなければ、買いでも売りでも取れるでしょう。

日経平均の目安としては6月28日のザラバ安値14,824円を割らないことです。たとえ割り込んだとしても、まだ2つの関門を残していますので、ダブル底形成に動いたとしても、確実に底固めに入ればむしろいい傾向といえます。その波動をうまく利用して買いと売りを繰り返しながら利益を出していけばよいのです。買い一方では、やられる場合がありますのでご注意くださいね!

鬼のいぬ間の洗濯となるか?それとも、自発的調整に入るのか?見極めましょう。


クリックをお願いします。

  FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 6/26-30 週の超短期投資分析シミュレーション 》

注目の銘柄

25日移動平均線を下回らずに押し目を作っている銘柄です。
出遅れ感があり、今後が楽しみです。


■ 過去の他の銘柄の分析シミュレーションもご覧頂けます。
  上記銘柄の解説ページからアクセスできます。


この分析結果は超短期投資分析表作成マニュアルを使っています。「分析表」に日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり現れます。株価が下落していても、分析指標が陽転すると株価は上昇トレンドに入って行きます。初心者の方でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。

充実のサポートでご安心下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。