株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NY株式市場大幅安!東京市場の今後の懸念材料は??
インフレ圧力と景気停滞を嫌気し、NY株式市場は大幅安。
東京市場、今後の懸念材料は?
直近の最注目材料とは?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎週月曜日に、ご好評の 超短期投資分析表作成マニュアル を使った「超短期投資分析シミュレーション結果」を更新中。前週の注目の銘柄を例題に、株価動向の解説と投資戦略についてレポートしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


6月の雇用統計が発表され、非農業部門の伸びが前月比12.1万人と事前予想を下回ったことと、平均時給が上回ったことで、7月7日のNY株式市場はインフレ圧力と景気停滞が同時進行していることを嫌気し、ダウ、NASDAQとも大幅安となりました。シカゴ日経先物は15,185円と大証先物よりも155円安く引けています。

これを受けて10日の東京市場は安く始まりそうですが、果たしてこの押しがどこで止まるかが今週のポイントとなりそうです。第一関門は6月28日の安値14,824円です。ここを下回りますと、第二関門は6月21日14,483円となります。もし、今週の早い時期に一度反発し、再度下げて、最終的には6月14日の安値を割らなければ、2番底確認となり、今後の相場はテクニカル的に大きな期待を持てると思われます。

しかし、北朝鮮の地政学的諸問題による原油高、インフレ懸念、景気指標等の悪材料が長期的に払拭されないと、3番底確認に動く可能性も残されています。 超短期投資分析表作成マニュアル をお使いの方は、この点を念頭に置いて分析指標に示現する市場のシグナルに注意してください。

直近の注目点は7月13、14日の日銀金融政策決定会合で懸案のゼロ金利解除が決定されるかという点です。注目しておきましょう。

先週の個別銘柄シュミレーション分析結果は先々週からの継続分析です。変化を確認できます。


クリックをお願いします。

  FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 7/3-7 週の超短期投資分析シミュレーション 》

銘柄

今週の個別銘柄シュミレーションは先週からの継続分析です。
ごまかしの通用しない厳格なテクニカル分析!
分析指標では明確に。。。


■ 過去の他の銘柄の分析シミュレーションもご覧頂けます。
  上記銘柄の解説ページからアクセスできます。


この分析結果は 超短期投資分析表作成マニュアル を使っています。日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり示現し、初心者の方でも売買の最適タイミングが一目で分かります。


充実のサポートでご安心下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
スポンサーサイト
舌を巻く投機筋の巧妙なワナ
昨日は投機筋の巧妙な戦略に株式市場は翻弄されました。
忘れてならない投機筋の常套手段とは?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎週月曜日に、ご好評の「超短期投資分析表作成マニュアル」を使った「超短期投資分析シミュレーション結果」を更新中。前週の2銘柄を例題に、株価動向の解説と投資戦略についてレポートしています。株式投資戦略のご参考にどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


株式市場には往々にして不条理なことが起こります。昨日の後場の動きに理不尽さを感じたのは私だけでしょうか?

現在の投機資金は、資本市場を遥かにしのぐ額に膨れ上がり、この膨大な投機資金は世界中の投機市場を駆け巡っています。その動きは、時に暴力的に見えますが、実はとても合理的で確固とした裏づけを持った行動なのです。先には、世界通貨危機(イギリスポンド、インドネシアルピア、タイバーツ、韓国ウォン、ロシアルーブル等々の大幅下落)、最近では原油や素材価格の高騰を引き起こしたのもこの投機資金です。しかし、一見暴力的に見える投機資金ですが、通貨危機にしても各国の経済力とのアンバランス、原油の高騰にしても、イランの原発問題と中国などの新興国の需要増大が背景にあったわけです。

さて、株式市場に目を転じれば、個人投資家を中心に信用買い残が歴史的に膨れ上がり、株式市場のウイークポイントとなっており、投機資金につけ入る隙を与えています。このような状況下では、市場を操作し易くなります。

これは重要ですので、もう一度思い出してください。先週末のシカゴ日経先物の動きは完全に底入れ状態で、大証先物終値より140円も高く引けさせて、週明けの東京市場で安心して買ってきたところへ売り浴びせて仕込み、後場から先物を大きく売り込んで信用の投げを誘う。

