株式新着トレンド情報局☆株カブネット
資産増強手段として会社員、主婦から★校生にまで浸透した株式投資。短期投資、デイトレードの最新情報を解説しています。注目銘柄の投資シミュレーションと投資戦略を掲載中。無料レポートもご利用ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4日ぶりの反騰に、対立する今後の相場観とは?
245円以上の大幅高を演じた東京株式市場。
今後の株価動向について、「エリオットの波動論」対「包み陽線」の一騎打ち!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎週月曜日に、ご好評の 超短期投資分析表作成マニュアル を使った「超短期投資分析シミュレーション結果」を更新中。前週の注目の銘柄を例題に、株価動向の解説と投資戦略についてレポートしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


インフレ懸念と経済停滞の指標を嫌気して、7月7日のNY株式市場は大幅安。これを受けて、10日の東京株式市場は日経平均ベースで150円以上安く寄付きました。しかし、大きく売り込む動きは見られず、後場からは日銀のゼロ金利解除を先取りした買い物が入り、さらに5月の機械受注統計で船舶、電力を除く民需の受注額(季節調整済み)は前月比2.1%減と、事前の予測を下回ったことも好感され、245円以上高く引けました。

10日の日経平均の日足チャートをご覧になっている方は、大きな陽線が前3日の下げ幅を包んでいることを確認されていると思います。このような陽線が示現した時は、(大底圏でも言えるのですが)その後の大幅上昇を暗示している、というのがチャーチストの一般的な見方です。日経平均の日足チャートでは、3月9日が良い例と言えます。

エリオットの波動論では、中期第1波動が7月4日に終わり、その後短期の下げ第2波動に入っています。この下げの波動を踏んでから上昇となることも考えられます。今週は7月4日のザラバ高値15,710円を抜いてくれば、今後の上昇トレンドを確認できます。それと同時に、7月13、14日の日銀金融政策決定会合のゼロ金利政策解除の結果を意識しながらの相場展開が続くことになります。

果たして、チャーチストのテクニカル分析通り、エリオットの第2下降波動を待たずに上げに入るか?
それとも、もう一度下降波動を踏んでから反転上昇に入るか? 

難しい判断を迫られますが、 超短期投資分析表作成マニュアル をお使いの方は、市場の発するサインをそつなく拾えれば、面白い展開となってきそうです。

あなたはこの局面にどう挑みますか?
それともここは無難にだんまりを決め込みますか?


クリックをお願いします。

  FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 7/3-7 週の超短期投資分析シミュレーション 》

銘柄

今週の個別銘柄シュミレーションは先週からの継続分析です。
ごまかしの通用しない厳格なテクニカル分析!
分析指標では明確に。。。


■ 過去の他の銘柄の分析シミュレーションもご覧頂けます。
  上記銘柄の解説ページからアクセスできます。


この分析結果は 超短期投資分析表作成マニュアル を使っています。日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり示現し、初心者の方でも売買の最適タイミングが一目で分かります。


充実のサポートでご安心下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
スポンサーサイト
北朝鮮を口実にするも、相場の実情は?
7月5日の日経平均は114円程下げ、北朝鮮ミサイル問題を嫌気?
はたして株式相場の実情は?
今後のとるべき対処法は万全ですか? 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎週月曜日に、ご好評の「超短期投資分析表作成マニュアル」を使った「超短期投資分析シミュレーション結果」を更新中。前週の注目の銘柄を例題に、株価動向の解説と投資戦略についてレポートしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


以前から予想されていたものの、今回の北朝鮮のミサイル発射は、実際気持ちの良いものではありません。7月5日の日経平均は114円程下げ、一見、北朝鮮ミサイル問題を嫌気したかに見えます。

昨日の当ブログでも述べましたが、実は、エリオット第三波動が頂点にあり、テクニカル的に下げのポイントに来ていたところへミサイル問題が発生して下げる口実を与えたと見るべきです。

本日(6日)切り返して上げ、4日の高値を抜いてきた場合は、中期第二波動が始まったと見るのは時期尚早です。短期波動のエクステンションを疑ってみることも大事です。エクステンションとは、本来理論的には三波動で終わるべきところを、勢い余ってもう一波動形成してしまう現象です。エクステンションは大天井圏で示現することが多く、上昇途中ではあまり見られない現象ではありますが、何が起こるか解らないのが株の世界です。一応、気をつけるに越したことはありません。

一方、このまま素直に調整したほうが、今後の相場の持続のために良いということは間違いありません。そこで対応策ですが、上昇中の調整は二波動の下げで終わります。ですから、一回目の下げで反転したからといって買いに行くと、もう一度下げられ嫌な思いをしますが、そこを買っても、我慢できれば損することはありません。「超短期投資分析表作成マニュアル」をお使いの方は示現するシグナルの変化を観察し、冷静に対処しましょう。これが中期上昇波動を買う面白みですね。

特に短期で回す投資家の方は、中長期の視点で相場を観察できれば、怖いものなしです。


クリックをお願いします。

  FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 6/26-30 週の超短期投資分析シミュレーション 》