この手の動きは当ブログでもある程度注意を促してきました。昨日のブログでも、寄り付きの高いところを買う方は気を付けるようにと言及しておきましたが、この巧妙さには舌を巻いてしまいます。

昨日、再度下降して前回の下値を切ったら要注意と指摘しておきましたが、各種テクニカルでは、陽転サインが示現してきています。日経平均や多くの個別銘柄が下値を切ってきたことで調整が長引くとの観測がある反面、テクニカルの好転を利用して、投機資金の先物買いが力ずくで大幅高を演出する場面も想定しておきましょう。



クリックをお願いします。

FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 5/15-19週の超短期投資分析シミュレーション 》

(1)積極買いに出るための本格反騰の条件とは?
    「 銘柄1

(2)反騰までじっくり分析してスキルアップに活用しましょう。
    「 銘柄2

■ 他の銘柄の分析シミュレーションも公開しています。
  詳細は上記銘柄の解説ページをご参照ください。


この分析結果は超短期投資分析表作成マニュアルを使っています。「分析表」に日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり現れます。株価が下落していても、分析指標が陽転すると株価は上昇トレンドに入って行きます。初心者でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。

充実のサポートでご安心下さい。
    ▼▼▼▼▼
超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
材料・情報を重視する人は、材料・情報で損をする!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎週月曜日に、ご好評の「超短期投資分析表作成マニュアル」を使った「超短期投資分析シミュレーション結果」を更新中。前週の2銘柄を例題に、株価動向の解説と投資戦略についてレポートしています。株式投資戦略のご参考にどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


米FOMCではこれといって特筆すべきことがなかったため、NYでの大きな波乱はなかったものの、円高基調でシカゴ日経225先物は大証日経先物より75円ほど安く売り込まれていました。その流れを引き継いで始まった東京市場ですが、朝安のあと、一時的に日経平均ベースで135円以上あげる場面もありましたが、結局、SQを意識した先物の流れに引きずられ89円安の16862円でひけました。

この弱気相場の中で、イビデンが好業績の材料をはやして、450円高の大幅高を演じ、多くの投資家が横目で睨むなか気を吐いていました。ところで、イビデンのような動きを目にして、前もって材料がわかっていたらと思うのは投資家としての人情ですが、インサイダー取引の規制が強化されている現在では、例えこのような情報を知りうる立場の人でもインサイダーは許されません。

といっても地獄耳の投資家はいるものです。一般の投資家が材料を知りえた時は多くの銘柄は既にあがってしまっているものなのです。もし、あなたがある材料を知ってその銘柄を買いに入った時点では、高値掴みになっているのが落ちです。それでも時々は利が乗ることもあるでしょうが、結局、引かされて痛い目にあって退散という、いつものパターンがまっています。「材料や情報を重視する人は、材料や情報で損をする」ことの典型です。

この不条理を回避して、なんとか利益につなげる方法はないものでしょうか? 実は、株価が上がり始めるには兆候があります。その兆候を掴んで多くの人が出動してくる前に仕込むことができれば、あなたの投資は100戦100勝となることは間違いありません。

その方法はテクニカル分析です。
     ▼▼▼▼▼
超短期投資分析表作成マニュアル



クリックをお願いします。

FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 5/1-2 週の株価シミュレーション結果 》

(1)
    「 銘柄1

(2)
    「 銘柄2

※他の銘柄の分析シミュレーションも公開しています。
  詳細は上記銘柄の解説ページをご参照ください。


この分析結果は超短期投資分析表作成マニュアルを使っています。「分析表」に日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり現れます。株価が下落していても、分析指標が陽転すると株価は上昇トレンドに入って行きます。初心者でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。

充実のサポートでご安心下さい。
    ▼▼▼▼▼
超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
またも先物主導の下げ相場を演出!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ご好評の「超短期投資分析表作成マニュアル」を使った「株価分析結果」を掲載中。注目銘柄を例題に、株価パターン分析の解説と投資戦略をレポートします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キヘン@です。


為替が110円台に突入し、米FOMC待ちで方向感が定まらないなか、昨日の東京市場は恣意的な先物主導の下げの展開から日経平均は230円以上の下げとなりました。しかし、出来高は20億7000万株、売買代金概算2兆8000億円以上となかなかの内容でした。

このことは、うがった見方をすれば先物主導でさげておいて、現物を売ってきた安いところを拾っている投機筋が厳然として存在することを意味しています。またしても、彼らにやられたかっこうですが、裁定買い残は歴史的に積みあがっていることも事実です。

ところで、金融庁は「中央青山監査法人」の上場企業の監査業務を2ヶ月間停止する処分を決定しました。これが直接的な原因ではありませんが、基本的に相場全体のエネルギーが下降バイアスをたどっているときは、さえない悪材料に反応するものです。というよりは、相場の下げの原因を後講釈で理由付けすることが相場の常であることを覚えておきましょう。

さて、今後の相場で気になるところですが、どうも短いレンジの往来相場の様相を呈してきました。このような、相場つきの時は、短期の一本釣り銘柄を狙うのが、効率の良い投資になります。昨日のような下げの中でもたくさんの銘柄が一本釣りで値を飛ばしています。あなたもこの期間は、そんな銘柄に注目しては如何ですか。

ねらい目は、あまり出来高を作らず(前日の出来高より当日が4倍以上出来ていないこと)底値から下髭を伸ばして陽線をつけ(または、大陰線から底値で陽線が示現した)、反騰体制に入った銘柄です。

当然 超短期投資分析表作成マニュアル を使っていらっしゃる方は、上記の条件の銘柄を分析してください。

「買いサイン」が示現したら、確実にとれます。
利益増幅のためにも、短期利食いを繰り返してください。



クリックをお願いします。

FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

《 先週の株価シミュレーション結果 》 5/1-2週

(1)
    「 銘柄1

(2)
    「 銘柄2

(3)株価分析シミュレーション
    「 《 株価シミュレーション結果 <目次> 》


この分析結果は超短期投資分析表作成マニュアルを使っています。「分析表」に日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり現れます。株価が下落していても、分析指標が陽転すると株価は上昇トレンドに入って行きます。初心者でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。

充実のサポートでご安心下さい。
    ▼▼▼▼▼
超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
原油騰勢止まず!
原油高が止まりません。
経済にとってはマイナス要因ですが、原油高をキーワードに冷静に今後の流れを読み取りましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎週月曜日はご好評の「超短期投資分析表作成マニュアル」を使った前週の「超短期投資分析シミュレーション」をご紹介します。注目銘柄の投資戦略レポートにご期待ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


騰勢止まぬ原油価格ですが、7カ国中央銀行・蔵相会議でも抜本的な対策が打ち出されませんでした。一方で、ブラジルでは深海油田の採掘技術が進み1日120万バーレルの増産にこぎつけ、日本や中国に販売したい意向のようです。

それにしても、これだけエネルギー問題が取りざたされる中で、原油依存の経済のままで本当に良いのでしょうか? なぜ政府はもっとクリーン代替エネルギーの開発を推し進めようとしないのでしょう。これは、将来の日本のあり方に関わる重要な問題です。税金の無駄使いをせず、このような先行投資を行っていただきたいものです。

この経済情勢の大きな変化を冷静に読みとる投資家が大きなチャンスをつかむのです。原油高騰の影響をヒントに、じっくりと原油高騰をチャンスに変える戦略を練りましょう!


クリックをお願いします。

FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 先週の株価シミュレーション結果 》 4/17-21週

(1)目先の小幅下落も上昇波動サインが示現した銘柄です。
    「 銘柄1

(2)上昇波動を示現し、反転上昇シグナルに注目の銘柄です。
    「 銘柄2


この分析結果は超短期投資分析表作成マニュアルを使っています。「分析表」に日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり現れます。株価が下落していても、分析指標が陽転すると株価は上昇トレンドに入って行きます。初心者でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。

充実のサポートでご安心ください。
     ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。