注目の銘柄

25日移動平均線を下回らずに押し目を作っている銘柄です。
出遅れ感があり、今後が楽しみです。


■ 過去の他の銘柄の分析シミュレーションもご覧頂けます。
  上記銘柄の解説ページからアクセスできます。


この分析結果は超短期投資分析表作成マニュアルを使っています。「分析表」に日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり現れます。株価が下落していても、分析指標が陽転すると株価は上昇トレンドに入って行きます。初心者の方でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。

充実のサポートでご安心下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
《 サイトマップ 》 株式新着トレンド情報局☆株カブネット
株価分析シミュレーション

■ これだけは!推奨記事

■ 株式投資ツール


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOPページ 》
株価シミュレーション分析結果《5/8-12 週 (2) 》
調整入りの銘柄で、再度買い転換の条件をご紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この分析結果は「超短期投資分析表作成マニュアル」の一部を改変して提示しております。本マニュアルは更に詳細な分析法を採用しておりますが、購入者利益保護のためご了承下さい。尚、投資は自己責任でお願い致します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 5/8-12 週 株価シミュレーション結果 》 

キッツ

■グラフはある計算式による「分析指標」をもとに作成されています。先行指標は「紺色」、一致指標は「黄色」、遅行指標は「ブルー」、超先行指標は「ピンク」のグラフです。■前回5月2日の分析では、今後の株価の動きで考えられる3つのパターンを挙げました。少しづつ上昇していき最後に大きく値を飛ばして一回目の波動が終了する場合、調整に入り数日エネルギーを貯めてから再騰する場合、あるいは下降する場合というものでした。■結果的には「大きく値を飛ばすパターン」でした。■グラフから分かるように、5月10日から調整に入っています。9日、出来高が前日の6倍以上で一気に117円高を演じましたので、どうしても一度調整しなければならない局面です。■これは大切なことなので、特にデイトレをされている方は気をつけて対処することを考えてみましょう。■今後、遅行指標(ブルー)のグラフが上昇波動入りして、先行指標と一致指標の両方が同時に陽転すれば、再度の買いシグナルとなります。■日々のデータを入力して、引き続き分析していきたいと思います。

5/8-12 週 銘柄1


クリックをお願いします。

FC2ブログランキング


超短期投資分析表作成マニュアル に日々のデータを入力すれば、陽転陰転がはっきり現れます。株価が下落していても、分析指標が陽転すると株価は上昇トレンドに入って行きます。初心者でも、売買の最適タイミングが一目でわかります。

充実のサポートでご安心下さい。
    ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

株式投資には戦略が欠かせません。ご自分の株式投資スタイルを確立されたい方にはこちらがオススメです。
    ▼▼▼▼▼
ゼロから始める稼ぐ株式投資家養成講座

キッチリ実践すれば!【なかなか失敗できない】楽々投資家成功法!超速マスターコース


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
他の銘柄の株価シミュレーション結果もお勧めです。
        ▼▼▼▼▼
超短期投資分析シミュレーション結果 《 目次 》

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
今年最大の下げ幅!その原因は?
昨日の東京市場は今年最大の下げ幅を記録しました。
メディアではもっともらしい原因を挙げていますが。。。?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご好評の「超短期投資分析表作成マニュアル」を使った「株価分析結果」を掲載中。注目銘柄をレポートします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キヘン@です。


東京株式市場は昨日今年最大の下げ幅を記録しました。一般的には原因として、昨日指摘しましたNY原油の急騰、円高、それに衆院千葉7区補選での自民惜敗等々であるとコメントされていますが、本当にそれらが原因でしょうか?

今回の値動きは、ライブドアショックから一貫して上昇波動をとってきた相場が、目先天井にさしかかったポイントで出てきた悪材料に反応したのであって、ちょうどこのタイミングを待っていたとも言えます。

チャートでは目先天井を示す日足のダブルトップ型となっており、立ち直りにはそれ相応の値幅調整と日柄調整が必要な型となっています。日経平均で25日移動平均線の17,086円を昨日あっさりと割り込んできました。さらに、前の波動の安値16,945円をも割り込んでいます。

できれば、短期はともかく中期の波動破りのチャートの形だけは避けたいところですが、とりあえず目先の警戒ライン75日移動平均線を下回る型は避けたいところです。



クリックをお願いします。

FC2ブログランキング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 先週の株価シミュレーション結果 》 4/17-21週

(1)目先の小幅下落も上昇波動サインが示現した銘柄です。
    「 銘柄1

(2)上昇波動を示現し、反転上昇シグナルに注目の銘柄です。
    「 銘柄2


この分析結果は超短期投資分析表作成マニュアルを使っています。「分析表」に日々のデータを入力すれば、陰転陽転がはっきり現れます。株価が下落していても、分析指標が陽転すると株価は上昇トレンドに入って行きます。初心者でも、売買の最適なタイミングが一目で分かります。

また、今回のような大幅安でも利益は確保できました。■このテクニック(ザラバ株価の入力分析)でこんな悪い相場でも、薄利とはいえ利益を確保できることは、資産形成する上でとても重要なことです。

充実のサポートでご安心ください。
     ▼▼▼▼▼
■ 超短期投資分析表作成マニュアル


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《 株式新着トレンド情報局☆株カブネット TOP へ 》
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。